風邪のウイルスの種類はどれくらい?殺す薬はあるの?


寒くなってくるとインフルエンザが流行します。

夏でも特にお子さんはヘルパンギーナなど夏風邪に気をつけなければならず、また季節の変わり目など気温の急激な変化があったときなども風邪を引きやすいですね。

風邪の原因の90%はウイルスによるものだと言われていますが、そのウイルスって何種類くらいあるんでしょうか?

そして風邪のウイルスに感染したときに有効な薬はあるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

風邪ウイルスの種類

風邪ウイルスとは風邪の原因になるウイルスのことですが、そもそも風邪ってどんな病気なんでしょう?

風邪とは

身体全体が熱っぽく喉も痛くなって、「風邪かな」と思って病院に行くことってよくあります。

でも風邪というのは病名ではなく、正式名称は「普通感冒」や「流行性感冒」、「急性上気道炎」、医学的には「風邪症候群」と呼ばれています。

(流行性感冒はインフルエンザのことですね。)

「上気道炎」とあるように、上気道(鼻から咽頭まで)を好んで住むウイルスによって引き起こされ、その症状は、咳、くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、発熱、喉の痛み、下痢などで、インフルエンザになると症状が重く、筋肉痛や関節痛が起きることもあります。

(参考→インフルエンザと風邪の見分け方!初期症状はどう違う?

 

風邪のウイルスの種類

 

 

風邪のウイルスは200種類以上もあると言われていて、正確な数は分かっていません。

変異して新しいウイルスになることもあり、未知のウイルスもまだまだたくさんいるんでしょうね。

代表的なウイルスを下に挙げておきます。

 

インフルエンザウイルス

これはもうみなさんご存知ですね。

インフルエンザウイルスにはA型、B型、C型の三種類があり、変異を起こして爆発的に感染が広がるのがA型です。

(参考→インフルエンザの型っていくつあるの?その特徴や症状は?

 

RSウイルス

秋から冬にかけて活動が活発になるウイルスです。

2歳までにほぼすべての幼児が感染すると言われていて、鼻水、咳、発熱などの症状が現れます。

症状は軽く済む事が多いのですが、免疫力がない乳児のときに感染すると重症化することもあります。

 

ライノウイルス

鼻風邪を起こす代表的なウイルスで、季節性はあまりありません。

鼻水、鼻詰まり、くしゃみ、頭痛、喉の痛みなどが主な症状で、熱は出たとしてもそれほど高くはなりません。

 

コロナウイルス

こちらも鼻風邪の病原となるウイルスで、慢性気管支炎の原因にもなります。

少し前に話題となったSARSやMARSもコロナウイルスの変異型です。

 

エンテロウイルス

腸管内で増殖するウイルスで、感染しても症状が出ないこともあります。

子供が感染すると夏風邪のヘルパンギーナを発症することがあります。

 

エコーウイルス

エンテロウイルスの一種で、こちらも感染しても症状が出ないことが多いウイルスです。

子供が感染すると、頬に発疹ができるのが特徴です。

 

コクサッキーウイルス

腸管系ウイルスで、A群・24型とB群・6型に分けられる。

子供が感染しやすく、感染初期は喉の痛みや発熱を伴うことが多く、食欲不振、全身倦怠などの全身症状が現れることもあります。

 

アデノウイルス

夏風邪の病原のひとつでプールで感染することが多いため、この感染症をプール熱と呼んでいます。

高熱が出て強い喉の痛みが現れます。

 

Sponsored Link

 

風邪のウイルスを殺す薬はあるの?

風邪の原因の90%がウイルスによるものなら、そのウイルスを殺す薬を飲めば風邪なんてすぐに治ってしまいますよね。

でも残念なことに風邪のウイルスを殺す薬は今のところ開発されていないというのが現状です。

空中に浮遊するウイルスや、ドアノブなどに付着したウイルスを殺菌する薬剤はありますが、体内に入ったウイルスを殺菌するものはありません。

 

「抗生物質はどうなの?」と思われるかもしれませんが、抗生物質はウイルスよりも大きい細菌に有効なだけで、ウイルスに対しては効果がありません。

インフルエンザにはワクチン接種という方法があるんですけど、ワクチンはウイルスに対する免疫をつけるために接種していて、ウイルスを殺すわけではありません。

また、インフルエンザウイルスは変異しやすいため、同じA型のインフルエンザでも種類の違うものに何度もかかることもあります。

(参考→ウイルスと細菌の違い!予防するには?

RSウイルス治療薬というものもありますが、これも感染予防を目的にした薬です。

 

 

薬局で風邪薬として処方されるものは、鼻水や鼻詰まりを抑える抗ヒスタミン剤や、咳を抑える鎮咳薬(ちんがいやく)、熱を下げる解熱剤などで、現れている症状を抑えるいわゆる対処療養を目的としていて、ウイルスの殺菌のためではありません。

 

ところが、数年前にマサチューセッツ工科大学で11種の哺乳類の15種類のウイルスが殺せるという薬が開発された、というニュースが発表されました。

(引用:http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/4765/?ST=m_news)

ニュースが発表された時点では動物実験の段階で、薬として販売できるのは少なくてもまだあと10年はかかるとされていました。

この薬が完成したら、風邪どころかエイズさえも完治してしまうようになるかもしれませんね。

 

終わりに

一口に風邪と言ってもその原因となるウイルスは実にたくさんあるんですね。

今のところ風邪のウイルスに対抗できる薬はないので、風邪が流行りだしたら感染しないようにマスクとうがいと手洗いを欠かさないようにしないといけません。

あと、免疫力を高めるために、栄養バランスの取れた食生活と良質な睡眠も大切です。

 

マサチューセッツ工科大学で開発中という抗ウイルス薬ができたら、風邪なんて過去の病気になってしまうかもしれません。

もしそうなったら、風邪薬を作っているメーカーは大騒ぎになってしまうでしょうね。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ