夏の花と言えば向日葵(ひまわり)が思い浮かびますが、小さな頃の思い出としてよみがえってくるのが観察日記を書いた朝顔です。

そんな誰にでも親しみのある朝顔を主役にしたお祭りも日本各地で催され、なかでも日本最大の規模を誇るのが台東区の入谷で開催される朝顔市です。

今回は入谷朝顔市2018の日程やアクセス方法、駐車場情報、おすすめの時間帯などをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

朝顔市の開催情報

朝顔市は正式には「入谷朝顔まつり」と言うんですが、いつの間にか朝顔市と呼ばれるようになり、朝顔市と言えばこの入谷朝顔まつりのことを指すようになりました。

 

入谷朝顔まつり

  • 開催日:2018年7月6日(金)~7月8日(日)  (毎年同じ)
  • 開催場所:入谷鬼子母神(真源寺)及び言問通り(ことといどおり)周辺
  • 真源寺住所:東京都台東区下谷1-12-16
  • 開催時間:5:00~23:00
  • 問合せ先:入谷朝顔実行委員会
  • 電話:03-3841-1800

 

朝顔市の人出は3日間で40万人、販売される朝顔は25万鉢ということなので、中には朝顔を買わない人もいるということです。

一鉢1,000円としても朝顔市だけで2億5千万円の売上ってすごくないですか。

朝顔市には朝顔を売る出店(約60軒)だけでなく、大判焼きや串焼きを売る露店もたくさんあるので(約80軒)、子供なんかはそっちが目当てなんでしょう。

 

朝顔市へのアクセス

 

 

東京メトロ日比谷線「入谷駅」下車 徒歩1分

JR山手線・JR京浜東北線「鶯谷駅」下車 徒歩3分

 

朝顔市 交通規制と駐車場

交通規制

開催期間中は真源寺前の言問通り(東京都道319号線)の一部が車両通行禁止になります。

  • 時間:17:00~21:30

会場周辺の路上パーキングメーターも使えなくなります。

 

駐車場

朝顔市で朝顔をたくさん買って電車で帰る、なんて手荷物がかさばってちょっとしんどいですよね。

そんなときにはやはり車が便利です。

真源寺周辺の駐車場情報はココをクリック

参考にしてみてください。

 

配送業者も

朝顔の鉢はけっこうな重さでかさばります。

徒歩で来た人はいくつも買うと持ち帰りも大変になってしまうんですけど、そんな場合には宅配業者が出張してきていますので、そちらに配送を依頼するのもいいですね。

朝顔を守るための箱も用意されていますよ。

 

Sponsored Link

 

朝顔市のおすすめの時間帯は?

朝顔市は朝の5時から夜の11時までやってるのでいつ行こうか迷ってしまいますが、今年は開催日が土日にかかっていますので、その気になればいつでも行けます。

でも、朝顔を買おうと思ったらきれいに咲いているものが欲しいですね。

朝顔は普通、暗くなってから8~10時間後に花を咲かせますから、この時期だと朝の4時頃には開花します。

この日だけは早起きして開始時間の5時ころに行ってはどうですか?

人出も多いんですが、咲いたばかりのきれいな朝顔を選ぶことができますよ。

眠かったら家に帰ってから昼寝をすればいいんですから。

 

時間はなんとか取れるという人はこの限りではありませんが、それでも夕方行くのは朝顔がしおれてしまっているのでやめたほうがいいですよ。花のキレイな午前中がおすすめです。

この時期は熱中症にも気をつけなければいけないですしね。

 

朝顔のお値段は?

ここで気になるのが朝顔の値段です。

 

朝顔

 

上に並んでいるようなあんどん仕立ての大きいものが2,000円で、下のようなもう少し小さいものは800円です。ちょっとサイズが分かりませんね。すみません。

 

朝顔

 

「朝顔ひとつに2,000円かぁ」なんて思わないでくださいね

ここまで育てるには相当手間がかかってますから。

 

終わりに

小学校の夏休みの宿題で朝顔の観察のとき、プランターに朝顔の種をまいて軒下に支柱を立てて育てていたら、どんどんと成長してついには屋根まで届いてしまいました。

花もたくさん咲いて観察日記も何かの賞をもらったと記憶しています。

あの頃は真面目だったんだなぁ。

 

入谷の朝顔市は江戸の下町に夏を告げる風物誌として親しまれてきました。

同じ頃に開催されるものにほおずき市がありますね。

今年の夏は朝顔市とほおずき市を見て風流を感じるのもいいですね。

 

東京のほおずき市についてはコチラ。

↓ ↓ ↓

ほおずき市は浅草寺以外ではどこ?由来や値段、日程は?

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。