県祭り2017の日程!真夜中だけど屋台はいつまで?


以前に東京・府中市の大國魂神社の例大祭であるくらやみ祭りのことをご紹介しましたが、同じように真夜中に渡御が行われるお祭りが京都の宇治市でもあります。

(参考:くらやみ祭り2017!日程や見どころ、交通規制は?

それは世界遺産として有名な平等院のすぐ近くにある県(あがた)神社で行われる県祭りです。

暗闇の中で神事が行われるのは、「神の姿を人が見るのは畏れ多い」ということで真っ暗な中で行われているわけで、薄暗いなかで御神体を梵天御輿と呼ばれる特異な御輿に移し、男衆が明かりを落として真っ暗な氏子町内を練り歩きます。

今回は県祭り2017の開催情報や、屋台はいつまで開いているのか、交通規制はあるのか、などの情報をお届けします。

 

スポンサーリンク

 

県祭り2017 開催情報

 

  • 開催日時:2017年6月5日(月)午後11時ころ~6日(火)午前1:00ころ
  • 開催場所住所:京都府宇治市宇治蓮華72
  • 問合せ先:県神社
  • 電話:0774-21-3014

 

 

 

 

上の動画では「ぶんまわし」と言って、梵天御輿をぐるぐる回したり、右に左に激しく傾けちゃってますが、こんなことして神様は怒らないんでしょうか?

それにしても御輿に乗った神官さんは命がけですね。 

 

屋台はいつまで開いている?

お祭りのお目当てのひとつが屋台ですね。

なかには神事なんてどうでもよく、屋台でのグルメやゲームを楽しみにしている人も大勢います。

子どもたちはほとんどそうでしょうね。

でも、県祭りは真夜中に行われます。屋台はいつ開いているんでしょう?

 

いわゆるテキ屋さんたちが屋台の準備を始めるのは、5日の朝からです。

そして準備が整い次第に順次開店していきますが、県祭りが行われている間じゅう営業するのではなく、午後10時頃にはすべての屋台が営業を終了します。

それは、県祭りが暗闇の中で執り行われるお祭りであるためで、明かりを消さなければいけないからです。

御輿が通る町内の道沿いの家も明かりを落とすんですよ。

ですから、県祭りの屋台が目当てなら午後10時ころまでに行かないといけません。

 

県祭り自体は真夜中に行われるんですけど、屋台の数は500店もあり、10万人もの人が訪れます。

屋台を楽しみたいなら

  • 宇治橋商店街通り
  • 平等院表参道
  • 県通り

ここらへんがいいです。

 

 

交通規制はある?

例年県祭りが行われるときには、宇治駅や黄檗駅の周辺には臨時の交通規制が行われます。

昨年の例ですと、交通規制は6月5日午前10時から6月6日の午前1時までとなっていて、宇治駅前は歩行者専用道路となり、歩行者も右回りの一方通行になっていました。

2017年も同様な規制になると予想されます。

(2016年の臨時交通規制図はコチラ

 

Sponsored Link

 

アクセスはどうする?

県祭りは真夜中に執り行われます。

公共の案内では「大変に混雑しますので、ご来場は公共交通機関を利用してください」などとありますが、県祭りが終わる頃には電車はありません。

「屋台がメインで御輿は見なくていい」という人は屋台が店じまいするころに電車で帰れますが、梵天御輿を見たい人はどうしても車でのアクセスになるでしょう。

(県神社に一番近いインターチェンジは京滋バイパス・宇治東ICで、そこから府道7号線→府道3号線経由で6分ほどです。)

その場合に県神社には駐車場はありませんので、近くの駐車場に停めることになります。

(県神社・宇治駅近くの駐車場はコチラ

 

県神社に一番近くて収容台数が多い駐車場は宇治駐車場ですが、駐車場を利用するときに気をつけなければいけないのが、屋台と交通規制です。

屋台が並んだり、交通規制が敷かれる道路沿いにある駐車場が多いため、利用するなら早朝に入る必要がありますので注意してくださいね。

 

終わりに

県祭りは真夜中に行われ、車で行くときには朝早くに行かなければいけませんので、時間を持て余しそうですね。

でも県神社のすぐ近くには世界遺産の平等院があります。

平等院の庭園は午前8時半の開門で、平等院ミュージアムも午前9時に開館です。

鳳凰堂の内部も午前9時10分から拝観できます。

県祭りを見物に行くときには、ちょっとだけ足を伸ばして3年前に大改修を終えたばかりの平等院も拝観してはいかがでしょうか?

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ