今年で48回目を迎える神戸まつりが開催されます。

阪神淡路大震災が発生した1995年は開催中止となりましたが、それ以外の年は毎回大変な人気で昨年はすべてのイベントの人出は150万人近くになりました。

今回は神戸まつり2018の日程などの開催情報やゲストは誰なのか、混雑予想や駐車場情報などをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

神戸まつり2018 開催情報

 

開催日時

  • メインフェスティバル:5月20日(日)11:00~
  • 各区のまつり:5月19日(土)時間は地区ごとで違います

開催場所:フラワーロードほか

問合せ先:神戸市イベント案内・申込みセンター

電話:078-333-3372

 

 

兵庫県道30号線の加納町1丁目から神戸税関までがフラワーロードです。

 

神戸まつり2018のゲストは?

神戸まつり2018には開園35周年を迎えた東京ディズニーリゾートから、ミッキーやミニーを始めとするディズニーのキャラクターたちがおまつりパレードに参加します。

東京ディズニーリゾートはこれまでもキャラクターがパレードに参加していたんですけど、今年は開園35周年ということで特別なものになりそうです。

  • 日時:2018年5月20日(日)12:30頃スタート
  • 場所:フラワーロード~三ノ宮中央通り~大丸神戸店前

 

 

おまつりパレードのトップを飾るのが東京ディズニーリゾートのパレードです。

パレードは1時間もありませんので、見逃さないためには早めに現地に行く必要があるんですけど、相当早く行かないといけませんよ。

 

パレードを見るベストポジションは?

ディズニーパレードは人気がスゴイので、パレード会場周辺はどこも人でいっぱいです。

その中でも比較的長く見ていられるのがスタート地点(慰霊と復興のモニュメント前)ゴール地点(大丸神戸店前)です。

でも誰でも考えることは一緒で、大勢の人がスタート地点とゴール地点に集まるので、相当早くから見る場所を確保しておかないとキビしいです。

昨年はパレードが始まる2時間以上も前から場所取りが始まりました。

9時過ぎには多くの人が場所取りのために集まり始めますので、ベストポジションを確保するにはそれより前に行ったほうがよさそうです。

ただ、そうなるとディズニーパレードが始まるまでに相当待たなければいけないので、小さなお子さんにはちょっと無理かもしれませんね。

 

Sponsored Link

 

神戸まつりに芸能人は来る?

昨年は神戸開港150周年ということでAKB48,コロッケ、宇崎竜童など超有名芸能人が来神しましたが、残念ながら2018年は芸能人の来訪はないということです(確認済)。

昨年は神戸開港150年音楽祭に出演した芸能人たちが神戸まつりにも参加したという形なので、今年はやむを得ないですね。

でも、神戸まつりと言えばサンバです。

サンバのチームもパレードにたくさん参加するので、陽気なラテンのリズムを楽しんでストレスを解消しましょう。

 

 

神戸で一番有名な神戸サンバチームは午後1時ころのスタートです。

また、パレード以外でもサンバストリートなら午後からずっとサンバが見られますよ。

 

神戸まつりの混雑状況

神戸まつりは会場がいくつもあるとは言え、昨年はたった一日で神戸市の人口と同じくらいの人が集まりました。

今年は音楽祭がなく芸能人が来ないんですけど、それでも100万人規模のお祭りになることが予想されます。

特にパレードが行われるフラワーロードやわくわくストリートは混雑します。

(サンバストリートもかなりの人だかりです。)

11時を過ぎたら移動するのも困難なくらいの混雑ぶりです。

一番混雑するのはやはり東京ディズニーリゾートのパレードのときなんですけど、それ以外にもサンバパレードや吹奏楽団の行進など見どころがたくさんあるので、終始混雑しています。

穴場時間というのもそれほどないので、行かれる方はそのつもりで出かけましょう。

 

駐車場は?

神戸まつりでは特に駐車場が用意されるわけではありません。

三ノ宮駅周辺の駐車場は早くから満車になってしまい、この日だけバカ高い料金の駐車場しか空いてなかったりします。

ですから、どうしても車でという場合には、三ノ宮駅の隣の灘駅か元町駅の周辺の駐車場に車を停め、電車で三ノ宮駅に向かうパークアンドライドがおすすめです。

(灘駅周辺の駐車場はコチラ

(元町駅周辺の駐車場はコチラ

場合によってはもう一つ隣の駅周辺の駐車場を利用したほうがいい、ということになるかもしれません。

 

神戸まつりの交通規制

神戸まつりではパレードに使われる三ノ宮駅前のフラワーロードはもちろん、一定区域内すべてが交通規制範囲に入ります。

 

 

当然ながら交通規制区域内の駐車場は利用できませんし、その周辺の駐車場もすぐに満車になってしまい、周辺道路では駐車場を探す車で渋滞が発生します。

神戸まつりの会場はJR、阪神、阪急各線の三ノ宮駅を降りてすぐのところですので、主催者も車での来場を控えるようアナウンスしています。

神戸まつりにはなるべく公共交通機関を利用するようにしましょう。

 

終わりに

5月も下旬になると晴れていればかなり暑くなりますし、紫外線もこのころから強くなってきます。

神戸まつりに行くときには、熱中症対策と紫外線対策をしっかり取ってから出かけましょう。

また、ディズニーパレードを見るための場所取りはかなり早くから行かなくてはいけません。

ずーっと立ちっぱなしではツライので、小さな折りたたみの椅子を持っていったほうがいいですね。

そして周りの人の迷惑にならないよう、マナーを守って神戸まつりを楽しみましょう。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。