インフルエンザと風邪の見分け方!初期症状はどう違う?


新年早々に兄が電話で「風邪を引いて少し熱がある」と言ってきました。

次の日に会う予定があったのでそのときはインフルエンザじゃないかと心配でしたが、病院に行くこともなく翌日には熱も下がっていたので安心しました。

もしインフルエンザだったとしたら、感染力が強いので人に会うのも避けなければいけないんですけど、ただの風邪ならそれほど神経質になることはないですよね。

「熱っぽいし何か変だぞ」と思っても、インフルエンザなのかただの風邪なのか分からないときってあります。

ひきはじめのときの対応を間違えれば、治るまでに時間がかかってしまいますし、周囲の人達の迷惑にもなりかねません。

インフルエンザと風邪の初期症状にはどんな違いがあるんでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

インフルエンザと風邪 初期症状の違い

インフルエンザと風邪の初期症状の一番大きな違いは、インフルエンザは突然に重い症状が出るという点です。

インフルエンザの初期症状

インフルエンザを発症すると、初期症状として次のような全身症状が急激に現れます。

  • 38度を超えるような高熱
  • 悪寒、筋肉痛、関節痛、だるさ

その年に流行するインフルエンザのタイプによって、消化器系がダメージを受けて嘔吐や下痢が現れる場合もあります。

また、咳や鼻水が症状として現れることもありますが、これは風邪とインフルエンザの合併症と考えられ、そのすぐあとに高熱や筋肉痛などの症状が現れます。

風邪の初期症状

これに対して風邪の場合は咳や痰、くしゃみや鼻水など、初めは呼吸器系の症状が現れることが多く、症状が進むと発熱、寒気、関節痛など全身に症状が広がることもありますが、インフルエンザのような高熱になることはほとんどありません。

 

このように、インフルエンザを発症すると急な高熱、筋肉痛、関節痛などの全身症状が現れることが特徴ですが、インフルエンザB型はA型よりも比較的症状が軽く、免疫力が強い人は風邪と間違えてしまうこともあります。

しかし、インフルエンザは重症化すると急性脳炎や肺炎などの合併症を引き起こし、生命に関わることもある重大な病気です。

インフルエンザは寒い時期にしか流行しませんので(C型を除く)、冬の時期に風邪のような症状が見られたら、早めに医療機関での受診をおすすめします。

 

Sponsored Link

 

インフルエンザと風邪の違い

初期症状のほかにインフルエンザと風邪は何が違うのでしょうか?

ウイルスの違い

インフルエンザと風邪の根本的な違いはウイルスの違いです。

インフルエンザを発症するウイルスはインフルエンザA型、B型、C型の三つです。

(参考→インフルエンザの型はいくつあるの?その特徴や症状は?

 

一方、風邪の原因は90%以上は100種類以上もあるウイルスであると言われ、代表的なウイルスには次のようなものがあります。

  • ライノウイルス
  • コロナウイルス
  • コクサッキーウイルス
  • アデノウイルス
  • エンテロウイルス

 

Medical写真Kjpargeter – Freepik.comによるデザイン

 

(残りの10%は細菌や病原体、アレルギーなどが関係しています。)

 

季節性の違い

インフルエンザウイルスは低温と乾燥を好みますので、寒くて乾燥する冬期にインフルエンザが流行するのです。

 

風邪の原因となるウイルスも寒くて乾燥した空気を好むものが多いのですが、中には高温多湿の環境下で活発になるタイプも有り、種類が多いために全体で見れば季節性はあまりないと言ってよく、夏や冬、季節の変わり目などにそれぞれ違ったウイルスの風邪が流行します。

アデノウイルスやエンテロウイルス、コクサッキーウイルスは夏風邪としてプール熱、手足口病、ヘルパンギーナの原因菌と言われています。

 

ウイルスの感染を防ぐには?

インフルエンザにしても風邪にしても、ひかないようにするにはウイルスに感染しないことが重要で、どのように感染するのか、つまり感染経路を遮断することが大切です。

ウイルスの感染経路

ウイルスの感染経路には次のようなものがあります。

 

空気感染

空気中に漂うウイルスが口や鼻から体内に侵入する。

長い時間浮遊するため、比較的長距離を移動することもあり、感染者から離れていても注意が必要です。

 

飛沫感染

感染した人が咳やくしゃみをしたときの飛沫に含まれているウイルスを吸い込んで感染します。

飛沫は重いため、感染者の1~2mくらいの範囲に影響を及ぼします。

 

接触感染

ドアノブや衣服など、感染者のウイルスがついた手で触れた周りのものを介して感染します。

 

糞口感染

ウイルスの宿主(鳥など)の糞便を経口摂取することで感染することを糞口感染といいます。

まさか糞便をそのまま口にすることはありませんが、知らずに糞便に触ってしまった指で何かを食べたり、乾燥して空気中に舞った微小な糞便が口に入ったりして感染します。

養鶏場の作業員などは、鶏がインフルエンザにかかったと気づかずに糞を処理することもあり、危険度は高いと言えます。

 

ウイルス感染予防の注意点

ウイルス感染症の予防には上に挙げた感染経路から、「うがい・手洗い・マスク」の3点が大切だと言われています。

ただ、それぞれに注意すべき点もいくつかあります。

 

うがい

 

 

最初は口をすすぐ。

いきなりうがいをすると、口腔内の細菌やウイルスを喉へ追いやってしまうので、うがいの前に口をすすぐようにします。

 

手洗い

 

 

水だけで洗うのではなく、水より洗浄力の強い石鹸を使うようにして、手のひらや手の甲、手首、爪の間もしっかり時間をかけて洗います。

市販されている殺菌力のある手洗い用の石鹸ならなおいいです。

 

マスク

 

 

ウイルスは非常に小さいため、ガーゼマスクや通常の不織布マスクではウイルスの侵入を阻止できず、N95などの医療用マスクが必要になります。

また、マスクと顔の間に隙間があるとウイルスがそこから侵入してしまいますので、マスクは顔にピッタリ密着させて着用することが大切です。

 

 

終わりに

インフルエンザと風邪について、おもに初期症状の違いについてご紹介しました。

今回の内容をご覧になって、もしも「インフルエンザかな」と思えるような症状が出たなら、無理をしないで医療機関で診察してもらいましょう。

 

インフルエンザも風邪も、ストレスや睡眠不足などで身体の抵抗力が低下しているときには感染しやすくなります。

規則正しい生活とバランスの取れた食事を心がけ、ストレス解消に務めることも感染予防には大切ですよ。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ