ネトウヨとは何? 在特会と関係あるの?


 

竹島問題で韓国が領土権を主張したり

政府閣僚の靖国神社参拝に韓国が反発したときに

話題になるのがネトウヨと呼ばれる人たちの発言です。

 

こういった発言は主に韓国に向けたものが多いのですが

在日韓国人への抗議と言って思い出すのが

在特会という存在です。

 

ネトウヨとは一体何なのでしょう?

そして在特会はネトウヨと関係あるんでしょうか。

 

ネトウヨ 喧嘩

 

 

ネトウヨとは?

 

「ネトウヨ」を調べてみると、インターネットの掲示板などで

右翼的、保守的な発言をする人とあり

「ネット」と「右翼」を掛けあわせた造語だとあります。

 

つまりネット上で右翼的、保守的な発言をする人ということです。

しかし、現代の社会で問題になっているネトウヨは

そんな範疇ではくくれない存在であると思います。

 

愛国心をネット上で表現するだけなら

何も問題はありませんが

ネトウヨの発言はもっとずっと過激で攻撃的です。

 

インターネットの掲示板への書き込みは匿名でできることから

その内容はとても差別的で

とても面と向かって人には言えないヘイトスピーチがいっぱいです。

(ヘイトスピーチについてはコチラ

 

さらに問題なのは

その行動がネット上の掲示板への書き込みだけに終わらないことです。

 

差別的なデモを扇動して営業妨害をしたり

海外の機関に大量の迷惑メールを送って

日本のイメージを低下させているのです。

 

もちろん、すべてのネトウヨがそういったことをしているわけではなく

中には純粋な愛国心から、日本と韓国の関係を

有効なものにしたい思いからの書き込みもあります。

 

「ネトウヨ(ネット右翼)」という言葉は最近生まれた俗語であり

これといった明確な定義はないようです。

 

しかし、マスコミでネトウヨが取り上げられるときには

ネット上で韓国や中国の人たちに差別的な発言をし

誹謗中傷している人たちのことを言っているのだと思います。

 

心理学的に、常に他人を攻撃するのは

自分の現状に不満を抱えてていて

そのイライラを外部に発散しているのだと聞いたことがあります。

 

他人を攻撃しても根本的な解決にはならないということを

理解して欲しいものだと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

在特会とネトウヨ

 

在特会は在日特権を許さない市民の会の略称です。

在日韓国人が有していると言う在日特権をなくして

普通の外国人とするよう活動している市民団体です。

 

在日特権がどういうものかはさておき

韓国人を目の敵にするような在特会の活動はかなり過激です。

 

その一例として京都朝鮮学校公園占用抗議事件があります。

これは京都にある児童公園が京都朝鮮第一初級学校に

不法占拠され続けていることに抗議したものです。

 

在特会やチーム関西などの団体に所属する活動家が

京都朝鮮第一初級学校の校門前で街宣活動を行い

「朝鮮学校を日本から叩き出せ」などの差別的発言をしました。

 

この抗議活動に学校側は、街宣活動参加者を

威力業務妨害の容疑で告訴し

在特会などは執行猶予付きの判決を受け

1,200万円余りの賠償命令もうけました。

 

このように在特会は手段の是非は別にしてその主張を堂々と繰り広げています。

 

これに対し、ネトウヨの最大の特徴は匿名であるということだと思います。

「匿名であって責任がないから言いたいことを言う」

これは在特会と大きく違うところでしょう。

 

14,000人余りいるとされる在特会のメンバーの中には

差別的な書き込みをする人もいるかもしれませんが

在特会の活動自体はネトウヨのやり方とは少し違うように感じます。

 

在特会は街宣活動でヘイトスピーチも行い

褒められたものではありませんが

「在特会=ネトウヨ」ではないように思います。

 

 

最後に

 

一つの国の中に違う民族の人が住んでいることは

感情的に難しい問題が生じてきます。

過去に侵略の歴史の当事国の人にとってはなおさらです。

 

しかし、憎みあっても何も解決しません。

アメリカで人種差別撤廃に尽力したキング牧師も

「敵を友人に変える唯一の方法は、憎しみや争いではなく愛である」と言っています。

 

 

 

韓国は一番身近な外国です。

もっと分かり合えないものでしょうか?

 

 

今回の記事はあくまでも私の私見です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ