五所川原ねぶた2019!日程やアクセス方法、駐車場は?

青森ねぶた祭、弘前ねぷた祭りとともに青森三大ねぶた祭りのひとつに数えられているのが五所川原ねぶたです。

正式には五所川原たちねぷたと言うんですが、一番有名な青森が「ぷ」ではなくて「ぶ」なのでそれにつられて五所川原もねぶたと言ってしまいますね。(漢字で書くと五所川原立佞武多となります。)

人出こそ青森ねぶた祭に及ばないものの、20メートルもあるねぷたの迫力は青森のものより上、という声さえあります。

今回は、五所川原たちねぷた2019の開催情報やアクセス方法、駐車場の情報などをお届けします。

スポンサーリンク

五所川原たちねぷた2019 開催情報

  • 開催期間:2019年8月4日(日)~8日(木)
  • たちねぷた運行時間:19:00~21:00(予定)
  • 運行場所:JR五所川原駅前西側周辺
  • 問合せ先:五所川原観光協会
  • 電話:0173-38-1515

 

五所川原たちねぷたへのアクセス

五所川原たちねぷたの運行はJR五所川原駅から歩いて5分ほどの西側区域で行われ、交通規制も敷かれますのでアクセスは公共交通機関を利用して五所川原駅を目指すのがおすすめです。

 

 

◆電車を利用する場合

◎東京駅から

新幹線・はやぶさで新青森駅(所要時間約3時間10分)へ→JR奥羽本線で五所川原駅へ(所要時間約70分)

◎新函館北斗駅から

新幹線・はやぶさで新青森駅(所要時間約1時間)へ→JR奥羽本線で五所川原駅へ(所要時間約70分)

◆飛行機を利用する場合

青森空港から弘前バスで弘前駅へ(所要時間約55分)→JR五能線で五所川原駅へ(所要時間約50分)

◆車を利用する場合

東北自動車道・浪岡ICから浪岡五所川原道路(津軽自動車道)に入り、五所川原へ(所要時間約30分)

 

 

 

五所川原たちねぷたの駐車場

五所川原たちねぷたへ車で行く場合には、ショッピングセンターエルムに車を停めると、そこから有料(200円)のシャトルバスがまつり会場まで運行されています。

五所川原駅の周辺にはコインパーキングはあまりなく、ショッピングセンターエルムは収容台数も多く(約3,000台)無料で駐車できますのでおすすめです。

帰りはやはり混雑しますが、少し待っていれば解消します。

 

エルムに駐車できなかった場合にはJAごしょつがる五所川原支店にも無料の駐車場が用意されます(収容台数約200台)。

こちらもまつり会場まではシャトルバスがあります。

 

Sponsored Link

 

有料観覧席

五所川原たちねぷたでは有料観覧席も用意されます。

  • 販売元:㈱まちなか五所川原
  • 観覧日時:8月4日(日)~8日(木)19:00~21:00(予定)
  • 観覧場所:立佞武多祭スタート・ゴール地点(観覧場所の地図はコチラ
  • 販売数:1日当たり550席(パイプ椅子席・先着順に前列より販売)
  • 料金:3,000円(税込み)/1席
  • 発売開始:個人向け・6月2日(日)10:00~/旅行会社向け・5月27日(月)10:00~
  • 申込み方法:申込用紙に必要事項を記載し、FAXまたはメールで申込み
  • FAX:0173-33-6338
  • メール:ap-91125@machinaka-go.co.jp

入金後の変更またはキャンセルはできませんので注意してください。

(まちなか五所川原の有料観覧席の詳細はコチラをタップまたはクリック)

 

五所川原たちねぷたの見どころ

五所川原たちねぷたの見どころは、何と言っても青森ねぶたや弘前ねぷたにはない高さが20メートルにも及ぶ見上げるほどのねぷたです。

あれほどのものがよく倒れないものだと感心しますが、高いところからグッと睨みつけるねぷたは本当に迫力満点です。

鉄骨の骨組みで風速15mまでなら大丈夫だそうです。

外装は障子紙で、乾くと耐水性となる塗料を使っているので少しくらいの雨にも破れません。

漆黒の闇に浮かぶねぷたも素敵ですが、その登場の仕方がまたスゴイ!

ねぷたは午後6時ころになると「立佞武多の館」というところの渡り廊下がウィーンと開き、そこからまるで巨大なロボットが現れるかのようにゆっくりと登場してきます。

この頃には多くの人が立佞武多の館の前でその時を今か今かと待っています。

 

 

この巨大ねぷたの出陣の様子は有料観覧席からは見ることができません。

有料観覧席券を手に入れた方も、このときばかりは立佞武多の館に移動してしずしずと登場するねぷたを間近で見ちゃいましょう。

 

終わりに

青森三大ねぶたはいずれも開催日が重なっていて、さらに五所川原ねぷた開催の前日には打上げ数五千発の五所川原花火大会もあります。(五所川原だから五千発なんでしょうか?)

都合がつけば青森ねぶた、弘前ねぷた、五所川原花火大会と五所川原ねぷたを見ることもできます。

その場合、五所川原市内にはホテルや旅館は少なく、ねぷたの期間中は早くから予約で埋まってしまいますから、青森駅と弘前駅と五所川原駅のちょうど中間あたりになる浪岡駅あたりに宿を探すのがいいかもしれません。

(参考→ねぶた祭り2019!日程や駐車場、有料観覧席は?

(参考→弘前ねぶた祭り2019!駐車場や交通規制、有料観覧席は?

せっかく行くんでしたら、三つのねぶた祭りをハシゴして楽しんでみてはどうでしょう?

掛け声やねぷたの違いを楽しめる最高の夏休みになると思いますよ。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。