高崎まつりはお祭りとしては珍しく神道の信仰に基づくものではなく、市民が主体となったお祭りです。

そして、北関東では一番ではないかと言われている花火大会が高崎まつりの一環として行われる高崎まつり大花火大会です。

今回は、高崎まつり大花火大会2018の開催情報や駐車場情報、有料観覧席や鑑賞の穴場などの情報をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

高崎まつり大花火大会2018 開催情報

 

開催日:2018年8月4日(土)雨天、荒天の場合は5日(日)に延期

打上時間:19:40~20:30(予定)

打上場所:烏川にかかる和田橋上流河川敷

打上数:約1万5千発

来場者:約70万人(主催者発表)

問合せ先:高崎市役所 商工観光部 観光課

電話:027-321-1257

 

 

高崎まつり大花火大会の駐車場

高崎まつり大花火大会ではわずかですが無料駐車場が用意されます。

聖石橋(ひじりいしばし)球場駐車場 12:00~20:00 約100台が2ヶ所

 

片岡小学校 15:00~20:00 約70台

 

乗附(のつけ)小学校 15:00~20:00 約70台

 

無料駐車場は収容台数が少ないため、開場と同時にほぼ満車状態になってしまいって利用するのはかなり難しくなりますので、公共交通機関を利用したほうがいいでしょう。

「どうしても車で」という場合には、駐車場が多い高崎駅周辺で駐車場を探して徒歩で打上げ場所へ向かうという方法もあります。

高崎駅周辺から和田橋までは歩いて20分ほどかかります。

(高崎駅東口周辺の駐車場はコチラ

(高崎駅西口周辺の駐車場はコチラ

また、花火大会には多くの方が車で行かれますので、花火終了後はいっせいに車の移動が始まり、道路が大渋滞になります。

車で行かれる方は帰りの時間に十分な余裕を持って出かけましょう。

 

Sponsored Link

 

高崎まつり大花火大会の有料観覧席

高崎まつり大花火大会では4,200席(前売り4,000席 当日販売200席)分の有料観覧席が用意されます。

インターネット・電話・店舗での事前販売

料金:一般 2,000円 高校生以下 1,000円(チケット購入者同伴の未就学児は無料)

販売数:2,000席(先着順)

購入方法

  • チケットぴあ Pコード:639-015 (パソコンまたはスマートフォンでの購入はコチラ
  • 電話:0570-02-9999(チケットぴあ)
  • 店舗での購入:JTB高崎店・セブンイレブン

 

往復はがきでの事前販売

料金:一般 2,000円 高校生以下 1,000円(チケット購入者同伴の未就学児は無料)

販売数:2,000席(定員を超えた場合は抽選)

申込み方法:往復はがきに代表者の住所・氏名・電話番号・返信先・希望人数(10人以下)を記入して申し込み

申込み先:〒370-8501 群馬県高崎市高松町35-1 高崎市役所観光課

申込み期限:7月7日(金)必着

 

事前販売の有料観覧席は数があまり多くないので、早めに申込みましょう。

 

当日販売

料金:一般 2,000円 高校生以下 1,000円(チケット購入者同伴の未就学児は無料)

販売数:200席(1人5枚まで 売り切れ次第終了)

販売場所

  • JTB高崎店:群馬県高崎市あら町233番地 ドルチェヴィータ高崎1F
  • 和田橋下(有料観覧席受付場所)

発売開始時間:JTB高崎店は午前10時 和田橋下は午後4時

午後4時前に完売した場合、和田橋下での販売はありません

 

高崎まつり大花火大会の無料観覧場所

高崎まつり大花火大会では有料観覧席だけでなく、公営の施設などが無料観覧場所として5ヶ所開放されます。

場所取りは午前8時からとなっていて、それ以前に敷かれたシート等は撤去されます。

(出典:https://www.takasaki-matsuri.jp/43/oohanabi_taikai/)

 

A会場 乗附野球場・烏川右岸堤防
  • 乗附野球場 約7,200人
  • 烏川右岸堤防 約2,300人
B会場 烏川緑地・高松エリア
  • 約5,000人
  • 入場制限あり(午前8時に配布されるリストバンドが入場証 一度に5枚までの配布)
C会場 和田橋運動広場
  • 約27,000人
D会場 (烏川かわなか緑の広場(旧高崎カントリークラブ))
  • 約10,000人
  • 障害者観覧場所として車両150台分のスペースを用意
E会場 創価学会高崎平和会館駐車場
  • 約1,000人
烏川2号緑地石原エリア
  • 約5,500人

 

 

高崎まつり大花火大会の交通規制

高崎まつり大花火大会の当日は高崎市内で交通規制が敷かれます。

  • 8月4日(土)13:00~22:00(駅前通りは13:00~16:30)

高崎まつりは翌日も行われ、神輿渡御などがありますので交通規制が敷かれます。

  • 8月5日(日)13:00~16:30(駅前通りは13:00~16:30)

(高崎まつりの交通規制はコチラ 昨年と少し違いますので注意して下さい。)

 

 

高崎まつり大花火大会へのアクセス

高崎まつり大花火大会へのアクセスは、電車か車を利用することになりますが、どちらを利用しても会場周辺は大変な混雑が予想されますので、時間的に十分な余裕を持って行くようにしましょう。

電車を利用する場合

JR高崎駅より徒歩約20分(混雑がないとき)

帰りも駅構内は混雑しますので、着いたら帰りの切符も購入しておきましょう。

 

車を利用する場合

関越自動車道・高崎ICより聖石橋球場(無料駐車場)まで車で約17分(混雑がないとき)

 

花火鑑賞の穴場

高崎まつり大花火大会では無料の観覧場所が用意されますが、少し遅く行くといっぱいで入れない入れない可能性もあります。

そんなときのために、花火鑑賞の穴場を二つご紹介します。

 

高崎公園

桜の名所としても知られている高崎公園は、JR高崎駅より徒歩15分のところにあり、打上げ場所にも近く駐車場(有料)もあるので便利です。

 

城南野球場

打上げ場所からは700mほど離れていますが、人混みもそれほどではないので小さくてもゆっくり花火を見たい人にはちょうどいい穴場です。

JR高崎駅からは徒歩で16分ほどです。

 

終りに

高崎まつり大花火大会は高崎まつりで一番人気のイベントです。

通常、お祭りの花火大会はラストを締めくくるイベントとして最終日に行わることが多いんですけど、高崎まつりでは初日に開催されます。

花火大会を楽しんだあと、翌日もお祭りがあるというのは楽しみが続いていいですね。

余裕があれば次の日も高崎まつりを楽しんではいかがでしょうか。

 

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました。