青春18きっぷの使い方や値段!注意すべき点は?


みなさんは青春18きっぷというチケットをご存知ですか?

私は名称は知っていたんですけど、「若い人が使える乗り放題の切符」くらいの認識しかありませんでした。

ところが先日友人が「青春18きっぷをたまに使っている。便利でいいよ」と話してくれたとき、「若くなくてもいいの?」と思って興味を覚えていろいろ聞きましたが、青春18きっぷには細かいルールがあるようです。

今回は上手に使えば大変にお得になる青春18きっぷについてまとめました。

 

スポンサーリンク

 

青春18きっぷの使い方と値段

使い方

青春18きっぷはJRの普通列車(快速を含む)なら一日乗り放題のチケットが5回分セットになっている回数券で、若い人だけではなくて誰でも購入、利用ができます。

回数券なので一人で5回使う、二人で2回ずつ使う、五人で1回ずつ使うということもできます。

使い方はいたって簡単で、最初に乗る電車の駅の駅員さんに日付スタンプを押してもらうだけで、あとは改札で青春18きっぷを提示すればその日付の一日は普通列車乗り放題です。

スタンプを押す場所が5カ所あるので乗り放題を5日間楽しめるというわけです。

(自動改札機は使えません。間違って自動改札機に入れてしまうと機械トラブルにもなりかねないので気をつけましょうね。)

無人駅から乗車した場合は電車内で車掌さんに日付を入れてもらいます。

 

値段

青春18きっぷの値段は5回分が1セットで11,850円(消費税8%込み)で、JRのみどりの窓口と指定席券売機で購入することができます。

1回当たりにすると2,370円ということになります。

本州のJRの運賃を調べてみると、121キロから140キロまでは2,270円で、141キロから160キロまでが2,590円となっているので、1日で電車に141キロ以上乗れば元はとれることになりますね。

 

発売期間と利用期間

青春18きっぷは通年発売されているわけではなく、その名前の通りに若い学生さんが春季、夏季、冬季の長い休みにJR各社を利用して旅行してもらおうと企画されたチケットです。

そのために発売期間と利用期間がその休暇期間に合わせて設定されています。

    発売期間(平成29年)  利用期間(平成29年)

春季  2月20日~3月31日  3月1日~4月10日

夏季  7月1日~8月31日   7月20日~9月10日

冬季  12月1日~12月31日 12月10日~翌年1月10日

 

子供料金は設定されていませんので小学生以下でも料金は同じです。

 

 

青春18きっぷの一日とは?

青春18きっぷは一枚で一日JRの普通電車が乗り放題なんですが、その一日っていつからいつまでなんでしょう?

通常、一日は0:00から24:00までなんですけど、青春18きっぷも同じで24:00を過ぎたら一日ではなくなります。

ですから、青春18きっぷを利用するなら早い時間の電車に乗ったほうがいいですね。

但し、乗車中に24:00を過ぎてしまったら過ぎた時点の次の駅までは有効です。

また、東京近郊と大阪近郊は終電まで有効です。

 

Sponsored Link

 

注意しなければいけないこと

青春18きっぷにはいろいろ細かい取り決めがあり、普通の乗車券と違う扱いになることもあります。

 

特急・急行の普通乗車券にはなりません

特急(新幹線を含む)や急行を利用する場合には、普通乗車券を持っていれば特急券や急行券を買い足せば乗車できますが、青春18きっぷを持っていても別に普通乗車券を購入しなければなりません。

グリーン車に乗車する場合も同じなのですが、普通・快速のグリーン車自由席に限りグリーン券だけを購入すればOKです。

ちょっとややこしいですね。

 

例外的に特急券なしで特急列車の自由席を利用できる特例区間もあります。(青春18きっぷでなくても適用)

  • JR北海道・石勝線:新夕張~新得
  • JR東日本・奥羽本線:青森~新青森
  • JR九州・宮崎空港線:宮崎~宮崎空港

この特例は上記の区間内で乗降した場合のみ有効で、この区間を1駅でもはみ出して利用した場合には全乗車区間分の特急券と乗車券が必要になります。

 

払い戻し

青春18きっぷは利用期間内で未使用の場合に限り、手数料220円を支払って払い戻しをしてもらえます。

1回でも使用していたら払い戻しは受けられません。

ですから、青春18きっぷはきちんと計画を立てて利用するようにしないとかえって割高になってしまうこともあります。

 

また、天候不順や不慮の事故などで列車が遅延、運行中止になったとしても払い戻しや有効期間の延長は認められません。

おトクな分だけこの点はしょうがないといったところでしょうか。

 

列車以外でも利用できる

JRは多角的にいろんな業種に経営参加していますが、青春18きっぷを持っていればそれらの企業のサービスを受けることもできます。

 

宮島連絡船

宮島連絡船はJR西日本の子会社であるJR西日本宮島フェリーが運営する、宮島口駅と宮島駅を結ぶ距離わずか1キロの鉄道連絡船で、青春18きっぷを提示すれば乗船料が無料になります。

宮島口駅は世界遺産である厳島神社の最寄り駅です。

 

 

気仙沼線・大船渡線BRT(バス高速輸送システム)

東日本大震災で甚大な被害を受けた気仙沼線と大船渡線の輸送をカバーするために運行されるようになったBRT(バス・ラピッド・トランジット)で、JR東日本が運営しているバス路線です。

青春18きっぷはこのBRTの運賃も無料になります。

 

JRホテルの割引

全国に65あるJRホテルグループのホテルを自身で予約し、チェックインの際に青春18きっぷを提示すると宿泊料金の割引などの特典を受けられます。(例外あり)

JRホテルグループのホテルは駅に近いところが多く、JRを利用した旅行にはもってこいの立地です。

早朝の列車に乗車するときも便利ですね。

■JRホテルグループ予約センター TEL:03-5391-6916(9:30~18:00 土・日・祭日・年末年始は休業)

 

まとめ

 

青春18きっぷ

  • 使い方:最初に乗る駅で駅員さんにスタンプを押してもらう(無人駅だったら列車の車掌さんに)
  • 値段:一日乗り放題が5回分利用可能で11,850円(消費税込み)
  • 発売期間と利用期間あり
  • 特急や急行は別途乗車券が必要(例外あり)
  • 列車以外でもサービスあり

 

青春18きっぷはとてもおトクなチケットです。

特急や急行は使えませんが、その分のんびりと旅行したいという人にはピッタリです。

春季と夏季は使用期間が1ヶ月以上ありますから、休みの少ない社会人でも一人で何とか使いきれそうです。

もし使い切れなくても金券ショップでそこそこの値段で買い取ってもらえますしね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ