今年も福岡県築上郡にある航空自衛隊築城(ついき)基地で築城基地航空祭が開催されます。

ブルーインパルスの展示飛行は恒例になっており、一昨年は百里基地航空祭に参加したため不参加でしたが、昨年は例年通りに参加し今年もちゃんと予定されています。

ブルーインパルスの展示飛行を見られる機会は年に20回ほどしかなく、築城基地航空祭もものすごい人気です。

そんな人気なら見てみたいけど、どうやって行くの?駐車場はあるの?などとお悩みの方に、今回は築城基地航空祭2018の日程やアクセス方法、駐車場などの情報をまとめました。

 

スポンサーリンク

 

築城基地航空祭の日程など

築城基地航空祭は11月の下旬に開催されます。

しかも月末でかなり寒くなっていく時期ですので、防寒対策も忘れずに。

 

築城基地航空祭2018の開催情報
  • 開催場所:航空自衛隊築城基地(福岡県築上郡築上町西八田)及び周辺空域
  • 住所:福岡県築上郡築上町西八田
  • 開催日:2018年11月25日(日)
  • 時間:8:00~15:00(開門は6:30)
  • 問合せ先:航空自衛隊築城基地 基地渉外室
  • 電話:0930-56-1150(内線443または207)

 

 

築城基地航空祭のスケジュール

航空祭のスケジュールは直前にならないと発表されませんので、参考までにブルーインパルスの展示飛行が行われた昨年の航空祭のプログラムを掲載しておきます。

  • 08:15~08:30 オープニングフライト第8航空団 F-2・6機
  • 08:35~08:45 第12飛行教育団 航過飛行 T-7・4機
  • 08:50~09:00 第13飛行教育団 航過飛行 T-4・4機
  • 09:10~09:30 模擬空対地射爆撃第8航空団 F-2・4機
  • 09:35~09:50 飛行展示 AH-64
  • 10:00~10:10 第5航空団第機動飛行 F-15
  • 10:15~10:44 ウイスキーパパ競技曲技飛行
  • 11:25~11:30 デモスクランブル 第8航空団 F-2・2機
  • 13:00~13:15 第8航空団 機動飛行 F-2・2機
  • 13:45~14:30 ブルーインパルス曲技飛行 T-4・6機

 

 

築城基地航空祭へのアクセス

 

◆車を利用する場合

 

1.北九州方面からR10を南下するコース

九州自動車道を小倉東インターで降り、国道10号線に入る。

小倉東インターからの所要時間は約40分です。

 

2.鳥栖方面からR10を北上するコース

九州自動車道 鳥栖ジャンクション

 ↓

大分自動車道 日出ジャンクション

 ↓

大分自動車道 速見インター

 ↓

宇佐別府道路 宇佐インター

 ↓

国道10号線(基地までは約40キロ)

 

 

◆公共交通機関を利用する場合

 

JR九州・日豊本線の築城駅から徒歩7分ほどで築城基地の正面ゲートに到着します。

築城基地航空祭の当日は臨時列車が増発されたり、特急列車が築城駅に臨時停車したりといろんな便宜が図られます。

 

 

Sponsored Link

 

 

築城基地航空祭の駐車場

 

基地内には一般車両用駐車場がありません。(駐輪場はあります。)

前日の夕方から道路にも規制がかかり、大型バスも基地内には入場できません。

臨時駐車場が設けられますので、車で行かれる方はそちらを利用することになり、臨時駐車場から築城基地までは有料のシャトルバスで移動することになります。

(日産自動車九州工場からのシャトルバスは苅田駅行きで無料です。)

 

臨時駐車場の詳細(昨年の情報です)
  • 日産自動車九州工場(普通車1,000台 大型車100台収容)
  • 宇島漁港(普通車360台 大型車50台収容)
  • 築上町役場築城支所(普通車250台収容)
  • 椎田(しいだ)グラウンド(普通車660台収容)
  • しいだアグリパーク(普通車510台収容)
  • TOTOプラテクノ豊前工場(普通車400台収容)
  • 築上町コミュニティーセンター ソピア (原付、自動二輪車のみ350台)

 

日産自動車九州工場

 

宇島漁港

 

築上町役場築城支所

 

椎田グラウンド

 

しいだアグリパーク

 

TOTOプラテクノ豊前工場

 

築上町コミュニティーセンター ソピア

 

 

今年もブルーインパルスの飛行展示があるので大変な人出が予想され、用意された駐車場は満車になってしまう可能性があります。

そこで、車で行く場合にはJR日豊本線・築城駅の近くの駅周辺の駐車場に車を停めて電車で築城駅に向かうパークアンドライドという方法もあります。

日豊本線沿線駅周辺に駐車場が多いのは行橋(ゆくはし)駅、南行橋駅です。

(行橋駅周辺の駐車場はコチラ

 

身体障害者用駐車場

築城基地航空祭では身体障害者用駐車場(まごごろ駐車場)が用意されます。

応募用紙をダウンロードして必要事項を記入し、応募資格に該当することを証明する書類のコピーとともに、92円切手を貼った返信用封筒を同封して応募します。

(応募用紙はコチラ

(応募要領はコチラ

応募者多数の場合には抽選になります。

当選された方には駐車券が送られ、その駐車券がないとまごごろ駐車場に入場することはできません。

 

応募期間

  • 9月3日(月)~10月12日(金)(当日消印有効)

 

 

築城基地航空祭の見どころ

 

築城基地航空祭の見どころは何と言ってもブルーインパルスの展示飛行です。

航空自衛隊員の操縦技術には驚くばかりです。

 

 

もうひとつ忘れてならないのがオープニングフライトです。

多くの航空祭のオープニングフライトはゆっくりローパスが多いのですが、ここのは一味違う見せ方です。

低空飛行から一気に引き起こすコンバットテイクオフなど、迫力あるフライトが見られます。

 

 

会場の開門は6時半ですがそのときにはもうたくさんの人が並んでいます。

なるべく早く行列に並んでオープニングがよく見える場所を確保しましょう。

 

まとめ

 

  • 築城基地港2018は11月25日(日)に開催
  • JR九州の日豊本線築城駅から会場正面ゲートまでは徒歩で7分ほど
  • 築城基地には一般車両用の駐車場はなく、臨時駐車場を利用する
  • 身体障害者用駐車場の利用は応募が必要(応募者多数の場合は抽選)
  • 車で行く場合にはパークアンドライドもおすすめ

 

福岡県の11月25日の天気出現率は63.3%とまあまあですが、昨年の平均気温は7.5℃とかなり寒くなってました。

でも、空の下でジェット機のパレードを見ていれば、そんな寒さも忘れてしまうことでしょう。

築地基地航空祭は飛行展示だけでなく地上でのイベントも充実していて、航空機や燃料給油車、ペトリオット(パトリオット)の展示、ブルーインパルスのパイロットのサイン会、ドラえもんの花電車などお子様も楽しめる内容になってます。

人出が気になるところなんですけど、11月25日はしっかり防寒して築城基地まで足を伸ばしてみてはいかがですか?

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。