長浜曳山まつり2017!日程やスケジュール、アクセスや駐車場は?


日本では全国各地でお祭りが実にたくさん開催されていますが、お祭りの華と言ったらやはり山車ですね。

京都の祇園祭、岐阜県高山市の高山祭とともに日本三大山車祭りに数えられているのが滋賀県長浜市の長浜曳山まつりです。

2016年11月に「長浜曳山まつりの曳山行事」が、「京都祇園祭の山鉾行事」「高山祭の屋台行事」など33件の「山・鉾・屋台行事」とともにユネスコの無形文化遺産に登録が決まり、名前だけは聞いた方も多いと思います。

400年もの歴史がある長浜曳山まつりでは、13基の曳山の色彩鮮やかで豪華な曳行を見ることができます。

今回は長浜曳山まつり2017の日程やスケジュール、アクセスや駐車場の情報などをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

長浜曳山まつり2017開催情報

 

長浜曳山まつり2017

  • 開催日:2017年4月13日(木)~16日(日)
  • 開催場所:長浜八幡宮周辺及び市街地
  • 長浜八幡宮住所:滋賀県長浜市宮前町13-55
  • 問合せ先:公益社団法人長浜観光協会
  • 電話:0749-65-6521

(長浜曳山まつりは9日から始まりますが、曳山が登場するのは13日からです。)

 

↓ 長浜八幡宮周辺マップ

 

 

長浜曳山まつりのスケジュール

(予定につき変更になる場合もあります。)

長浜曳山まつりは4月9日(日)から始まりますが15日が祭礼本日で、9日は「線香番」と呼ばれる狂言奉納が予定通り行われるかの確認が、9日から12日までは午後8時から若衆が弓張提灯を掲げて長浜八幡宮と豊国神社に参拝する「裸参り」が行われるだけです。

 

4月13日

未明~ 起し太鼓 (全山組町内)

7:00~ 御幣迎え (八幡宮)

10:00~ 神輿渡御 (八幡宮からお旅所)

13:00~ くじ取りの儀 (八幡宮)

(くじ取りとは歌舞伎を奉納する順番を決めるくじのことです。)

18:00~ 子供歌舞伎 (出番山組町内)

(子供歌舞伎は4基が交代で出番となります。)

 

4月14日

午前中 子供歌舞伎 (出番山組町内)

午後 登り山 (4番山から順次曳山を長浜八幡宮へ曳行)

(翌日の祭礼本日に備えて子供役者を乗せた曳山が集まります。)

19:00~ 役者夕渡り (長浜八幡宮から一八屋辻へ)

(長浜八幡宮まで来た役者が若衆につきそわれて一八屋辻まで歩きます。)

 

4月15日(例祭本日)

未明~ 起し太鼓 (出番山組町内)

7:00~ 春季例大祭 (長浜八幡宮)

8:30まで 役者朝渡り (一八屋辻から八幡宮へ)

(狂言を演じる格好で子供役者が夕渡りと逆の順路で八幡宮へ向かいます。)

9:20まで 長刀組太刀渡り (長浜八幡宮)

(長い太刀を持った子供役者が長刀組の町内から八幡宮へ歩きます。)

9:35 翁招き (長浜八幡宮)

(長刀組の一人が「最初 長刀組」と書かれた札を神前に向けて振る。子供歌舞伎の始まりの合図。)

9:55~ 子供歌舞伎 (長浜八幡宮 曳行途中とお旅所でも)

21:00ころ 神輿還御 (長浜八幡宮へ)

(お旅所での四番山の狂言奉納が終わると神輿が八幡宮へ戻る。)

21:30ころ 戻り山 (曳山がお旅所から各町内に戻る。)

 

4月16日

お昼と夕方 子供歌舞伎後宴狂言(千秋楽) (出番山組町内)

 

4月17日

8:00 御幣返しの儀 (長浜八幡宮へ)

 

Sponsored Link

 

長浜八幡宮 アクセスと駐車場

4月14日と15日、長浜市街地周辺では交通規制が敷かれて例年大変な混雑になりますので、車でのアクセスはおすすめできません。

(交通規制の詳細→4月14日昼から(登り山) 4月14日午後(夕渡り) 4月15日例祭本日

(上記の情報は2016年のものです。お出かけの際には最新の情報をご確認ください。)

 

公共交通機関を利用する場合

JR北陸本線 長浜駅東口より徒歩約13分

(道順はコチラ

または、長浜駅より湖国バス・近江長岡駅行きに乗車し西中前バス停で下車、徒歩約4分

 

車を利用する場合

北陸自動車道・長浜ICより約10分

 

駐車場

長浜八幡宮には15台ほど停められる駐車場がありますが、曳山まつりの期間中は利用できません。

また、長浜曳山まつりには臨時駐車場も用意されませんので、周辺の有料駐車場やコインパーキングを利用することになります。

(長浜八幡宮周辺の駐車場はコチラ

 

長浜曳山まつりの見どころ

長浜曳山まつりでは豪華な曳山もさることながら、そこで演じられる子供歌舞伎が最大の見どころでしょう。

長浜では歌舞伎のことを狂言と呼んでいますが、曳山を所有する町(山組)に住む5歳から12歳くらいまでの男の子が、1ヶ月ほどかけて稽古した新作の狂言を演じてくれます。

一回の公演は約40分で、4月13日から16日までの間に一日4組の山組が数回の公演を行います。

言葉の意味もよく分からないであろう子どもたちが、大人が見ても立派な歌舞伎を披露してくれます。

 

 

また、子供歌舞伎の役者たちが衣装をつけて歩く14日の役者夕渡り15日の役者朝渡りも一見の価値がありますよ。

 

桟敷席もあります

めったなことでは見られない子供歌舞伎。

どうせならゆったりと観覧したいですよね。

そんな方のために有料の観覧桟敷席も用意されます。

 

日時:4月15日 9時30分ころから14時ころまで

※15日の行事が順延になった場合、桟敷席の利用も順延となります

場所:長浜八幡宮境内

定員:200名

歌舞伎奉納予定時間

一番山  9:55~10:40

二番山 11:10~11:50

三番山 12:20~13:00

四番山 13:30~14:10

料金:一人3,000円(1マス3人分 9,000円)

予約申込み:長浜観光協会(Tel 0749-65-6521)

※予約開始時期は確認してください

 

終わりに

日本広しと言えども、曳山の上で子供歌舞伎が見られるのはここだけではないでしょうか。

短い春休みを利用して伝統を守ろうと必死に練習に励んだ男の子たちの熱演は感動モノで、本格的な春の訪れを感じながら、そんな子供歌舞伎を愛でるのは本当に贅沢ですね。

豪華な曳山と愛らしい子供歌舞伎が一度に見られる長浜曳山まつりで命の洗濯をしてみませんか?

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ