北海道民謡の「ソーラン節」発祥の地である余市町で、ソーラン節の継承と町の振興を目的として行われるのが北海ソーラン祭りです。

今年は第50回目という節目の年ということもあり、例年は2日間の開催なのですが今年は前夜祭も開催されます。

今回は、北海ソーラン祭り2018の開催情報、花火大会や駐車場の情報などをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

北海ソーラン祭り2018開催情報

 

開催日

  • 前夜祭:2018年7月6日(金)
  • 本祭:7月7日(土)~8日(日)

開催場所:JR余市駅横特設会場ほか

問合せ先:北海ソーラン祭り実行委員会

電話:0135-21-2125

 

 

駐車場は?

近隣に無料の臨時駐車場が用意されます。

現在のところ詳細は分かっていませんが、判明しましたらここでご紹介します。

(余市駅周辺の駐車場はコチラ

 

車でのアクセス

札樽自動車道・小樽ICより国道5号線、県道228号線を経由して約40分で到着。

 

北海ソーラン祭り花火大会

 

花火打上げ日:2018年7月8日(日)(雨天決行・荒天の場合は中止)

打上げ時間:20:00~21:00

打上場所:余市港内

打上数:約4000発

問合せ先:余市商工会議所

電話:0135-23-2116

 

(引用:https://sp.jorudan.co.jp/hanabi/spot_87088.html)

 

駐車場は?

花火大会のときも近隣に無料の臨時駐車場が用意されます。

ただ、あまり収容台数は多くありませんので、混雑具合によっては駐車できないなんてこともあります。

こちらも詳細が分かりましたら、ここでご紹介します。

 

花火大会会場へのアクセス

バスでのアクセス

花火大会の会場は北海ソーラン祭りの会場と少し離れています。

なので北海ソーラン祭りを見てから花火会場まで行こうとするなら、アクセス方法を考えなければなりません。

簡単なのは北海道中央バスを利用する方法です。

  • 余市駅前から北海道中央バス・積丹線の古平・美国方面行きにに乗車
  • 富沢町8丁目で下車・徒歩約7分

北海道中央バス・積丹線はあまり本数が多くないので注意が必要です。

 

車でのアクセス(余市駅から)

国道228号線から国道229号線(雷電国道)、県道378号線を経由して約10分で到着。

 

Sponsored Link

 

ソーラン踊りオンパレード

ソーラン踊りオンパレードは北海ソーラン祭りのメインイベントです。

事前に申し込みをした個人や団体の人たちが、ソーラン踊りを踊りながら国道5号線をパレードします。

昨年の参加者は450人でした。

観光客の方もソーラン踊り体験コーナーで振り付けを覚えて当日参加することができます。

そんなに難しい振り付けでもないので、誰でもすぐに踊れるようになりますよ。

北海ソーラン祭りに行かれたら、参加してみてはどうでしょうか。

 

 

北海ソーラン祭りのスケジュール

今年は第50回という節目の開催ということもあり、本祭のほかに前夜祭も開催されます。

三日間の北海ソーラン祭りのスケジュールは次のようになっています。(一部昨年の実績もあります。)

 

7月6日(金・前夜祭)

18:00~20:00 記念コンサート

19:00~20:30 50回を記念する交流会

 

7月7日(土)

13:00~13:35 開催式・オープニングアトラクション

13:40~15:50 アトラクション

15:55~16:15 ソーラン太鼓体験コーナー

16:15~16:35 ソーラン踊り体験コーナー

17:30~19:00 ソーラン踊りオンパレード

 

7月8日(日)

9:00~11:00  アトラクション

11:00~13:00 のど自慢フェスティバル

13:10~14:00 ビンゴゲーム

 

終わりに

ソーラン節は炭坑節などとともに最も有名な民謡のひとつでしょう。

YOSAKOIでも踊られていますしね。

北海ソーラン祭りで踊られるソーラン踊りはちょっと大人しめなんですけど、それだけに誰でもすぐに踊れるようになります。

参加すればきっといい思い出になると思いますよ。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。