中部地方で最大級の航空ショーである小牧基地航空祭(小牧基地オープンベース)が2018年も開催されます。

小牧基地航空祭は名古屋市消防局の航空機など、ここでしか見られない飛行展示もあり要チェックの航空祭です。

今回は小牧基地オープンベース2018の開催情報や駐車場、アクセス方法やブルーインパルスの情報をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

小牧基地航空祭2018 開催情報

 

日程:2018年3月3日(土)午前9時から(基地内開放8:30~15:00)

場所:航空自衛隊 小牧基地(県営名古屋空港)

住所:愛知県小牧市春日寺1-1

問合せ先電話番号:0568-76-2191 (基地渉外室 内線4055)

入場は無料ですが手荷物検査があります

 

地図はコチラ↓↓↓

 

 

ブルーインパルスは?

小牧基地航空祭の開催まで2ヶ月を切った今も、ブルーインパルスが参加するかどうか航空自衛隊からは発表がありません。

航空自衛隊小牧基地のHPに本年のブルーインパルスの展示は実施されないと発表がありました。

近年、地域住民が「市街地でのブルーインパルスの飛行は危険なので取りやめてもらいたい」と請願書を提出したため、ブルーインパルスの飛行展示が危ぶまれましたが、2017年も前年に引き続き開催されました。

各地で行なわれる航空祭でブルーインパルスの飛行展示がどんどん消えていってしまっていて、さらに米軍ヘリコプターの窓枠が落下したりと、軍関係の航空機の事故が頻発しています。

民間人にとっては軍用航空機は米軍でも自衛隊でも同じようなもので、どちらも危険という認識を持つのは当然でしょう。

そんな中、昨年12月10日に着任された舟倉慶太基地司令が小牧基地のサイト内の新年の挨拶で「今年で4年連続となるブルーインパルスによる華麗な飛行展示も計画中です」と仰ってますので、何とか実現するんではないのでしょうか

また、同サイト内の航空祭の開催を知らせるページのポスターにはブルーインパルスの写真がバッチリと載っています。

このことからもブルーインパルスの参加は期待が持てると思います。

本年はブルーインパルスの展示は実施されません。

 

駐車場と車でのアクセス

駐車場

小牧基地オープンベースでは一般来場者用の駐車場はなく、臨時駐車場が用意され、そこからシャトルバスと電車での移動になります。

(名古屋空港駐車場は利用できません。)

  • 駐車場:三菱重工名古屋誘導推進システム製作所
  • 住所:愛知県小牧市東田中1200
  • 収容台数:2000台

地図はコチラ↓↓↓

 

三菱重工名古屋誘導推進システム製作所へのアクセス

  1. 東名高速・小牧ICで下り、村中の交差点で右折し国道155号線に入る
  2. そのまま東進し、約13分で目的地到着
 
 

シャトルバス

臨時駐車場から名鉄小牧線の小牧駅まで無料のシャトルバスが運行されます。

従って、臨時駐車場から小牧基地までは

  • シャトルバスで名鉄小牧駅へ移動
  • 名鉄小牧線に乗車
  • 3つめの牛山駅で下車して徒歩で小牧基地に向かう(所要時間は約5分)

ということになります。

  • 運行時間:7:30~17:00
  • 最終便:臨時駐車場発 13:30/小牧駅発 16:00

(上記の情報は2017年のものです。)

 

 

Sponsored Link

 

 

公共交通機関でのアクセス

名古屋駅から

名古屋駅から小牧基地への公共交通機関を使ったアクセスは、地下鉄と名鉄電車を利用するのが一般的です。

  1. 名古屋市営地下鉄・名古屋駅から東山線(藤が丘行き)に乗車
  2. 栄駅で下車、名城線(大曽根方面行き)に乗車
  3. 平安通駅で下車、上飯田線(小牧方面行き)に乗車
  4. 牛山駅で下車、徒歩約5分で小牧基地に到着

(地下鉄・上飯田線は上飯田駅からそのまま名鉄電車・小牧線になります。)

帰りは牛山駅周辺の混雑が予想されるため、徒歩約15分の間内(まない)駅の利用もおすすめです。

 

大曽根駅から

多治見、中津川方面からだと大曽根駅から地下鉄を利用することになります。

  1. 大曽根駅で地下鉄・名城線(栄方面行き)に乗車
  2. 平安通駅で下車、あとは上記と同じ

(大曽根駅手前の勝川駅からだとタクシーで約15分で小牧基地に着きます。)

 

終わりに

小牧基地オープンベースは東日本大震災後、松島基地への大規模な空輸活動を展開し2014年以降は災害対策中心の展示となっていますが、オープニングフライトから迫力ある航空機の飛行が楽しめます。

交通の便でちょっと難のある小牧基地ですが、春を告げるイベントとしては盛大な航空ショーです。

ここでしか見られないKC-767による空中給油のデモが見られます。

低空での空中給油は迫力ありますよ~。

また、小牧基地は愛知県営名古屋空港が隣接しているので民間の飛行機もたくさん見ることができます。

小牧基地に行かなくても、近くのエアフロントオアシスという公園からも航空機を見ることができます。

ここからだと逆光でない撮影が一日中可能で、子供用の遊具も設置してあるのでお子様連れの方は行ってみてはどうでしょうか?

 

航空祭ではゴミの放置や立ち入り禁止区域への進入など観客のマナーが問題になっていて、このままでは航空祭自体の開催も危ぶまれてしまいます。

みんなが楽しく観覧できるようにマナーはきちんと守りましょう。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。