おならを我慢しすぎるとどうなる?音を消すには?


「出物腫れ物所嫌わず」と言いますが、おならはいつの時代も嫌われ者。

臭いが強烈だったらなおさらで、回りに人がいるところでは「何としても我慢しなくては」と思いますね。

おならって食べ物のカスが大腸で分解されるときに出るガスだと思ってましたが、実はその70%が飲み込んでしまった空気なんだそうですよ。

(参考→おならが止まらなかったり臭いのは病気?改善するには?

だから空気を飲み込まないようにするのがおならを防ぐ方法のひとつなんですけど、完全に止めることはできません。

だけど、おならを何度も我慢しているとお腹が張ってきたりしませんか?

 

スポンサーリンク

 

おならを我慢しすぎるとどうなるんでしょうか?

また、おならでも音がしないと分かっていれば我慢しないですよね。

おならの音を消す方法ってあるんでしょうか?

 

おならを我慢するとどうなる?

おならは人体にとって不要なものなので、それを排出するように身体のメカニズムができているわけです。

不要なものを身体に溜め込んでもいいことはなく、いろんな弊害が起きてきます。

便秘

おならを我慢していると腸内にガスが溜まり、それが腸を圧迫して便秘の原因になります。

腸内に便が溜まったままになると悪玉菌が優勢になって有害物質やガスが発生しやすくなり、それが腸壁から血液中に溶け出して全身に巡り、肌荒れにもつながります。

 

大腸がん

便秘によって腸内環境のバランスが崩れて悪玉菌が増えると、悪玉菌が発がん性物質を生み出して大腸がんの危険性が大きくなります。

 

口息が臭くなる

行き場を失って腸壁から吸収されて血液中に溶け込んだガスは肺にも届きます。

そして呼吸するたびにそのガスが口から出てくるため、息が臭くなります。

 

体臭がキツくなる

血液中に溶け込んだガスは皮膚からも放出されるため、体臭がキツくなることもあります。

 

腹痛

腸内に溜まったおならは周りの臓器も圧迫します。

そのために肝臓や膵臓が痛くなることも!

 

肝機能障害

肝臓の主な働きは、「糖やタンパク質などの代謝」「有害物質の解毒」「胆汁の生成」の三つです。

おならを我慢し続けていると、有害物質が発生して血液中に入って肝臓にも届き、解毒という肝臓の負担を増やし、その結果として肝臓の機能が低下することもあります。

 

アレルギー性疾患

アレルギーは免疫機能の不調によって起きると考えられていて、免疫機能に大きく関わっているのが腸内環境です。

おならを我慢することで有害なガスが腸内に溜まって腸内環境が悪化して悪玉菌が増え、免疫機能に異常をきたします。

 

過敏性腸症候群

腸内に溜まったガスが直接的に神経を刺激し、過敏性腸症候群を引き起こすこともあります。

自覚症状としては腹痛や腹部の違和感などがあります。

 

婦人病

おならを我慢し続けて便秘になってしまうと、代謝機能が低下して冷え性になってしまうこともあり、冷え性になると自律神経が乱れて月経不順や生理痛など、女性に特有の婦人病を引き起こすおそれがあります。

女性は人前でおならなんて絶対にしたくないので我慢してしまいますが、どこかでガス抜きをしないと深刻な状況に陥りかねませんよ。

 

一度や二度おならを我慢するくらいでは深刻な事態になることはありませんが、イモ類や肉類、乳製品などおならが出やすいものを食べたあとには気をつけなければいけませんね。

 

Sponsored Link

 

おならの音を消すには?

生理現象だからどうしようもないじゃないか、と思っていてもおならは世界中どこでもマナー違反とされているようです。

(欧米ではゲップのほうがより酷いとされているようですが。)

だけど、誰がおならをしたか分からなければへっちゃらで、それにはすかしっぺのように音を出さずにおならをすればいいんです。

そのためにはどうすればいいかという前に、おならで音がするのはどうしてなのかを説明しましょう。

おならで音がする理由

おならの音は振動音です。

例えば、唇を思い切り閉じてその状態で息を外に出そうとするとブッと音がしますね。

これは息が出る時に唇が振動するために出る音で、同じことがおならをするときにも起きているわけです。

力を入れずに唇を閉じていれば息を出しても音はしませんので、おならのときもそうすれば音は出ません。

 

おならの音を消す方法

1.お尻の穴を広げる

両手でお尻の穴を左右に広げてやると、力を入れなくてもおならが出るので音のしないおならが出ます。

 

だけど、ほかの人がいるところでそんなことをしていれば怪しまれてしまいますね。

トイレの個室に入ることができるときだけに使える手です。

 

2.座ってやる

上のことを座って行えばそれほど怪しまれずに音のしないおならを出すことができます。

  1. 左右どちらかのお尻に体重をかける
  2. 体重をかけたお尻はそのままに、反対のお尻をさらに反対に持っていく

たったこれだけでお尻の穴が広がり、おならがスーッと出ていきます。

床に座っても、椅子に座ってもできます。

コツをつかむまでに少し時間がかかるかもしれませんが、あくまでも座り直すようなふりをしないと怪しまれますよ。

 

終わりに

食べ物のせいなのか「今日はやけにおならが出るなぁ」って感じることってありますね。

でも、おならの音を聞かれるのはとても恥ずかしいもので、しようとしているおならが音付きなのかそうでないのかは出してみるまでわかりません。

男性の私でもそうですから女性の方はなおさらで、仕事中の音付きのおならなんて考えられないでしょう。

だけど、おならを我慢することは身体に良くありません。

おならが出そうになったときのために、今回ご紹介した方法を試して慣れておきましょう。

 

最近ではおならの音を消すパンツやクッションも販売されているので、それを利用するのもいいかもしれませんね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ