清水みなと祭り2017海上花火大会!駐車場や場所取りの穴場は?


太平洋戦争で被害を受けた街の復興と清水港の再開を願って始まった清水みなと祭りも、今回でめでたく70回目を迎えることとなりました。

そのお祭りのフィナーレを飾るのが清水みなと祭り海上花火大会です。

今年はブルーインパルスの展示飛行も決定していて、さらに人気が出ると予想されます。

(参考→清水みなと祭り2017!ブルーインパルスはいつ、どこで?

今回は清水みなと祭り2017海上花火大会の日程などの開催情報や、駐車場、花火観覧の場所取りの穴場などの情報をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

清水みなと祭り2017海上花火大会開催情報

 

  • 開催日時:2017年8月6日(日)19:30~20:30(小雨決行・荒天中止・延期なし)
  • 打上場所:清水港日の出埠頭海上(静岡市清水区)
  • 打上数:約1万発
  • 観客数:約30万人
  • 問合せ先:清水みなと祭り実行委員会
  • 電話:054-354-2189

 

 

 

打ち上げ場所が海上なので見るのを遮るものがなく、息つく暇もなく打ち上げられる1万発の花火は迫力たっぷりで、観客数が多いのもうなずけます。

 

駐車場は?

清水みなと祭り海上花火大会では臨時駐車場は用意されません。

また、打ち上げ当日午前9時から日の出埠頭は車両通行止めになりますので、アクセスには公共交通機関の利用をおすすめします。

(電車を利用する場合の最寄り駅は静岡鉄道清水線の新清水駅で、会場までは徒歩で16分ほどです。新清水駅からバスを利用する場合には、静鉄バス三保山の手線「東海大学三保水族館/三保灯台」行きに乗車、「波止場」バス停で下車すぐです。)

どうしても車で、という方は周辺の有料駐車場を利用することになりますが、収容台数はそんなに多くはありません。

(新清水駅周辺の駐車場はコチラ

(新清水駅の隣の入江岡駅周辺の駐車場はコチラ

 

穴場の駐車場は?

静岡市清水区にあるエスパルスドリームプラザは映画館やゲームセンターなどがある複合商業施設で、ここには1,600台分の駐車場があります(契約駐車場含む)。

 

 

それに花火の打ち上げ場所からも近く、観覧場所としても最適です。

混雑が予想されますので早めに到着するように出かけることが必要ですが、複合商業施設なので映画を見たり、食事をしたり、ショッピングを楽しんだりして過ごすことができます。

駐車料金は1時間は無料で、エスパルスドリームプラザ館内の利用料金によって最大6時間は無料になります。(基本料金は1時間200円です。)

 

Sponsored Link

 

場所取りはどこで?

海上花火大会を間近で見られるのが日の出埠頭エプロン席です。

一般観覧席から見物することになるわけですが(スポンサー席もあり)、入場整理があり早い時間から場所取りが始まります。

午前中から現地で並んでないと入場は難しいかもしれません。

 

場所取りの穴場は?

◆エスパルスドリームプラザ

上でもご紹介したエスパルスドリームプラザは打ち上げ場所から近く、迫力ある音を楽しめます。

車で行くなら早めに出かけましょう。

 

◆清水日本平運動公園

Jリーグの清水エスパルスのホームグラウンドであるIAIスタジアム日本平を含む総合運動公園で、花火の打ち上げ場所からは2キロほど離れていますが、駐車場も110台分あって食事の持ち込みもOKなのでのんびり見たいと言う人にはおすすめ。

車で行く場合には東名高速道路・清水ICより約20分。

バスで行く場合にはJR清水駅からしずてつジャストライン・山原梅蔭寺線に乗車、「日本平運動公園入口」で下車。徒歩約10分です。

 

 

◆美保海水浴場(三保内浜海水浴場)

こちらも花火の打ち上げ場所からは2キロほど離れていますが、海水浴場なので場所が広くそれほど混雑しません。

混雑が嫌いな人向けです。

 

 

しずてつジャストライン・三保山の手線のエスパルス練習場入口水上バスのりばで下車、徒歩約3分です。

 

◆日本平東展望台

観光地として名高い日本平には東展望台と吟望台という二つの展望スポットがあります。

駐車場も多数あり、夜間なら駐車場から近い東展望台がおすすめです。

遠景となりますが、清水港の夜景と花火を一緒に楽しむことができます。

 

 

車なら東名高速道路・静岡ICまたは清水ICより約25分です。

バスならJR静岡駅からしずてつジャストライン・日本平線に乗車、日本平で下車すぐ。

日本平ロープウェイの日本平駅からもすぐ近くです。

近くにある日本平デジタルタワーも穴場スポットですよ。

 

終わりに

清水みなと祭りは大変人気が出てきたお祭りで、今年はブルーインパルスの展示飛行もあるとあって多くの人が会場に訪れるでしょう。

それだけに花火見物の場所取りには早くから行くことが必要になります。

一年で一番暑い時期の開催なので、暑さ対策は万全にして熱中症などにならないよう気をつけましょう。

かと言って、水分を取りすぎると今度はトイレの心配をしなければいけなくなるので、利尿作用のあるカフェインの入った飲み物はできるだけ避けましょう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ