ビフィズス菌と乳酸菌の違い!積極的に摂取すべきなのはどっち?


美容や健康に良いとされ、最近ではスーパーでの売り場も広くなっているのがヨーグルトです。

初めてヨーグルトを購入する人はどのヨーグルトがいいのか迷ってしまうほどたくさんの種類がありますね。

そして、ヨーグルトを作るのに欠かせない乳酸菌が身体に良いということを知っている方も多いことでしょう。

ところで、売られているヨーグルトのなかには乳酸菌のほかにビフィズス菌が含まれているものもあります。

健康効果が高いとされているビフィズス菌と乳酸菌なんですけど、両者にはどのような違いがあるのでしょうか。

また、摂取するとしたらどちらを積極的に摂ったほうがいいんでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

ビフィズス菌と乳酸菌の違い

ビフィズス菌も乳酸菌もどちらも腸内に生息している善玉菌で、腸内フローラのバランスを保つ働きをしています。

(参考:腸内フローラって何?ダイエットや肥満に関係はあるの?

同じような健康効果を持っているので、ビフィズス菌も乳酸菌も同じようなものと思われがちですが、性質も生物学的に言っても両者は違います。

 

ビフィズス菌とは?

  • ビフィドバクテリウム属に属する細菌の総称
  • ビフィズス菌の種類は現在確認されているだけでは32種類
  • ヒトの腸内の善玉菌の99%以上を占める
  • ヒトの体内に棲むビフィズス菌の総数は1兆~10兆
  • 酸素のあるところでは生息できない
  • 乳酸や酢酸を作り出す

 

乳酸菌とは

  • 糖を分解して乳酸を作り出す微生物
  • 乳酸菌の種類は250種以上
  • ヒトの腸内の善玉菌の1%未満しかない
  • ヒトの腸内に棲む乳酸菌の総数は1億~1000億
  • 酸素のあるところでも生息できる
  • 酢酸は作り出さない

 

腸内の乳酸菌の数はビフィズス菌よりはるかに少ないんですが(少ないと言っても億単位)、乳酸菌には美容効果やダイエット効果などいろんな効果があり、さらにビフィズス菌が生息しやすい環境を維持するという働きも担っています。

乳酸菌が作り出す主なものは乳酸なのですが、ビフィズス菌はそのほかにも酢酸を作り出します。

酢酸には強い殺菌作用があり、その殺菌力で腸内の悪玉菌を退治して腸内環境を整えてくれ、そのことによりアレルギー症状の改善や、発がん性物質を分解してがんの発症を抑制する効果があると言われています。

乳酸菌には代謝物(作り出すもの)の半分以上が乳酸であるという定義がありますが、ビフィズス菌は乳酸よりも酢酸を多く作り出しているため、この点からも乳酸菌とビフィズス菌は違うと言えます。

 

Sponsored Link

 

積極的に摂取すべきなのはどっち?

ビフィズス菌も乳酸菌も腸内環境を整えてくれるという点では同じような働きをしているんですが、腸内では圧倒的にビフィズス菌のほうが多く生息しています。

そして、どちらもその寿命は長くて一週間と、ずっと腸内で生き続けているわけではなく、ストレスや加齢によっても減少してしまいます。

それなら数の少ない乳酸菌を摂るほうが大切、と思うかもしれませんが摂りやすさということを考えると実はそうでもないんです。

 

乳酸菌を含む食品

発酵食品と呼ばれているものの中に乳酸菌を多く含むものがあります。

  • 味噌
  • 醤油
  • 納豆
  • 塩辛
  • 日本酒
  • ぬか漬け
  • キムチ
  • 赤かぶ漬け
  • すんき漬け
  • ナチュラルチーズ
  • 発酵バター
  • 乳酸菌飲料
  • ヨーグルト   

などなど、種類は違うものの多くの食品のなかで乳酸菌は生きていますので、特に意識していなくても乳酸菌は摂れていることが多いと言えます。

 

ビフィズス菌を含む食品

乳酸菌を含む食品が多くあるのに対し、酸素に弱いためにビフィズス菌を含む食品は今のところヨーグルトと一部の乳飲料しかありません。

ヨーグルトもすべてのヨーグルトにビフィズス菌が含まれているというわけではなくて、「ビフィズス菌入り」と記載されているものにしか含まれていません。(乳飲料も同じです。)

普通のヨーグルトの多くはサーモフィラス菌とブルガリア菌という乳酸菌を使って発酵させていますが、ビフィズス菌入りヨーグルトはこのほかにもビフィズス菌を加えて発酵させています。

従ってビフィズス菌入りヨーグルトを食べれば乳酸菌もビフィズス菌も同時に摂取できるということになります。

但し、ビフィズス菌の性質により摂取する際に注意しなければならないこともあります。

 

酸素に弱い

ビフィズス菌は酸素のあるところでは生きられないので、ヨーグルトを食べるときには酸素に触れさせないためにかき混ぜないで食べるようにします。

酸に弱い

ビフィズス菌は酸(胃酸)にも弱いので、ヨーグルトは胃酸が薄まっている食後に食べるほうがベターです

(酸に強いビフィズス菌もあります)

 

ビフィズス菌や乳酸菌を直接摂取することをプロバイオティクスと言いますが、健康な腸内環境を維持するにはそれだけでなく、ビフィズス菌や乳酸菌を活性化させて増殖させる難消化性のオリゴ糖や食物繊維などのプレバイオティクスを摂ることも大切です。

 

まとめ

 

◎ビフィズス菌と乳酸菌の違い

 ビフィズス菌

  • ヒトの腸内の善玉菌の99%以上を占める
  • 酸素のあるところでは生きられない
  • 殺菌効果の強い酢酸を作り出す

 乳酸菌

  • ヒトの腸内の善玉菌の1%以下しかない
  • 酸素のあるところでも生きられる
  • 酢酸は作り出さない

◎ビフィズス菌を含む食品はヨーグルトと一部の乳飲料のみ

◎ビフィズス菌入りのヨーグルトを食べれば乳酸菌もビフィズス菌も同時に摂取できる

 

ビフィズス菌にもビフィダム菌やロンガム菌など現在のところ5種類のものが確認されていますが、どのビフィズス菌が自分に合うのかは摂取してみなければ分かりません。

とりあえず同じビフィズス菌入りのヨーグルトか乳飲料を二週間続けて摂取してみて自分の身体との相性を確かめるといいでしょう。

ビフィズス菌は寿命が短いですので、毎日継続して摂取することも大切です。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ