トランス脂肪酸 マーガリンやバターは食べても大丈夫?


焼きたての食パンにマーガリンを塗った朝食
美味しいですよね~。  

でもここ最近、マーガリンに含まれているトランス脂肪酸
健康被害を及ぼす可能性があり、危険だという話をよく耳にします。

そしてついにアメリカでは2018年6月から使用が原則禁止になります。 
ほとんどのご家庭の冷蔵庫に入っているマーガリンは食べても大丈夫なのか?
また、バターはどうなのか?などのことについて調べてみました。    

 

スポンサーリンク

 

トランス脂肪酸とは

  「トランス脂肪酸って何?」という前に脂肪酸についてみてみましょう。
いわゆるあぶらと言われているものには、常温で液体の
常温では固体のの二つがあり、これをまとめて油脂と呼んでいます。

その油脂を構成する物質のひとつが脂肪酸で、もうひとつがグリセリンです。

そして脂肪酸には

  • 飽和脂肪酸
  • 不飽和脂肪酸

この2種類のものがあります。

 

飽和脂肪酸は肉類や乳製品に多く含まれていて
血中コレステロール値を上げ、脂肪組織にたまりやすいという性質があります。

不飽和脂肪酸は青魚やオリーブオイルなどの植物性の油に多く含まれ
飽和脂肪酸とは逆に血中コレステロール値を下げる働きがあります。
DHAやEPA、リノール酸などが不飽和脂肪酸です。

トランス脂肪酸は不飽和脂肪酸に分類されます。 

不飽和脂肪酸ならいいんじゃないの?と思ってしまいますが
トランス脂肪酸を摂り過ぎると血液中の悪玉コレステロールが増え
冠動脈疾患(動脈硬化や心筋梗塞など)、糖尿病、がんのリスクが大きくなります。  

WHO(世界保健機関)/FAO(国際連合食糧農業機関)のレポートによると トランス脂肪酸の摂取量は全カロリーの1%未満にするよう勧告されています。

(引用:Wikipedia)

そのためトランス脂肪酸の摂取量が多い米国では
2018年6月から使用が原則として禁止されます。

ほかにも流通に一定の規制を設けたり、表示を義務化している国もあります。
日本ではガイドラインはあるものの、特定の規制はなされていません。

 

Sponsored Link

 

マーガリンやバターは食べても大丈夫?

トランス脂肪酸を多く含む食品にマーガリンがあります。
日本では「トランス脂肪酸は欧米では規制されているのに日本は野放し」と
反対運動がインターネットなどで起こっています。  

食品安全委員会が03~07年度国民栄養・健康調査のデータなどを基に推定した結果は 日本人のトランス脂肪酸摂取量の平均値は、男性で総エネルギー摂取量の0.30% 女性で0.33%。WHOの目標値である1%を大きく下回っています。

(引用元:http://wedge.ismedia.jp/articles/-/1932?page=2)

これなら大丈夫じゃないか、と安心してはいけません。
この値はあくまでも平均値ですから
ご自分の食習慣によっては、この値を大きく上回っていることも考えられます。

さらに注意すべきはトランス脂肪酸はマーガリン以外にも含まれているということです。
マーガリンのおよそ2倍ものトランス脂肪酸が含まれているのがショートニングです。
ショートニングはビスケットやクッキーをさっくりと焼きあげるときに使います。

ですからビスケットやクッキーなどを好きな人は要注意ということです。

それならバターはいいの?ということですが
バターも飽和脂肪酸を多く含んでいるので
摂り過ぎると肥満になったりと健康に悪影響が出てきます。

つまり、日本人のトランス脂肪酸摂取量は少ないのだけど
何を食べるにしても、偏った食べ方をしていると健康には良くないということですね。  

 

トランス脂肪酸問題の落とし穴

  「トランス脂肪酸の取り過ぎは身体に悪い」という問題が浮上してから
食品メーカー各社はトランス脂肪酸減少の企業努力を行ってきました。

その結果、製品に含まれるトランス脂肪酸は減りましたが
こんどは飽和脂肪酸が増えるということになってしまいました。

 

  トランス脂肪酸と飽和脂肪酸

(引用元:http://wedge.ismedia.jp/articles/-/1932?page=3)

飽和脂肪酸も摂りすぎれば健康には良くありません。
やはり、私たち消費者は偏った食事の摂り方をしないよう
今一度自身の食生活を見直す必要がありそうですね。  

 

まとめ

 

  • トランス脂肪酸は摂り過ぎると冠動脈疾患や糖尿病、がんのリスクが高まる
  • アメリカではトランス脂肪酸の摂取量が多いので2018年から使用が原則禁止
  • 日本は摂取量が少ないので今のところ規制はない
    (だからといって自分が安全ということではない)
  • トランス脂肪酸はマーガリンとショートニングに多く含まれる
  • バターには飽和脂肪酸が多く含まれている

 

トーストにつきもののマーガリンとバター。
マーガリンにはトランス脂肪酸、バターには飽和脂肪酸という
どちらも摂り過ぎると危険な油脂が含まれています。

いくら好きだとしてもバランスの取れた食べ方をしないといけません。

その点、日本食は優秀ですね。
バターもマーガリンも使われていないんですから。
さすが無形文化遺産に登録されただけのことはありますね。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ