厄払いする年齢はいつ?料金はどれくらい?

生活

初詣に神社やお寺に行く人は多いと思いますが、多くの人が訪れる神社やお寺にはたいてい厄年の案内が掲示されています。

その厄年の案内を見て初めて自分が厄年であることを知った、なんて人もいるんじゃないでしょうか。

厄年や厄払いってよく聞くんですけど、分からないことが多いですね。

今回は、厄払いについていろいろ見てみましょう。

 

 

 

厄払いの年齢は?

 

厄年の厄払いは何月何日にしなければいけないなどという決まりはなく、その年のうちにすればいいそうです。

しかし、その年の厄を払うのですから早いに越したことはないですね。

かと言って松の内は混雑するので避けたほうがいいでしょう。

私が初詣に行く観音様は、節分の日に節分会という特別祈祷があり、その日に多くの人が厄除けに訪れます。

 

また、厄年は

  • 前厄
  • 本厄
  • 後厄

の三つの厄年が続けて訪れます。

 

できれば3年続けて厄除けするのが一番ですが、それほど神経質になる必要はなく本厄の年だけの厄払いだけでもいいでそうです。

 

次に女性と男性の厄払いの時期の違いについて、厄年は年齢によって決まるのですが、これが一番分かりにくいところですね。

厄年の年齢は数え年で数え、男性は一生のうちに三回、女性は四回もあるからです。

(地域や宗教によっては女性の四回目がない場合もあります。)

 

 

 

数え年とは?

数え年は、母親のお腹にいるときも命の年月と考えるため、生まれた時を1歳として数え新年を迎えるごとに1歳を加算する数え方です。

従って、数え年はその年1年間の年齢になり、同じ年に生まれた人はみな同じ数え年ということになります。

満年齢を基準にして考えると、誕生日が来ていれば満年齢プラス1歳、来ていなければ満年齢プラス2歳が数え年です。

 

男女別の厄年

男性と女性の厄年は次のようになっています。

 

  前厄 本厄 後厄
男性

24歳

41歳

60歳

25歳

42歳

61歳

26歳

43歳

62歳

女性

18歳

32歳

36歳

60歳

19歳

33歳

37歳

61歳

20歳

34歳

38歳

62歳

 

60代の厄年は男女とも同じですが、女性は30代の厄年が2回もあります。

 

そして生まれ年による厄年は以下の通りです。

厄年早見表

 

男性厄年早見表

 

男性

 

生まれ年(西暦) 前厄 本厄 後厄
1955年生まれ 2014年 2015年 2016年
1956年生まれ 2015年 2016年 2017年
1957年生まれ 2016年 2017年 2018年
1958年生まれ 2017年 2018年 2019年
1959年生まれ 2018年 2019年 2020年
1960年生まれ 2019年 2020年 2021年
1961年生まれ 2020年 2021年 2022年
1962年生まれ 2021年 2022年 2023年
1963年生まれ 2022年 2023年 2024年
1964年生まれ 2023年 2024年 2025年
1965年生まれ 2024年 2025年 2026年
1966年生まれ 2025年 2026年 2027年
1967年生まれ 2026年 2027年 2028年
1968年生まれ 2027年 2028年 2029年
1969年生まれ 2028年 2029年 2030年
1970年生まれ 2029年 2030年 2031年
1971年生まれ 2030年 2031年 2032年
1972年生まれ 2031年 2032年 2033年
1973年生まれ 2032年 2014年
2033年
2015年
2034年
1974年生まれ 2014年
2033年
2015年
2034年
2016年
2035年
1975年生まれ 2015年
2034年
2016年
2035年
2017年
2036年
1976年生まれ 2016年
2035年
2017年
2036年
2018年
2037年
1977年生まれ 2017年
2036年
2018年
2037年
2019年
2038年
1978年生まれ 2018年
2037年
2019年
2038年
2020年
2039年
1979年生まれ 2019年
2038年
2020年
2039年
2021年
2040年
1980年生まれ 2020年
2039年
2021年
2040年
2022年
2041年
1981年生まれ 2021年
2040年
2022年
2041年
2023年
2042年
1982年生まれ 2022年
2041年
2023年
2042年
2024年
2043年
1983年生まれ 2023年
2042年
2024年
2043年
2025年
2044年
1984年生まれ 2024年
2043年
2025年
2044年
2026年
2045年
1985年生まれ 2025年
2044年
2026年
2045年
2027年
2046年
1986年生まれ 2026年
2045年
2027年
2046年
2028年
2047年
1987年生まれ 2027年
2046年
2028年
2047年
2029年
2048年
1988年生まれ 2028年
2047年
2029年
2048年
2030年
2049年
1989年生まれ 2029年
2048年
2030年
2049年
2031年
2050年
1990年生まれ 2030年
2049年
2014年
2031年
2050年
2015年
2032年
2051年
1991年生まれ 2014年
2031年
2050年
2015年
2032年
2051年
2016年
2033年
2052年
1992年生まれ 2015年
2032年
2051年
2016年
2033年
2052年
2017年
2034年
2053年
1993年生まれ 2016年
2033年
2052年
2017年
2034年
2053年
2018年
2035年
2054年
1994年生まれ 2017年
2034年
2053年
2018年
2035年
2054年
2019年
2036年
2055年
1995年生まれ 2018年
2035年
2054年
2019年
2036年
2055年
2020年
2037年
2056年
1996年生まれ 2019年
2036年
2055年
2020年
2037年
2056年
2021年
2038年
2057年
1997年生まれ 2020年
2037年
2056年
2021年
2038年
2057年
2022年
2039年
2058年
1998年生まれ 2021年
2038年
2057年
2022年
2039年
2058年
2023年
2040年
2059年
1999年生まれ 2022年
2039年
2058年
2023年
2040年
2059年
2024年
2041年
2060年
2000年生まれ 2023年
2040年
2059年
2024年
2041年
2060年
2025年
2042年
2061年
2001年生まれ 2024年
2041年
2060年
2025年
2042年
2061年
2026年
2043年
2062年
2002年生まれ 2025年
2042年
2061年
2026年
2043年
2062年
2027年
2044年
2063年
2003年生まれ 2026年
2043年
2062年
2027年
2044年
2063年
2028年
2045年
2064年
2004年生まれ 2027年
2044年
2063年
2028年
2045年
2064年
2029年
2046年
2065年
2005年生まれ 2028年
2045年
2064年
2029年
2046年
2065年
2030年
2047年
2066年
2006年生まれ 2029年
2046年
2065年
2030年
2047年
2066年
2031年
2048年
2067年
2007年生まれ 2030年
2047年
2066年
2031年
2048年
2067年
2032年
2049年
2068年
2008年生まれ 2031年
2048年
2067年
2032年
2049年
2068年
2033年
2050年
2069年
2009年生まれ 2032年
2049年
2068年
2033年
2050年
2069年
2034年
2051年
2070年
2010年生まれ 2033年
2050年
2069年
2034年
2051年
2070年
2035年
2052年
2071年
2011年生まれ 2034年
2051年
2070年
2035年
2052年
2071年
2036年
2053年
2072年
2012年生まれ 2035年
2052年
2071年
2036年
2053年
2072年
2037年
2054年
2073年
2013年生まれ 2036年
2053年
2072年
2037年
2054年
2073年
2038年
2055年
2074年
2014年生まれ 2037年
2054年
2073年
2038年
2055年
2074年
2039年
2056年
2075年
2015年生まれ 2038年
2055年
2074年
2039年
2056年
2075年
2040年
2057年
2076年

 

 

女性厄年早見表

 

女性

 

生まれ年(西暦) 前厄 本厄 後厄
1955年生まれ 2014年 2015年 2016年
1956年生まれ 2015年 2016年 2017年
1957年生まれ 2016年 2017年 2018年
1958年生まれ 2017年 2018年 2019年
1959年生まれ 2018年 2019年 2020年
1960年生まれ 2019年 2020年 2021年
1961年生まれ 2020年 2021年 2022年
1962年生まれ 2021年 2022年 2023年
1963年生まれ 2022年 2023年 2024年
1964年生まれ 2023年 2024年 2025年
1965年生まれ 2024年 2025年 2026年
1966年生まれ 2025年 2026年 2027年
1967年生まれ 2026年 2027年 2028年
1968年生まれ 2027年 2028年 2029年
1969年生まれ 2028年 2029年 2030年
1970年生まれ 2029年 2030年 2031年
1971年生まれ 2030年 2031年 2032年
1972年生まれ 2031年 2032年 2033年
1973年生まれ 2032年 2033年 2034年
1974年生まれ 2033年 2034年 2035年
1975年生まれ 2034年 2035年 2036年
1976年生まれ 2035年 2036年 2037年
1977年生まれ 2036年 2037年 2038年
1978年生まれ 2037年 2014年
2038年
2015年
2039年
1979年生まれ 2014年
2038年
2015年
2039年
2016年
2040年
1980年生まれ 2015年
2039年
2016年
2040年
2017年
2041年
1981年生まれ 2016年
2040年
2017年
2041年
2018年
2042年
1982年生まれ 2017年
2041年
2014年
2018年
2042年
2015年
2019年
2043年
1983年生まれ 2014年
2018年
2042年
2015年
2019年
2043年
2016年
2020年
2044年
1984年生まれ 2015年
2019年
2043年
2016年
2020年
2044年
2017年
2021年
2045年
1985年生まれ 2016年
2020年
2044年
2017年
2021年
2045年
2018年
2022年
2046年
1986年生まれ 2017年
2021年
2045年
2018年
2022年
2046年
2019年
2023年
2047年
1987年生まれ 2018年
2022年
2046年
2019年
2023年
2047年
2020年
2024年
2048年
1988年生まれ 2019年
2023年
2047年
2020年
2024年
2048年
2021年
2025年
2049年
1989年生まれ 2020年
2024年
2048年
2021年
2025年
2049年
2022年
2026年
2050年
1990年生まれ 2021年
2025年
2049年
2022年
2026年
2050年
2023年
2027年
2051年
1991年生まれ 2022年
2026年
2050年
2023年
2027年
2051年
2024年
2028年
2052年
1992年生まれ 2023年
2027年
2051年
2024年
2028年
2052年
2025年
2029年
2053年
1993年生まれ 2024年
2028年
2052年
2025年
2029年
2053年
2026年
2030年
2054年
1994年生まれ 2025年
2029年
2053年
2026年
2030年
2054年
2027年
2031年
2055年
1995年生まれ 2026年
2030年
2054年
2027年
2031年
2055年
2028年
2032年
2056年
1996年生まれ 2027年
2031年
2055年
2014年
2028年
2032年
2056年
2015年
2029年
2033年
2057年
1997年生まれ 2014年
2028年
2032年
2056年
2015年
2029年
2033年
2057年
2016年
2030年
2034年
2058年
1998年生まれ 2015年
2029年
2033年
2057年
2016年
2030年
2034年
2058年
2017年
2031年
2035年
2059年
1999年生まれ 2016年
2030年
2034年
2058年
2017年
2031年
2035年
2059年
2018年
2032年
2036年
2060年
2000年生まれ 2017年
2031年
2035年
2059年
2018年
2032年
2036年
2060年
2019年
2033年
2037年
2061年
2001年生まれ 2018年
2032年
2036年
2060年
2019年
2033年
2037年
2061年
2020年
2034年
2038年
2062年
2002年生まれ 2019年
2033年
2037年
2061年
2020年
2034年
2038年
2062年
2021年
2035年
2039年
2063年
2003年生まれ 2020年
2034年
2038年
2062年
2021年
2035年
2039年
2063年
2022年
2036年
2040年
2064年
2004年生まれ 2021年
2035年
2039年
2063年
2022年
2036年
2040年
2064年
2023年
2037年
2041年
2065年
2005年生まれ 2022年
2036年
2040年
2064年
2023年
2037年
2041年
2065年
2024年
2038年
2042年
2066年
2006年生まれ 2023年
2037年
2041年
2065年
2024年
2038年
2042年
2066年
2025年
2039年
2043年
2067年
2007年生まれ 2024年
2038年
2042年
2066年
2025年
2039年
2043年
2067年
2026年
2040年
2044年
2068年
2008年生まれ 2025年
2039年
2043年
2067年
2026年
2040年
2044年
2068年
2027年
2041年
2045年
2069年
2009年生まれ 2026年
2040年
2044年
2068年
2027年
2041年
2045年
2069年
2028年
2042年
2046年
2070年
2010年生まれ 2027年
2041年
2045年
2069年
2028年
2042年
2046年
2070年
2029年
2043年
2047年
2071年
2011年生まれ 2028年
2042年
2046年
2070年
2029年
2043年
2047年
2071年
2030年
2044年
2048年
2072年
2012年生まれ 2029年
2043年
2047年
2071年
2030年
2044年
2048年
2072年
2031年
2045年
2049年
2073年
2013年生まれ 2030年
2044年
2048年
2072年
2031年
2045年
2049年
2073年
2032年
2046年
2050年
2074年
2014年生まれ 2031年
2045年
2049年
2073年
2032年
2046年
2050年
2074年
2033年
2047年
2051年
2075年
2015年生まれ 2032年
2046年
2050年
2074年
2033年
2047年
2051年
2075年
2034年
2048年
2052年
2076年

 

女性は4回も厄年があるので、前厄・本厄・後厄を考えると
一生のうちに12年間もあります。
(地域や宗教によっては女性の四回目がない場合もあります。)

 

 

 

Sponsored Link

 

 

厄払いの料金

 

厄払いをお願いするときに必要になるのが祈祷料です。

祈祷料は大きなお寺や神社では決まっていることがほとんどで、その料金は,000円から7,000円くらいです。

合同で祈祷するときは3,000円のことが多いです。

厄払いをしてもらうお寺や神社が決まっているのなら、あらかじめ問い合わせておくといいでしょう。

料金が決まっていないお寺や神社では5,000円から7,000円の範囲であれば問題ないでしょう。

祈祷料を支払うときには財布からいきなりお札を出すのではなく、前もって紅白の水引があるのし袋に新札を入れて用意し裏に金額を記載してそれを渡すのがマナーです。

 

      のし袋

 

のし袋の表書きは、お寺の場合は「お布施」、神社の場合には「御初穂料」または「御玉串料」とし、中袋がある場合には中袋の裏面右下に、ない場合はのし袋の裏面右下に金額を書いておきます。

 

まとめ

 

厄払いは厄年ならいつ行ってもいいが、1年間の厄を払うのだから早いほうがいい

厄年は男性は3回、女性は4回あり、前厄・本厄・後厄と3年続く

男性の本厄

  • 25歳・42歳・61歳

女性の本厄

  • 19歳・33歳・37歳・61歳

厄払いの祈祷料はお寺や神社によって決まっていることが多い

決まっていないときは3,000円から7,000円くらいの間で考える

祈祷料はのし袋に入れて(裏に)金額を記載して渡す

 

厄年は体力や気力が落ちやすく、社会的な立場や家庭環境が変化する頃で、大きな災いに遭遇しやすいとされている年です。

科学的な根拠はないものの、平安時代から続いている考えです。

確かに私は25歳のときに胃潰瘍で入院しましたし、父親は60歳のときに胃がんが見つかりました。

厄年のころにトラブルが起きやすいのは不思議ですね。

もし厄年が気にかかるのなら厄払いをしてもらってみてはいかがでしょう?

多少なりとも気分がスッキリするかもしれませんよ。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


コメント

タイトルとURLをコピーしました