博多どんたく2019!今年のゲストアイドルは誰?

博多のお祭りといえば日本一の動員数を誇る博多祇園山笠ですが、それに匹敵するのが博多どんたくです。

2018年度の調査では博多祇園山笠の動員数は約300万人で、博多どんたくは約230万人となっています。(月刊レジャー産業資料と毎日新聞の発表)

でも、博多祇園山笠の開催期間は15日間で、博多どんたくの開催期間はわずか2日間です。

今回は、一日あたりの動員数が日本一の博多どんたくの日程やアクセス方法などについてご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

博多どんたく2019 開催情報

開催日:2019年5月3日(金・憲法記念日)及び5月4日(土・みどりの日)(日程は毎年同じ)

 

どんたくパレード

場所:福岡市内明治通り(呉服町~天神間の1,270m・どんたく広場)

日時:5月3日:13:00~19:00

   5月4日:15:00~20:00

 問合せ先:福岡市民の祭り振興会

電話:092-441-1170

 

さらに前日の5月2日(木)には福岡国際センターで前夜祭が16:30から4時間にもわたって催され、豪華なゲストが登場します。

昨年のゲストは藤あや子さんと北島兄弟です。

 

福岡国際センター

住所:福岡県福岡市博多区築港本町2-2

 

前夜祭会場への入場は無料ですが整理券が必要で、整理券は10日ほど前から6,000枚の配布が開始されますがすぐになくなってしまいます。

今年の入場整理券配布は4月17日(水)の10時から下記の4ヶ所で配布されます。

しかも、4カ所の配布場所はすべて福岡市内なので県外の人は入手が難しいかもしれません。

前夜祭整理券配布場所(昨年と同じです。)

  • 福岡商工会議所
  • 西日本新聞社(パサージュ広場)
  • RKB毎日放送
  • ベイサイドプレイス博多港ベイサイドミュージアム

 

ゲストアイドルは誰

今年のゲスト

LinQ

博多を拠点としているアイドルグループのLinQはココ数年ずっと来ていて、今年も出演が決定しています。

昨年もツイッターで「来年もパレードでるぞ~」って言ってましたね。

 

今年も5月4日のどんたくストリートのエンディングに出るようです。

 

そのほかのゲスト

博多どんたくにはほかにも大勢のゲストが招かれます。

昨年は

  • ラッキィ池田
  • 高田延彦
  • ばにら☆そると
  • 悪女時代

などのゲストがいろんなステージに登場しました。

HKT48も博多どんたくのイベントの一環として行われたサッカーJ2のアビスパ福岡VSモンテディオ山形戦に登場し、キックオフの前にサッカー場でミニライブを行いましたが、今年はアウェー戦になるので残念です。

今年、港本舞台の舞台に登場するアイドルは次の通りです。

5月3日(金)10:00~18:00

  • トライシグナル
  • SPICECONTROL
  • セツナ103
  • CHiSEMiKU
  • ALLI
  • 天野なつ
  • 桜愛美
  • 光井天聖
  • MIZUHO
  • 波多野菜央
  • 博多フォーク同好会

5月4日(土)10:00~18:00

  • アップアップガールズ(仮)
  • 浅草RainboW
  • ブリッジ福岡
  • カラフルスクリーム
  • QunQun
  • 空想モーメントL+
  • 九州女子翼
  • CROWN POP
  • くるーず
  • kolme
  • ばってん少女隊
  • 原田珠々華
  • Hello Youth
  • 夢みるアドレセンス
  • lyrical school
  • ワンダーウィード
  • BATTLE BOYS FUKUOKA

 

博多どんたくの見どころ

どんたくパレード

博多どんたくのメインは「どんたく隊」によるパレードです。

国内外から2日間で延べ700を超えるどんたく隊が民族衣装やチアリーディング、吹奏楽を披露しながらパレードします。

パレードの会場は明治通りを通行止めにした「どんたく広場」で行われます。

  • スタート地点:福岡市博多区綱場町2
  • ゴール地点:福岡市中央区天神1-8-1

パレード予定時間

  • 5月3日:13:00~19:00
  • 5月4日:15:00~20:00

桟敷券

どんたくパレードは全席自由席の桟敷席で見ることができます。

  • 観覧場所:水上公園
  • 5月3日券(13:00~18:30):前売券/3,500円 当日券/4,000円
  • 5月4日券(15:00~19:30):前売券/3,000円 当日券/3,500円
  • 小学生以上有料
  • 前売券購入先:チケットぴあ(Pコード641-819)/ローソンチケット(Lコード83864)/Tickets Today
  • 問合せ先:福岡観光コンベンションビューロー(Tel:092-733-5050)

(桟敷席の詳細はコチラ

 

 

 

博多どんたく演舞台

どんたくの期間中(3日と4日)は、市内30箇所に設けられた演舞台でどんたく隊が一生懸命練習してきた演技を見せてくれます。

将来全国区になるかもしれない地元のアイドルに会えるかもしれませんよ。

 

 

花自動車

トラックに数多くのLEDの電飾を施した6台の花自動車が2日から4日まで市内を走り回ります。

テーマはお伽話や流行のアニメなどで、5日には展示もされます。

もともとは西鉄が福岡市内の電車に電飾を施した花電車だったのですが、路線の廃止により自動車に変わったものです。

花電車は戦前から走っていたんですよ。

昼間に見ると昔流行した「トラック野郎」を彷彿とさせるのですが、夜に見るとまったく違った雰囲気で綺麗です。

 

 

お金かかってますね~。

(コースと時刻表はコチラ

 

博多どんたくへのアクセス

博多どんたくの一番の見どころであるパレードが行われるどんたく広場は、広場と言っても道路を封鎖して使用するため通行規制が敷かれます。

そのため、アクセスには電車を利用したほうが便利です。

公共交通機関の最寄り駅は福岡市営地下鉄空港線の中洲川端で、どんたく広場へは徒歩ですぐ、というよりすぐ上の道路がどんたく広場です。

中洲川端駅は

  • 福岡空港より地下鉄・空港線に乗って4つ目の駅
  • JR博多駅で地下鉄に乗り換えて2つ目の駅  になります。

飛行機で行っても、電車で行ってもアクセスは非常に便利です。

隣りの天神駅で下車してもパレードが見られますよ。

どうしても車でという場合には、博多駅周辺の駐車場はおそらくすぐに一杯になってしまうので、JR鹿児島本線でひとつ隣の竹下駅か吉塚駅近くの駐車場に止め、電車で博多駅に向かったほうがいいと思います。

とは言え、誰も考えることは同じで、これでも駐車場が確保できるとは限りませんので、アクセスにはやはり電車を利用したほうがよさそうです。

 

Sponsored Link

 

博多どんたくの交通規制

大勢の人が参加する博多どんたくでは、お祭りを安全に楽しんでいただくため、明治通りとはかた駅前通りの交通規制が行われます。

交通規制中は自転車を含めた車両の通行はできなくなりますので注意しましょう。

どんたく広場(明治通り)

  • 呉服町交差点西詰~天神交差点東詰
  • 5月3日:13:00~19:00
  • 5月4日:15:00~20:00

(どんたく広場交通規制図はコチラ

どんたくストリート(はかた駅前通り)

  • 博多駅前2丁目交差点付近~博多区役所南口交差点
  • 5月3日:10:00~11:30
  • 5月4日:10:00~13:00

(どんたくストリート交通規制の詳細はコチラ

 

博多どんたくに参加するには

市民参加型のお祭りでも事前にグループで申し込みしなければなりません。

博多どんたくも「どんたく隊」を結成して事前の説明会(2月21日開催)に参加して参加申込書を提出すれば参加できます。

(問合せ先:福岡市民の祭り振興会事務局 電話:092-441-1170)

県外の人にとっては説明会に参加したり、人数を集めたり、衣装を揃えたりとちょっとハードルが高そうですね。

 

でも、そんなことをしなくても博多どんたくでは個人が飛び入りでも参加できるイベントが有り、最終日の18時頃からどんたく広場のあちこちで始まる総踊りがそれです。

総踊りは次の2ヶ所が主な会場となり、最終日(5月4日)フィナーレとして行われます。

  • どんたく広場(午後6時50分から)
  • 新天地どんたく演舞台(午後8時から)

お祭りを見物していて自分も参加したいと思ったら、二本のしゃもじを打ち鳴らして参加することができます。

しゃもじはあちこちで配られているので持参しなくても大丈夫です。

本当にたくさんの人が参加しているので恥ずかしいこともないですよ。

見て楽しんで、参加して楽しめる博多どんたくの醍醐味を満喫しましょう。

 

最後に

博多どんたくは開催日がゴールデンウィーク中ともあってものすごく混雑します。

特に今年は10連休になることもあって相当な混雑が予想され、二日間とも同じような混み具合になると思われます。

でも、混雑していても町全体が熱気を帯びて活力を感じられる博多どんたくは見る価値、参加する価値は十分にあります。

ゴールデンウィーク中に九州の南のほうに行かれる予定があるなら、博多の町にも立ち寄ってみてはどうでしょう?

きっと元気をもらえることうけあいですよ。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。