休肝日は必要か?その根拠や意義は?


私は強くはないもののお酒を飲むのが好きで、寒いときはは赤ワインや日本酒、暑くなるとビールやいわゆる第三のビールと呼ばれているものをほぼ毎日晩酌で飲んでいます。

ほろ酔い気分でテレビを見ながらウトウトするのは本当に気持ちいいですよね~。

(あらすじが分からなくなってしまうこともありますが。)

でも、しばらく前から「休肝日を週二日設けましょう」とさかんに言われだしてちょっと気になってました。

「酒は百薬の長」とも言いますから、そんなに良いものなら何故毎日飲んだらいけないのでしょうか?

休肝日は本当に必要なんでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

休肝日が必要な根拠

私達の内臓は生まれてから死ぬまで24時間ずっと働き続けてくれていて、肝臓が休む日などないんです。

ありがたいことですね。

肝臓の働きは大きく分けると代謝、解毒、胆汁の生成の三つで、お酒を飲んだときに肝臓で行われるアルコールの分解はこのうちの解毒作用です。

休肝日という用語を広めたのは厚生労働省で、その根拠となったのが一週間に摂取する総アルコール量と飲酒の頻度における死亡率との関係です。

国立がんセンターが4万2千人を対象として行った調査によると、一週間に300g以上のエタノール(エチルアルコール。お酒に含まれているアルコールです。)を摂取していて、休肝日を設けていない(週に5~7日飲む)男性は死亡率が高かったという結果が出たそうです。

その死亡率は一週間に300~449gのエタノールを摂取する男性では、休肝日なしの場合には週に1~2日飲酒する場合に比べて1.5倍、週に450g以上のエタノールを摂取する場合には1.8倍も高くなったとのことです。

対象人数が4万2千人、そのうち飲酒習慣がある人が3万2千人もいたのでこの数値は信頼できるものです。

一週間に300g以上のエタノールを休肝日なしで摂取すると肝臓の負担が増え、その結果として脂肪肝や肝炎などになりやすくなって死亡率が高くなるため、休肝日が必要になるということですね。

 

 

 

でも、一週間に300gのエタノールを摂取するということは、毎日同じ量を飲んだとすると1日では43gになるわけですが、この量はどれくらいのお酒に相当するんでしょうか?

アルコール飲料に含まれているおよそのエタノールの量は

  • ビール大瓶1本:25g
  • ビール中瓶1本:20g
  • 缶ビール(350ml缶):14g
  • 缶ビール(500ml缶):20g
  • 日本酒1合:20g
  • 15度のワイン(グラス1杯・125cc):14g
  • ダブルのウイスキー:19g

となっていますので、1日に43gのエタノールを摂取するには

  • ビールなら大瓶と中瓶または500ml缶を1本ずつ
  • 350mlの缶ビールなら3本
  • 日本酒なら2合
  • ワインなら3杯
  • ダブルのウイスキーなら2杯

のお酒を飲むということになり、それ以下なら死亡率は高くならないということです。

(女性の場合には男性よりも肝臓が小さいなどのためこれよりも少なくなります。)

私のようにワインや日本酒ならグラス1杯、缶ビールにしても350mlのものを1本飲んでいるだけなら休肝日は必要ないということになりますね。

良かったぁ~。

 

Sponsored Link

 

休肝日についての誤解

言葉が独り歩きしてしまって、休肝日は「お酒を飲まない日を設ければ良い」とだけ理解している人が多いみたいです。

休肝日というのはあくまでも

  1. 適量以上の飲酒をする人
  2. 毎日飲酒している人

この二つのどちらにも当てはまる人の総飲酒量を下げるために提唱されていることで、適量の飲酒を守れない人のために「それなら飲む日数を減らしましょう」というのが休肝日の趣旨です。

適量以下の飲酒に抑えている人に休肝日は必要ありません。

「休肝日は総飲酒量を減らすためのもの」ということを理解することが必要なんですね。

また、休肝日を取ったからと言って次の日にガバガバと飲んでしまえば元も子もありません。

そんなことをすれば急性アルコール中毒になりかねませんし、肝臓のアルコール分解の処理能力を超えてしまい、肝臓だけでなくて身体中の臓器が障害を受けてしまいます。

 

それに、肝臓の負担となるのはアルコールだけではありません。

食べ過ぎによるカロリー過多も中性脂肪が肝臓に貯まる原因となり、さらに脂肪肝へと進行しかねません。

休肝日で口が寂しいからと食べ過ぎてしまうのは禁物です。

 

アルコール飲料はけっこうなカロリーがあり、グラス2杯のワインは1杯のご飯とほぼ同じのカロリーがあります。

350mlの缶ビールはそれより少し少ないのですけど、お酒を飲んでいるときには総摂取カロリーのことも考えなければいけませんね。

 

終わりに

赤ワインに含まれているポリフェノールの一種であるレスベラトロールには内臓脂肪の抑制や老化防止、がんの抑制に良いということを聞いてから赤ワインを飲むようになりました。

フランス人には心臓病の人が少ないとも言いますしね。

また、日本酒やビールには美容効果があるとされています。

そして、何と言ってもお酒を飲む最大の目的は、お酒を飲んで嫌なことを忘れるというストレス解消のためではないでしょうか。

しかしこれはあくまでも適量内でのこと。

適量がどれくらいかと言うと、ほろ酔い気分程度のアルコールの量です。

「酒は百薬の長」という格言は「適量の酒は百薬の長」というふうに直したほうがいいですね。

 

なお、これまで書いてきたことは私の主観によるところもあり、アルコールの感受性は個人によってだいぶ違いますので、休肝日が必要かどうかはご自分の体調やお酒に対する強さなどを考慮してくださいね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ