私はもう40年以上も胃下垂と付き合っています。

知り合いに私が胃下垂であるということを話すと「太らなくていいね」なんて羨ましがられるんですけど、実際はそんなに単純な話ではないんですよ。

ここでは、自分は胃下垂なんじゃないかと思っている人のために、胃下垂の症状や気をつけなければならないことなどを私の経験からご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

胃下垂の症状

私が胃下垂だと分かったのは高校時代で、ご飯があまり食べられずよく下痢もしていたので病院で胃の透視(バリウム検査)をしたら胃が骨盤の位置よりもだいぶ下がっていました。

その頃からずいぶん長いこと胃下垂と付き合っているんですけど、若い頃と年をとってからでは出てくる症状も違ってきました。

「こりゃぁ胃下垂が原因じゃないのかな」と私が感じた症状をチェックして挙げてみますね。

  • 痩せている
  • 食欲不振
  • 下痢(若い頃)
  • 便秘(中年以降)
  • 腹部膨満感
  • 胸焼け

順番に見ていきましょう。

痩せている

私は子供の頃から痩せていました。

小さい頃の身長や体重は覚えていませんが、高校生のときは身長が178cmで体重は55kgでした。

BMIを計算すると17.36ですね。

体型と胃下垂の関係はまだ完全に分かっていないらしいんですけど、私の経験では胃下垂になったからやせたのではなくて、やせていたから胃下垂になったんじゃないかと思います。

痩せていて胃を支える筋肉や脂肪が少ないことが胃下垂につながるとも言われています。

また体型がひょろっと痩せ型の場合には、胃もその体型に合わせるように縦に長く伸びるのだとも考えられています。

痩せていれば横に大きな胃が必要なことはありませんし、ひょろっとして胴が長ければ食道が伸びるか胃が伸びるかしかないですからね。

 

食欲不振

高校生の頃は本当に食欲がなかったですね。

お弁当もおかずは何とか食べられるものの、ご飯がほとんど食べられなかったので私のお弁当はおかずだけのお弁当でした。

 

 

胃下垂になって胃の機能が低下して消化不良になり、食べたものが胃の中に長く停滞していたからなんです。

夜は昼よりも少しは多く食べられましたが、それでもご飯は小さい茶碗に軽く一杯しか食べられませんでした。

今ではそんなことはないものの、そのせいかしばらくはご飯はあまり好きではありませんでした。

 

下痢

これも若い頃のことなんですけど、ちょっと冷たい水を飲んだだけですぐに下痢になってしまい、授業中に「先生、トイレに行ってもいいですか」と何度も授業を抜け出してました。

クラスメートのなかには私が胃腸の専門病院に通っていることを知っている人もいて、「何か重大な病気かも」と思っていた人もいました。

胃下垂になって胃の機能が低下すると、冷たいものに過敏になって下痢になる人も多いそうです。

だから若い頃はコーラやジュースをあまり飲むことができませんでした。

 

 

 

便秘

ここからは私が中年と言われる年齢になってからの症状です。

下痢しやすい体質は6~7年続いたでしょうか。

その後は下痢体質ともおさらばできて安心していたんですけど、中年になったら今度は下痢とは逆の便秘に悩まされることになりました。

 

 

水溶性食物繊維の多い食べ物を摂ったり、水分を多く摂ったりしても便秘解消とまではいきませんでした。

胃下垂になって下がった胃が腸を圧迫して蠕動(ぜんどう)運動を妨げ、便秘になることもよくあるそうです。

私もそのパターンなのかもしれませんね。

今は便秘解消のためにアロエのサプリメントを飲んでいます。

 

腹部膨満感

食事の時、食べ過ぎというほど食べていないのに下っ腹がパンと張るのが感じられます。

いわゆる「下腹ぽっこり」になってしまって、食べたいのに入っていかない、そんな感じになります。

もともと腸があるところに胃がお邪魔しちゃってるわけですから、下腹のスペースに余裕がなくて食べた分だけ前に張り出すんでしょうね。

私には食べ放題やバイキングなんかはあまりお得じゃないんです。

 

胸焼け

ごくたまにですが、食後しばらくすると胸焼けがすることがあります。

毎年受ける健康診断で胃カメラを飲んでいますが、その所見で逆流性食道炎と診断されています。

胃下垂になると胃の機能が低下し、食べたものが長いこと胃にとどまり、そうなると胃散がどんどん出て、多くなった胃散が逆流して食道が炎症を起こすのだそうです。

また、便秘になると胃が圧迫されて胃散が逆流することもあるそうです。

私の場合はそんなに頻繁に起こるわけではないですし、お医者さんも何も言わないので放ったらかしで、症状が出ても胃散を飲めば落ち着きます。

 

そのほかにも食後に吐き気がしたり、ゲップがよく出るなんて人もいるようですなんですけど、幸いなことに私にはありません。

今後出てくるのかなぁ?

 

Sponsored Link

 

胃下垂は治るのか?

胃下垂を治すのは相当に難しいと思います。

胃下垂になる原因は腹筋が弱いことや、胃を圧迫するような悪い姿勢(猫背)だそうです。

それならと、シットアップベンチを購入して腹筋トレーニングに励んだり、猫背矯正ベルトを着用したりしていますが、効果はみられません。

腹筋を含む筋トレはもう3年くらいしていますし、猫背矯正ベルトの着用期間はそれより少し短いくらいです。

また、なるべく胸を張るよう姿勢に気を配った生活もしていますが、それでも胃下垂はあまり改善されません。

だいたい一度伸びてしまった消化管が元に戻るのでしょうか。

手術で胃を釣り上げる方法もあるんですけど、そこまでする必要性は感じません。

 

胃下垂は病気ではないですし、どうやらずっと付き合っていくしかなさそうです。

 

終わりに

胃下垂になったことの一番の悩みは下腹ポッコリです。

男性は中年になってくると、みぞおちあたりからおへその下くらいにかけて出てくるんですけど、私の場合には下腹なんです。

 

 

上の写真は恥ずかしながら私のものなんです。

腹筋の筋トレでどれだけ下腹がへこむかをみるためのビフォーの写真なんですけど、下腹が出てますよね。(へこまなかったのでアフターはありません。)

それに、お尻もその反動でピョコンと後ろに出てしまっています。

みぞおちからお腹が出る中年太りは恰幅がいいとも受け取れますが、下腹ポッコリは格好悪いですよ。

「太らなくていいね」なんて言われますが、私としては「もっと太って筋肉をつけたい」と思いますし、胃下垂でも油断すると太るんです。ウェストあたりが。

胃下垂持ちは悩みが多いんですよ。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。