出産は今も昔も女性にとってはもちろん、夫婦にとって、ひいては人類にとっても重要な出来事です。

そのため、妊婦さんは妊娠5ヶ月目にあたる戌の日に神社に安産祈願のお参りに行く風習があります。

でも、ちょうどその日に体調が思わしくなかったり、都合が悪かったりして行けないこともあります。

そんなときには安産祈願にいつ行けばいいのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

安産祈願 戌の日以外で良い日は?

「安産祈願は戌の日に」というのは犬は多産でお産が軽いため、それにならっているわけなんですけど、安産祈願を戌の日に行わなければならないという決まりはありません。

このことは、どの神社さんでも戌の日以外に安産のご祈祷をしてくれることからも分かります。

戌の日に行けなかったらいつがいいのか?ということになると、やはり縁起が良い日ということになりますね。

 

 

多くの人は縁起の良い日と言えば六曜のうちの大安を思い浮かべることでしょう。

でも、縁起の良い日って大安だけじゃないんですよ。

あまり聞いたことがないかもしれませんが、次の日も縁起が良いとされています。

  • 天赦日(てんしゃにち・てんしゃび)
  • 一粒万倍日(いちりゅうまんばいにち)
  • 大明日(だいみょうにち)
  • 天恩日(てんおんにち)
  • 母倉日(ぼそうにち)
  • 鬼宿日(きしゅくび)
  • 寅の日

(縁起の良い日についてはこちらを参考に→2019年の縁起の良い日は?六曜や天赦日、一粒万倍日などをチェック

中でも一番良い日なのは天赦日で、萬(よろず)の神が天に昇り、天が万物の罪をすべて赦すという日で、何をするにしても最も運勢が良い日とされていて、一年に数回しか訪れません。

一粒万倍日は、一粒のお米が一万倍もの稲穂に育つという意味で、この日もたいへんに縁起の良い日です。

戌の日に安産祈願に行けなかったら、このような日を選ぶといいですね。

 

逆に縁起が悪い日というのもあります。

  • 受死日(じゅしにち・じゅしび)
  • 十死日(じゅうしにち)
  • 不成就日(ふじょうじゅび)

上から縁起の悪い順になっていますが、最初の二つなんかは「死」という文字が使われていて、安産祈願をするにはちょっと・・・って感じですね。

 

どういうわけか天赦日と不成就日が同じ日になったりして、縁起が良い日と縁起が悪い日が重なることもあります。

こんな日はせっかくの運気がそがれてしまいますので、やはり運勢はあまり良くない日と思ったほうがいいですね。

 

日の吉兆を占う大安や仏滅などの六曜は神道とは関係ないし、天赦日や一粒万倍日などは今はほどんどすたれているから気にしなくていいという人もいますが、日本人の多くは神様も仏様も信じています。

お寺に安産祈願に行く人もいます。

気持ちの問題なので、やはり安産祈願のような大切な日は縁起が良い日を選びたいですね。

 

Sponsored Link

 

安産祈願では何をする?

初めて妊娠した女性のなかには、安産祈願と言っても何をしたらいいのか不安に思う方もみえるでしょう。

特に周りに古いしきたりのことを尋ねる人がいない場合はそうでしょう。

安産祈願は日本古来の行事なんですが、堅苦しい決まりはありませんのでリラックスした気分でお参りに行きましょう。

 

社務所で受付をする

 

 

 

神社に行ったら鳥居の前で軽く一礼してから境内に入ります。

このとき、道の真中を通ってはいけません。

そこは神様が通られるところですからね。

神社には社務所がありますから、そこで安産祈願のご祈祷の受付をすませます。

(安産祈願で知られた神社は、事前予約が必要な傾向にありますので事前に調べておいたほうが安心できます。)

あとは巫女さんや神官さんの指示に従って拝殿でお祓いのご祈祷を受けます。

(お寺の場合は寺務所、または宗務所で受付を行います。)

 

初穂料を忘れずに

 

 

受付をするときに初穂料を渡します。

紅白の蝶結びの水引きがついたのし袋の上段に「初穂料」または「御初穂料」と書き、下段には家長の氏名を書いて紙幣を表から見て人物が上になるようにして入れます。

裏には金額を「金壱萬圓」のように、漢数字で書きます。

中袋を使うときには表に金額を書き、裏には家長の住所と氏名を書きます。

 

安産祈願の初穂料の相場は?

安産祈願の初穂料の相場は5千円から一万円です。

しかし、神社によっては一定の金額を決めているところもありますので、前もって確認しておいたほうが安心です。

 

 

腹帯はどうする?

安産祈願はもともと妊娠5ヶ月に入った戌の日に、腹帯を巻いて赤ちゃんの無事な成長と妊婦さんの安産を願う儀式であり、帯祝いと言われていて神社でお祓いを受けたあと身内だけで祝宴を開くのが普通です。

この腹帯は岩のように頑丈な赤ちゃんが生まれますようにという願いを込めて、「岩田帯」と呼ばれています。

昔は岩田帯を巻いて神社に行くこともありましたが、最近では当日に購入する人が多くなっていて、神社によっては腹帯を用意しているところもあります。

 

腹帯を巻くことについては、お腹が冷えないからいいとか、腹部を締め付けるのはよくないとか賛否両論があります。

腹帯を巻くかどうかについては妊婦さんの体調もいろんなケースが考えられますので、現在かかっている産科医に相談してみるのがいいでしょう。

 

 

安産祈願には誰と行く?

安全祈願で神社に参拝に行くのはお母さんや旦那さんなど誰と行ってもよく、もちろん一人で行ってもかまいません。

体調が悪くなったときのことを考慮して、何でも話せるお母さんと一緒に行く妊婦さんが多いです。

ただ、拝殿に上がれるのは妊婦さん本人または代理の人だけと決められている神社もあります。

特に込み合う戌の日はそうです。

一人で心細いかもしれませんが、静かにお祓いを受けるだけですので、心配をすることはありませんよ。

 

安産祈願で有名な寺社

安産祈願で有名な主な寺社を都道府県別にご紹介しますので、参考にしてみて下さい。

  • 北海道:北海道神宮(札幌市)/札幌諏訪神社(札幌市)
  • 青森県:廣田神社(青森市)/弘前八幡宮(弘前市)
  • 岩手県:盛岡八幡宮(盛岡市)/御岳神明社(一関市)
  • 宮城県:宮城縣護國神社(仙台市)/早馬神社(気仙沼市)
  • 秋田県:日吉神社(秋田市)/彌高神社(秋田市)
  • 山形県:里の宮 湯殿山神社(山形市)/荘内神社(鶴岡市)
  • 福島県:福島県護国神社(福島市)/住吉神社(いわき市)
  • 茨城県:六地蔵寺(水戸市)/千勝神社(つくば市)
  • 栃木県:宇都宮二荒山神社(宇都宮市)/太平山神社(栃木市)
  • 埼玉県:大宮氷川神社(さいたま市)/川越八幡宮(川越市)
  • 千葉県:千葉神社(千葉市)/松戸神社(松戸市)
  • 東京都:水天宮(中央区)/大國魂神社(府中市)/日枝神社(千代田区)/子安神社(八王子市)
  • 神奈川県:伊勢山皇大神宮(横浜市)/相州春日神社(横浜市)/川崎大師平間寺(川崎市)/鶴岡八幡宮(鎌倉市)
  • 新潟県:新潟縣護国神社(新潟市)/金峯神社(長岡市)
  • 富山県:総持寺(高岡市)/越中一宮高瀬神社(南砺市)
  • 石川県:石川護国神社(金沢市)/安宅住吉神社(小松市)
  • 福井県:福井県護国神社(福井市)/子安観音 正高寺(越前市)
  • 山梨県:穂積神社(甲府市)/新倉 富士浅間神社(富士吉田市)
  • 長野県:善光寺(長野市)/諏訪大社(諏訪市)/天神 深志神社(松本市)
  • 岐阜県:伊奈波神社(岐阜市)/子安神社(大垣市)
  • 静岡県:静岡浅間神社(静岡市)/諏訪神社(浜松市)
  • 愛知県:熱田神宮(名古屋市)/万松寺(名古屋市)/岡崎天満宮(岡崎市)
  • 三重県:伊勢神宮内宮(伊勢市)/諏訪神社(四日市市)
  • 滋賀県:近江神宮(大津市)/賀茂神社(近江八幡市)
  • 京都府:伏見稲荷大社(京都市)/わら天神(京都市)/出雲大社 京都分院(亀岡市)
  • 大阪府:住吉大社(大阪市)/方違神社(堺市)/大津神社(大津市)/常光円満寺(吹田市)
  • 兵庫県:生田神社(神戸市)/柿本神社(明石市)/生島神社(尼崎市)
  • 奈良県:春日大社(奈良市)/子安山 帯解寺(奈良市)/浄願寺(葛城市)
  • 和歌山県:日前神宮 國懸神宮(和歌山市)/熊野本宮大社(田辺市)
  • 岡山県:吉備津神社(岡山市)/由香神社本宮(倉敷市)
  • 広島県:広島護国神社(広島市)/亀山神社(呉市)
  • 鳥取県:白兎神社(鳥取市)/勝田神社(米子市)
  • 島根県:八重垣神社(松江市)/安子神社(出雲市)
  • 山口県:今八神社(山口市)/白崎八幡宮(岩国市)
  • 徳島県:日照山 極楽寺(鳴門市)/立江寺(小松島市)
  • 香川県:ちきり神社(高松市)/金倉寺(善通寺市)
  • 愛媛県:伊豫豆比古命神社(松山市)/大福寺(四国中央市)
  • 高知県:善楽寺(高知市)/新宮神社(南国市)
  • 福岡県:住吉神社(福岡市)/太宰府天満宮(太宰府市)
  • 佐賀県:男女神社(佐賀市)/武雄神社(武雄市)
  • 長崎県:八坂神社(長崎市)/諫早神社(諫早市)
  • 熊本県:熊本城稲荷神社(熊本市)/粟島神社(宇土市)
  • 大分県:高城山 子安観音(大分市)/宗園院(別府市)
  • 宮崎県:青島神社(宮崎市)/都農神社(児湯郡)
  • 鹿児島県:鹿児島縣護国神社(鹿児島市)/揖宿神社(指宿市)
  • 沖縄県:波上宮(那覇市)/普天間宮(宜野湾市)

 

終わりに

妊娠、特にそれが最初の妊娠なら、聞くことやすることが初めてのことばかりで戸惑ってしまうかもしれません。

安産祈願もそのひとつでしょう。

大切なのはお母さんの健康と、赤ちゃんの健やかな成長です。

堅苦しい決まりは特にありませんので、楽な気持ちで出かけましょう。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。