夏の風物詩のひとつである花火大会。

その花火大会のなかでも打上数ベスト5にランクインされる隅田川花火大会が今年も開催されます。

今回は41回目を迎える隅田川花火大会の日程や打上場所の開催情報、穴場の見物場所などをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

隅田川花火大会2018 開催情報

隅田川花火大会は毎年7月の最終土曜日に開催され、二つの打上げ会場で約2万発の花火が打上げられます。

 

開催日:2018年7月28日(土 荒天などの場合は順延)

打上場所

  • 第一会場:桜橋下流~言問橋上流
  • 第二会場:駒形橋下流~厩橋(うまやばし)上流

打上開始時間

  • 第一会場:19:00
  • 第二会場:19:30

打上数

  • 第一会場:約9.350発(コンクール玉200発含む)
  • 第二会場:約10,650発

問合せ先:隅田川花火大会実行委員会

電話:03-5608-1111(代)

 

 

 

花火打上げ会場へのアクセス

隅田川花火大会では臨時の駐車場、駐輪場は用意されません。

花火大会の日は打上げ開始の1時間も前から周辺道路が通行禁止になり(首都高速も)、交通規制区域外の迂回路の道路も大変な渋滞が発生します。

なので。花火大会の打上げ会場に行くには公共交通機関を利用するのがベストです。

どうしても車でという場合には、交通規制区域外の駐車場を利用して、そこから公共交通機関で行く方法もありますが、早い時間から満車になってしまいますのでそのつもりで出かけましょう。

 

第一会場

最寄り駅

  • 都営地下鉄・東京メトロ・東武鉄道 浅草駅 (徒歩約10分)
  • 東京メトロ・東武鉄道・京成電鉄 押上駅 (徒歩約15分)
  • 東武鉄道 曳舟駅 東京スカイツリー駅 (徒歩約15分)

最寄り駅から第一会場まではめちゃめちゃ混雑し、タイミングがズレれば花火の打上げが始まってもすっと歩いている、なんてことにもなりかねません。

それを避けるために、歩く時間が30分ほどかかりますが、南千住駅を利用するという方法もあります。

 

第二会場

最寄り駅

  • 都営地下鉄 蔵前駅 (徒歩約5分)
  • 都営地下鉄・東京メトロ・東武鉄道 浅草駅 (徒歩約5分)
  • JR・都営地下鉄 浅草橋駅 両国駅 (徒歩約20分)

こちらも打上数が多いとあって蔵前駅や浅草駅から打上げ会場までの道は大混雑します。

浅草橋駅か両国駅、または第一会場の最寄り駅である押上駅を利用するほうが混雑は少ないでしょう。(押上駅からは徒歩約22分。)

 

Sponsored Link

 

隅田川花火大会 穴場の見物場所は?

隅田川花火大会では、協賛席といってお金を払って打上げ会場のすぐ近くで見られる場所もあるんですけど、この値段が結構高くて、しかも抽選制なので必ず席が確保できるとは限りません。

そこで、ここでは花火鑑賞の穴場をご紹介します。

汐入公園

打上げ会場からは少し離れますが、その分混雑も少なく花火がよく見える穴場スポットです。

お子さんやお年寄りの方と行かれるときにはいいところです。

また、有料の駐車場もあるので車で行くときは便利です。

 

駐車場料金

  • 1時間まで200円 以降30分毎に100円

収容可能台数

  • 南駐車場:43台(うち身障者用2台)
  • 北駐車場:27台(うち身障者用2台)

営業時間

  • 24時間営業

 

最寄り駅:JR常磐線・つくばエクスプレス・東京メトロ「南千住駅」より徒歩約15分。

 

水戸街道(国道6号線)

花火大会当日の午後6時から交通規制区域になり、明治通りから南は車が入って来られなって歩行者専用道路となって場所取りができるようになります。

向島5丁目のファミリーマート付近が目印になります。

 

最寄り駅:東武鉄道スカイツリーライン 「曳舟駅」より徒歩約10分。

 

桜橋中学校周辺

隅田川にかかる桜橋のすぐ近くにあり、比較的場所取りがしやすいスポットで、第一会場、第二会場の両方の花火が見られます。。

 

最寄り駅:東武鉄道スカイツリーライン 「曳舟駅」より徒歩約20分。

 

両国駅のホーム

両国駅のホームからも花火がよく見えます。

そこまでしっかり見なくてもいいという人にはおすすめです。

帰りもすぐですからね。

 

銅像堀公園周辺

花火大会のときは銅像堀公園への立ち入りはできませんので、隅田川沿いの遊歩道から見ることになります。

打上げ会場から少し離れているため迫力ある花火鑑賞はできませんが、高架下はわりと空いている鑑賞場所です。

 

 

最寄り駅:東武鉄道スカイツリーライン 「曳舟駅」より徒歩約10分。

 

浅草寺

浅草寺からも花火は見えますが、建物や樹木があるためにどこからでも見えるというわけではありません。

午後5時ころには浅草寺駅付近は花火見物に向かう人でいっぱいですが、それに比べれば浅草寺の境内の混雑はそれほどでもありません。

なので、どこからが見られるのか事前に分かっているなら、早めに場所取りをするのもいいでしょう。

ただ、観光名所の浅草寺です。

ライトアップされた浅草寺を見に来た人がそのまま花火を見て帰るということもあります。

あまりに過大な期待をしすぎないようにしましょう。

 

 

最寄り駅:東武鉄道スカイツリーライン・東京メトロ・つくばエクスプレス・都営地下鉄「浅草駅」から徒歩約10分。

 

終わりに

東京二大花火大会のひとつに数えられている隅田川花火大会は、毎年100万人近くの人が訪れる人気の花火大会です。

鑑賞の穴場と言っても、「打上場所近くに比べたら」という但し書きがつきます。

少しでもいいところで見られるよう、なるべく早く出かけるようにしましょう。

夕方になってもまだまだ暑いので、熱中症対策を忘れずに。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。