関西から車で行ける近場の航空祭として人気があるのが小松基地航空祭です。

最近は稲刈り間近の田んぼにも車を停めるなど迷惑な違法駐車が目立ち、地元住民からの苦情が増えて開催が危ぶまれ、あるいは集客の目玉であるブルーインパルスの展示飛行がなくなるのでは?と心配されていました。

しかし周辺道路の大幅な規制などの対策を実施し、今年も小松基地航空祭の開催が決定してブルーインパルスの展示飛行も行われます。

今回は小松基地航空祭2018の日程などの開催情報や、駐車場の情報などをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

小松基地航空祭2018 開催情報

 

小松基地航空祭2018

  • 開催日:2018年9月17日(月・祝)雨天決行
  • 開催時間:7:45~15:30(例年通り)
  • 住所:石川県小松市向本折町戌 向本折町戊267
  • 問合せ先:航空自衛隊小松基地広報班
  • 電話:0761-22-2101

 

 

雨天決行ですが、雨が降った場合には航空機の展示飛行が中止になることもあります。

(昨年は台風の影響で航空祭そのものが中止になってしまいました。)

逆に開始時に雨が降っていても飛行予定時間に天候が回復する見込みがあり、良好な視界が確保できるようなら展示飛行が行われることもあります。

実際に2016年は台風16号の影響でオープニングフライトのときには雨が降っていましたが、その後天候が回復してブルーインパルスの展示飛行は行われました。

 

 

 

小松基地航空祭の駐車場

小松基地航空祭では例年ですと無料の臨時駐車場が用意されますが、現在のところまだ詳細が発表されていませんので、昨年の情報をご紹介します。

小松基地航空祭では臨時の無料駐車場(3カ所・約8,600台分)が用意され、臨時駐車場から小松基地までは有料(500円)のシャトルバスで移動することになります。

(シャトルバス運行:北陸鉄道 Tel:076-237-5115)

臨時駐車場の開放時間は04:30~17:30までで、開放時間を過ぎると車を移動することはできなくなりますので注意が必要です。

また、午前3時ころからすでに駐車場待ちの車が並び始めますので、確実に駐車スペースを確保するためには相当早い時間に行かないといけません。

(引用:http://www.mod.go.jp/asdf/komatsu/air_festa/16index.html)

 

北陸自動車道を利用される方は鉄工団地、国道8号線を利用する方は串工業団地がいいでしょう。

臨時駐車場は奥から順番に駐車することになるので、帰る時には奥に止めた車は順番待ちが長くなります。

早く行かないと駐車場が確保できないし、早く行ったら行ったで帰りに待たされるという悩ましい事態が起きます。

やっかいですね~。

 

また、小松市役所周辺にも臨時の無料駐車場が用意されます(645台分)。

(引用:http://www.mod.go.jp/asdf/komatsu/air_festa/16index.html)

 

臨時駐車場が満車の場合には小松駅周辺に小松市営の有料駐車場がありますので、そちらを利用して小松駅からシャトルバスで会場に向かうこともできます。

(小松駅周辺の市営有料駐車場はコチラ

 

帰りのシャトルバスは、臨時駐車場行きも小松駅行きも早く行かないとめちゃめちゃ待たされることになります。

それを避けるためには可能なら折り畳み自転車を車に積んで行き、駐車場から小松基地(東門に駐輪場あり)まで自転車で行くという方法もあります。

脚力に自信がある方は歩いても行ける距離ですよ。

徒歩だと串工業団地からは約40分、小松駅からは約50分、鉄工団地からは1時間ちょっとで小松基地に着きます。

 

Sponsored Link

 

小松基地へのアクセス

航空自衛隊小松基地は小松空港内にあります。

◆電車を利用する場合

  • JR小松駅より小松バス・空港連絡線で小松空港下車(シャトルバスの運行もあります。所要時間約12分)

 オープニングフライトに間に合わせたいならバスは待ち時間が読めないので当てにせず、徒歩で向かったほうがいいですよ(約50分で着きます)。

  • JR金沢駅より小松バス・空港連絡船で小松空港下車(所要時間約40分)

◆車で行く場合(臨時駐車場まで)

  • 北陸自動車道・美川ICより約25分で小松駅周辺臨時駐車場へ、または約29分で鉄工団地臨時駐車場へ
  • 北陸自動車道・加賀ICより約26分で串工業団地臨時駐車場へ

(臨時駐車場から小松基地まではシャトルバスでの移動となります。)

北陸自動車道の片山津ICと小松ICは大変に混雑しますのであまりおすすめできません。

また、安宅スマートICの利用は小松空港利用者の妨げになりますし、どっちみち午前6時からしか利用できませんので臨時駐車場の開場には間に合いません

 

展示飛行事前訓練

航空祭では航空祭本番のために事前訓練が行われます。いわゆる予行というもので、ブルーインパルスも行います。

航空祭当日に行けない人はこの予行を見に行くのもいいですね。

編隊飛行 F-15 T-4

訓練日:9月3日・5日・11日・13日

訓練予備日:9月6日・7日・10日・12日・14日

編隊飛行&機動飛行 F-15

訓練日:8月27日・29日・9月3日・5日・11日・13日

訓練予備日:8月28日・30日・31日・9月6日・7日・10日・12日・14日

訓練飛行 救護機

訓練日:9月3日・5日・11日・13日

訓練予備日:9月6日・7日・10日・12日・14日

訓練飛行&機動飛行 F-2 F-4

訓練日:9月11日・13日

訓練予備日:9月12日・14日

ブルーインパルス

訓練日:9月16日(訓練予備日なし)

 

スポンサーリンク

 

終わりに

小松基地航空祭は天気が良ければ大変に混雑し、特に航空祭終了後は皆さんが一斉に帰り始めるためにシャトルバスは1時間以上の待ち時間が発生することもあります。

ブルーインパルスのコークスクリューが終わると、あとは見どころというほどのものはありません。

「早めに行って早く帰る」 午前中に基地内をゆっくり回ってから昼食を取り、午後のブルーインパルスを見たらすぐにシャトルバスの発車に備えましょう。

早起きしているのでゆったりとしたスケジュールで小松基地航空祭を楽しみましょう。

 

車で行かれる方は周辺の方々の迷惑にならないよう、十分に気をつけましょう。

そうしないと来年から航空祭の開催がなくなってしまうかもしれませんからね。

また、今年から脚立の持ち込みができなくなりましたので注意しましょう。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。