バナナの栄養とカロリーはどうなの?


皆さんはちゃんと朝ごはんを食べてますか?

私は朝がどうも苦手で、朝起きてすぐなかなかご飯が食べられません。

 

それで今までは朝食にトーストに甘いジャムを塗ったり

シリアルに牛乳をかけて食べたりしてましたが

ここ数年はバナナに牛乳というスタイルに落ち着いています。

 

 

バナナと牛乳

 

 

 

こんなことを書くと年齢がバレてしまいそうですが

私の小さい頃はバナナは高級品で

病気になったときくらいしか食べられない

今で言うとメロンみたいな存在でしたね。

 

10年ほど前から朝バナナダイエットというものが流行り

病気の時に食べたり、朝にバナナだけ食べるということは

身体に相当いいものだろうと勝手に思い込んで

食べやすいし朝食にするようになりました。

 

でも、食べるものに気をつける年齢になり

バナナと牛乳だけの朝食でいいんだろうか?

心配になってきました。

 

そこでバナナの栄養とカロリーなどについて調べてみました。

 

 

バナナの栄養素

 

バナナはミラクルフルーツと呼ばれているだけあって

栄養価も相当に高いようです。

バナナ100gに含まれる主な栄養素は次のようになっています。

 

栄養素単位含有量
カリウムmg360
マグネシウムmg32
ビタミンB6mg0.38
葉酸μg26
mg0.09
リンmg27
ビタミンB1mg0.05
ビタミンB2mg0.04
ナイアシンmg0.7
ビタミンCmg16
ビタミンEmg0.5
食物繊維1.1

 

 

(参考:http://www.banana.co.jp/basic/element/table.html)

 

中でも他のフルーツと比べて突出しているのがカリウムとマグネシウムです。

 

カリウムは細胞内外液の浸透圧をコントロールしていて

ナトリウムの排泄を促進して血圧降下作用があり

高血圧症や脳血管障害などの予防に効果があるとされています。

 

マグネシウムは体内の酵素の反応に関わっていて

高血圧や脂質異常症の予防に効果があると言われています。

 

 

また、ビタミン類も多く含まれていて

特にビタミンB6の含有量はバナナ1本で

1日の必要量の3分の1も摂ることができます。

 

ビタミンB6はタンパク質や脂質の分解を助け

血圧を下げる効果や月経前症候群やつわり、

妊娠中毒症の緩和に効果が期待できます。

 

貧血を予防する効果のある葉酸とともに

男性はもちろん、女性にとっては

是非とも摂りたい栄養素です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

そして忘れてならないのが自己免疫力増強効果です。

私たちの周りにはたくさんの病原菌が活動していますが

それでも私たちが病気にならないのは自己免疫力があるからです。

 

バナナに含まれる成分が白血球の働きを強め

自己免疫力を高めることで病気になりにくくなる

ということが分かってきました。

 

これはバナナに含まれる各種の栄養素が

バランスよく機能しているからだと考えられています。

 

そういえば私もバナナを朝食に食べ始めてから

一度も風邪をひいたことがないように思いますが

これもバナナのおかげかもしれませんね。

 

 

自己免疫力

 

特に少し古くなって茶色くシュガースポットが出たバナナは

自己免疫力増強効果が強いそうです。

柔らかいバナナが好きは私にとっては好都合です。

 

 

 

バナナのカロリー

 

バナナっていちごやりんごやみかんと比べてもかなり甘いです。

 

「甘いものは太る」というのが一般の認識なので

バナナは高カロリーだと思ってしまいますね。

 

 

バナナ100g当たりのカロリーは86kcalだそうです。

これだけでは多いか少ないか分からないので

他の果物と比べてみると・・・・

 

・みかん  46kcal

・いちご  34kcal

・りんご  54kcal

・メロン  42.1kcal

・パイナップル  50.9kcal

 

確かに他の果物よりかなり多いですね。

でも、他の食べ物と比べてみると

ご飯半杯、6枚切り食パン半分にしかならないそうです。

 

一日のエネルギー補給のスタートとなる朝食には

少なすぎる量に思えます。

明日の朝からはバナナをもう1本増やすことにしますか。

 

 

バナナはダイエットにいいか?

 

10年ほど前から騒がれ始めたバナナダイエット。

朝食の代わりにバナナと水だけにするという

置き換えダイエットの一種です。

 

朝食一食が500kcalだとすると

バナナ2本食べたとして172kcalとなり

300kcal以上のカロリー制限になります。

 

これって普通の人で言えば

ジョギング30分以上に相当するカロリーで

30日間で1kgの減量ができる計算です。

 

「朝バナナダイエットで一ヶ月で2キロ痩せた」

なんて体験談もまんざらではなさそうです。

 

 

私の場合は朝バナナダイエットをやろうと思ったわけではなく

朝はあまり食欲がなくバナナくらいしか食べることができなかったから

結果的に朝バナナダイエットに近いものになってしまいました。

 

厳密に言えば牛乳を飲んでいるので違いますが

それでも朝の摂取カロリーはバナナ2本分程度です。

 

その結果、痩せたのかというと全く痩せていません。

間食もほとんどしないし、適度に運動もしています。

 

痩せようとしてバナナを食べているわけではないからどうってことありませんが

私のように効果が現れない人もいるんだなぁという感じです。

 

 

まとめ

 

・バナナは栄養豊富な果物で、カリウム、マグネシウム、ビタミンB6が特に多い

・バナナは自己免疫力強化の効果も期待できる

・バナナは果物としてはカロリーが多いが、それでもご飯半杯分しかない

・朝バナナダイエットの効果は人さまざま

 

バナナはやはり栄養に富んだ食べ物でした。

腹持ちが良くあまりお腹も空いてこないですから

お昼までなんとか持ちますしね。

 

だけどバナナだけでは摂れない栄養素もたくさんあり

バナナだけたくさん食べていたのでは栄養不良になってしまいます。

 

私は朝はバナナと牛乳だけなので

昼食と夕食は栄養バランスを考え

たくさんの食材を使うようにしています。

 

朝はどうしても食べられないという人は

バナナなら食べられるかもしれませんよ。

試してみてはいかがでしょう?

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ