私が部屋の模様替えをするときに気をつけるのは、布団やベッドの位置です。

小さいころに北枕にすると縁起が悪いと言われていたので、寝るときに頭が北のほうを向かないような寝具の配置になるようにしています。

でも、北枕にするとどうして縁起が悪いのでしょうか。

地球には磁気があるので、その関係もあるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

北枕が悪いとされる理由

北枕が縁起が悪いというのは、日本人の仏教観によるもののようです。

仏教の始祖であるお釈迦様は入滅するとき、二本の沙羅双樹の木の間に頭を北、顔を西に向けて横たわり、最後の説法をされました。

そしてそのまま入滅して涅槃(ねはん)に入られました。

 

 

このことから、日本では亡くなった人がお釈迦様と同じように仏となって極楽浄土に行けるよう、頭を北に向けて安置しする風習ができました。

そうなると、「北枕」は「死」を連想させる寝方であり、死を忌み嫌う日本人は北枕は縁起が悪いと考えるようになった、というのが一番の理由です。

 

また、仏教では北は涅槃、つまり煩悩を排して悟りの境地に入ることを象徴する方角であり、神聖な方位とされています。

北は神聖な方位

  ↓

粗略にすると災いが起きる

  ↓

北は災いの元

  ↓

だから北枕は悪いとなった

と、こんな説もあります。

 

いずれにしても、北枕が縁起が悪いというのは日本だけの風習です。

仏教発祥の地であるインドでは頭を北、顔を西に向けて右わきを下にして寝るのが一番いい寝方だとされています(お釈迦様が入滅されたときの寝姿と同じです)。

日本とはまったく逆ですね。

(西は太陽が沈む方角で未来を象徴している方位であり、悟りを意味する象徴の方位でもあります。)

さらに、中国では北枕という言葉さえないそうです。

 

Sponsored Link

 

北枕と磁気

地球には南から北に向かって磁気が働いているのは皆さん知ってますよね。

地磁気があるおかげでコンパスの針は必ず北を指しますし、渡り鳥は地磁気を感じて方向を判断しているということです。

地磁気は地球ができたばかりのかなり早い時期からあったとされていて、地球上に生きている生物はすべて地磁気から何らかの影響を受けていると言われています。

 

 

人の身体の臓器や組織も生体磁気という微弱な磁気を発しています。

頭を北に向けて寝るということは、地磁気の流れに沿って寝るということになるわけで、そのことが生体磁気にいい影響を及ぼし、血行が良くなったり、熟睡できるようになったという人もいます。

永久磁石を皮膚に貼るエレキバンや磁気ネックレスは、磁気を利用して血行を促進し、筋肉のコリをほぐす磁気治療器として販売されています。

こういった点から考えると北枕は縁起が悪いどころか、身体にいいことだと言えそうですね。

もっとも、磁気治療器の効果という面では科学的に十分な根拠はなく、疑似科学の域を出ていません。

また、磁気治療器の磁力の強さは日本における地磁気の強さの2~3千倍もあり、逆に言えば磁気治療器の2~3千分の一の強さしかない地磁気に血行を良くする効果などあるのか?という疑問も出てきます。

ただ、北枕が悪いという言い伝えは地球の磁気とは関係なさそうです。

 

風水的には?

すべてのものは「気」を持っていて、その気を利用して環境を整えて運気を上げようというのが風水です。

そして、枕の向きによってもどんな運気が上がるのかが分かります。

 

東枕

東は太陽が昇ってくる方角です。

従って、東の方位は発展や若さを保つという意味合いを持つ方角と言えます。

やる気を出すには東枕で寝るといいようです。

 

西枕

西は太陽が沈む方向です。

東とは逆に落ち着き、冷静、休息といった静かな運気を持つ方角です。

心身をゆっくり休めたいときには最適な枕の位置です。

 

南枕

風水的に南の方角は「火」の気を持つ方角です。

情熱的であり、才能運や直感が冴える方位と言われます。

ただ、気の流れは北から南に流れていて、南枕は体の向きがその逆になるためにあまりいい枕の位置とはされていません。

 

北枕

南枕と逆に、北枕は気の流れと同じ向きで寝ることになるので、気を自然に吸収できるいい枕の位置ということになります。

また、風水的に北は「水」の気を持っていて、頭を冷やす効果があるとされています。

頭を冷やして足を温める頭寒足熱は健康の秘訣であり、北枕で寝ることによって健康運を上げることができます。

 

こうして見てくると、風水的に気をつけなければいけない枕の向きは南枕だけということになります。

北枕は縁起が悪いどころか最も適した頭の方角になり、健康運をアップする枕の向きとされているんです。

 

終わりに

北枕は縁起が悪いという言い伝えは、日本独自の間違った解釈による風習ではないかと思います。

お釈迦様は亡くなる少し前に説法するために訪れたパーリというところで、チュンダという人から食べ物のお布施をいただきました。

その食べ物のなかのキノコにあたり、それが亡くなる原因となりました。

そのときお釈迦様が北に頭を向けて横になったのは、体調の回復を願ったからなのではないのでしょうか。

また、顔を西に向けたのは、身体をゆっくり休めるためだったのではないのでしょうか。

そして、お釈迦様はこのときだけではなく、常日頃から頭を北にして寝ていたのではないでしょうか。

こうして考えると、お釈迦様と同じ向きで寝ることは、とても縁起が良い寝方だと思うのですがいかがでしょうか。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。