伊勢神宮花火大会は日本全国の花火師たちが腕を競って作った花火を競う競技花火大会のうちの一つです。

神聖な場所で花火なんか打ち合げてもいいの?って思ってしまいますが、花火を打ち上げるのは伊勢神宮の境内ではなく、一年間の安全を祈願して伊勢神宮に奉納するというもので、正式な名称も伊勢神宮奉納全国花火大会になっています。

ここでは伊勢神宮花火大会2018の開催情報、駐車場やアクセス方法、観覧場所の穴場、チケットの情報などをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

伊勢神宮花火大会2018開催情報

 

  • 開催日:2018年7月14日(土 荒天・増水等の場合は9月8日または9日に延期)
  • 打上げ時間:19:15~21:00
  • 打上げ数:約1万発
  • 打上げ場所:宮川にかかる度会橋上流
  • 問合せ先:伊勢市観光振興課
  • 電話:0596-21-5566

 

 

伊勢神宮花火大会の駐車場

伊勢神宮花火大会では有料の臨時駐車場が6ヶ所用意されます。

  • 料金:1回1,000円(再入場不可)
  • 開場:午後3時(開場前の待機不可)
河川敷駐車場
  • 駐車台数:約450台
  • 駐車場所:南部自動車学校の下の河川敷
  • 駐車場から会場まで徒歩約20分

 

城田中学校グランド
  • 駐車台数:約230台
  • 駐車場から会場まで約20分

 

早修小学校グランド
  • 駐車台数:約160台
  • 駐車場から会場まで徒歩約20分

 

中島小学校グランド
  • 駐車台数:約160台
  • 駐車場から会場まで徒歩約15分

 

太平洋セメント駐車場
  • 駐車台数:約100台
  • 住所:伊勢市小俣町宮前1
  • 駐車場から会場まで徒歩約15分

 

宮前公園駐車場
  • 駐車台数:約50台
  • 駐車場から会場まで徒歩約20分

 

 

伊勢神宮花火大会の会場は伊勢神宮の外宮に近いところなので、外宮の駐車場を利用しようと思う方もいるかもしれませんが、外宮の駐車場は使えません。

なぜなら、花火の打ち上げ時間には外宮の駐車場は閉まってしまうからです。

打ち上げ会場近くの度会橋の周辺には有料駐車場がいくつかあります。

また、打ち上げ会場へのアクセスで近いのはJR山田上口駅なので、隣の伊勢市駅周辺の駐車場を利用して電車で山田上口駅に向かうという方法もあります。

(度会橋周辺の駐車場はコチラ

 

Sponsored Link

 

伊勢神宮花火 観覧場所の穴場

宮川堤

「一目千本」という桜並木で知られた宮川の堤で、穴場というより定番の観覧場所です。

堤防道路と周辺道路の一部は午後5時から通行止めになります。

自宅の空き地を花火大会のときだけ有料駐車場として開放する付近の民家もあるんですけど、午後5時までに入らないといけません。

知られている場所だけに、花火の打ち上げ開始数時間前には着くようにしましょう。

公共交通機関を利用したアクセス

  • 三交(三重交通)バス「山田上口」バス停より「注連指行」に乗車、「度会橋」バス停で下車、徒歩すぐ

 

離宮院公園

花火の打ち上げ場所からは2キロほど離れていますが、アクセスがいいのでおすすめです。

園内にはシダレザクラやソメイヨシノなど様々な樹木が植えられていますので、花火を鑑賞するなら南側からになります。

公共交通機関を利用したアクセス

  • JR参宮線・宮川駅から徒歩約5分

 

伊勢三郷山

「森林浴の森100選」にも選ばれている森林公園で、花火の打ち上げ場所から1キロも離れていませんので迫力ある花火が楽しめます。

駐車場も15台分ほどあるんですけど、そこからは上り道です。

上がっていく途中に打ち上げ場所が一望できるスポットがあります。

足腰の鍛錬と森林浴がてら行くにはぴったりです。

公共交通機関を利用したアクセス

  • JR参宮線・山田上口駅より徒歩約7分、浦口町バス停より三交バス「大倉うぐいす台」行きに乗車、「大倉うぐいす台」バス停より徒歩約5分

 

(※度会橋は交通規制がかからないので、度会橋から花火を鑑賞することはできません。また、歩行者の横断はできません。)

 

伊勢神宮花火大会 有料観覧チケット

有料チケットの種類

迫力ある花火を見たいならやはり有料席での観覧が一番です。

伊勢神宮花火大会では6種類の有料観覧チケットが販売されています。

 

  • A席(右岸・個人自由席 1人/2,000円)
  • B席(右岸・6人用指定席 1マス/15,000円)
  • C席(左岸・6人用指定席 1マス/15,000円)
  • E席(左岸・4人用指定席 1マス/10,000円)
  • P席(右岸・2人用指定席 1マス/8,000円)
  • G席(左岸・個人自由席 1人/2,000円)

 

個人自由席は有料といっても席が決められていませんので、前のほうで見たいなら早めに席を確保しましょう。

(有料観覧席の会場区割地図はコチラ

 

有料チケット購入先

伊勢市観光振興課・花火大会委員会事務局窓口
  • 現金のみの販売
  • 住所:伊勢市御薗町長屋1221 御薗総合支所1階
  • 問合せ先電話番号:0596-21-5566

 

チケットぴあ
  • 取扱店 チケットぴあ サークルKサンクス セブンイレブン
  • Pコード:638-810
  • 詳細はコチラ

 

ローチケ(ローソンチケット)
  • 取扱店 ローソン ミニストップ
  • 詳細はコチラ

 

イープラス
  • 取扱店 ファミリーマート
  • 詳細はコチラ

 

セブンチケット
  • 取扱店 セブンイレブン
  • 詳細はコチラ

 

伊勢神宮奉納全国花火大会 大会委員会チケット販売特設ページ
  • 取扱店 チケットぴあ(ぴあの会員登録は不要)
  • 詳細はコチラ

 

(※花火大会が延期になった場合には、7月30日・午後5時までにチケットを購入あるいは発券したところで払い戻ししてもらえます。)

 

終りに

伊勢神宮花火大会は日本三大競技花火大会の一つで、他の二つ(大曲全国花火競技大会と土浦全国花火競技大会)よりも早い時期に開催されます。

そのため、その年の新作花火をいち早く見ることができます。

さらに、今年はインターハイが伊勢市で4競技行われることを記念して、応援のためのスターマインも打ち上げられます。

昼は神聖なお伊勢さんにお参りして、夜は花火大会を楽しむなんてものはどうでしょう?

伊勢神宮は外宮に先にお参りしなければいけないのが難点ですけどね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。