口腔内細菌の種類と数はどれくらい?重病との関連性も!


以前に腸内フローラのことについて書きましたが、「ちょっと待てよ!腸内の細菌はどこから入ってくる?当然口からだから口の中にも細菌はいるはず」と思って口腔内細菌のことについても調べてみました。

(参考→腸内フローラって何?ダイエットや肥満に関係あるの?

腸内フローラに対して口腔内の細菌の状態を口内フローラと言いますが、口腔内もやはりお花畑のように細菌がびっしりと集まり、そして口内フローラのバランスが崩れるといろんな健康上のトラブルが発生するそうです。

今回は口腔内細菌のことについてご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

口腔内細菌の種類と数

口腔内細菌にも善玉菌と悪玉菌がいる

口腔内細菌の種類は人によっても違いますが、その数はおよそ500~700種類もあるそうで、腸内細菌の種類が100種類以上と言われてますから、腸内よりも口腔内のほうが種類は多いんですね。

それに対して数のほうはと言うと約1000億匹で、100兆匹の腸内に比べて圧倒的に少ないです。

そして口腔内の細菌も腸内細菌と同じように善玉菌と悪玉菌がいて、その割合は若くて健康な人の場合には9:1で善玉菌のほうが多いそうです(加齢によって悪玉菌の割合が増えます)。

 

◆善玉菌

乳酸菌などの発酵菌は虫歯菌や歯周病菌などの悪玉菌を除菌して繁殖を抑え、口腔内の環境を守っている善玉菌で、善玉菌が減ってしまうと様々なお口のトラブル、ひいては全身のトラブルが発生します。

 

 

◆悪玉菌

悪玉菌の主なものは虫歯菌と歯周病菌です。

■虫歯菌

虫歯菌は大きく分けると次の2種類があります。

○ミュータンス菌

虫歯を作る菌で、酸を作り出してエナメル質を溶かして歯をむしばみます。

唾液を通じて感染し、幼児期にお母さんから噛み砕いた食べ物をもらったり、他人が口をつけたものを食べることで感染します。

○ラクトバチルス菌

虫歯を進行させる菌です。

ラクトバチルス菌自体は歯にとりつくことはできませんが、ミュータンス菌が作った虫歯の部位にはとりつくことができ、ミュータンス菌が作った溶けた部位を虫歯へと進行させます。

ラクトバチルス菌は炭水化物や砂糖、乳酸菌飲料など糖分に含まれていて、虫歯にならないために糖分が多い食べ物を控えるのはそのためです。

 

 

■歯周病菌

歯周病の原因となる菌は

  • P.g.菌(Porphyromonas gingivalis)
  • T.f.菌(Tannerella forsythensis)
  • Td.菌(Treponema denticola)
  • P.i.菌(Prevotella intermedia)
  • A.a.菌(Actinobacillus actinomycetemcomitans)

など10種類以上の菌が見つかっていて、歯周病が進行している方からは複数の歯周病菌が見つかることがよくあります。

なかでも、P.g.菌(ジンジバリス菌)、T.f.菌(タンタネラ・フォーサイサンシス菌)、Td.菌(トレポネーマ・デンティコーラ菌)は最も歯周病菌に関連が深いとされ、レッドコンプレックスと呼ばれています。

 

Sponsored Link

 

ジンジバリス菌が病気と関係?

健康な人の口腔内細菌の善玉菌と悪玉菌の割合はほぼ9:1なのですが、このバランスが崩れて悪玉菌が増えると虫歯や歯周病になってしまいます。

そして近年、大動脈瘤や脳梗塞、心筋梗塞、肝炎などの重大な病気の部位に歯周病菌のひとつであるジンジバリス菌がいることが分かってきました。

口腔内にいるはずのジンジバリス菌がどうして身体の他の部位にいたのでしょう?

ジンジバリス菌は空気に触れると死んでしまうほど空気に弱いので、歯と歯の間や、歯と歯茎の間に潜んで奥へ奥へと歯肉を掘っていき、歯周ポケットを作ります。

どんどん掘り進んでいくと血管に突き当たり、その血管を破って侵入し、血流とともに全身に回ってしまうというわけです。

 

ジンジバリス菌と重病との詳細な関係はまだ分かっていませんが、何か健康面で悪影響を与えていることは間違いないと考えられています。

なので、口腔内の悪玉菌を増やさないようにすることが重要になってきます。

 

歯周病のサイン

たいていの大人なら歯周病菌を持っています。

健康なら善玉菌が歯周病菌をやっつけていますが、口内環境が悪化して善玉菌が減ってしまうと歯周病を発症し、次のようなサインが現れます。

  • 歯ぐきが腫れる
  • 歯を磨くたびに出血する
  • 口臭がひどくなる

このような自覚症状が現れたら歯科医に行って診てもらいましょう。

 

口内フローラのバランスを健康に保つには?

口腔内の悪玉菌を増やさないようにするには次のような対策があります。

◆唾液を増やす

悪玉菌は唾液に弱く、善玉菌は唾液によって増えますので、口呼吸で口内を乾燥させないように気をつけましょう。

食事をするときにはよく噛み、唾液を増やす成分が含まれている玉ねぎや酸っぱい梅干しなど食べることも唾液を増やす効果があります。

◆歯磨き

口腔内細菌は歯磨き粉に入っている殺菌成分によって除菌されます。

歯磨きでは善玉菌も悪玉菌も区別なく除菌されてしまいますが、バランスは保たれ、また歯磨きをしないと悪玉菌が増えることが分かっています。

◆歯間ブラシ・糸ようじ

ジンジバリス菌は歯と歯の間や葉と歯ぐきの間に潜んでいるので、除菌には歯間ブラシや糸ようじでクリーニングすることが有効です。

1週間に一度くらいは歯間のクリーニングをしましょう。

◆お茶うがい

お茶に含まれているカテキンには虫歯菌であるミュータンス菌の増殖を抑える働きがあります。

お茶なら何でもオーケーですが、緑茶にはビタミンCが豊富に含まれているため風邪予防にも効果が期待できます。

昔の人が食後に緑茶で口をすすいでいたのは、口内環境を良くする意味もあったんですね。

就寝前のお茶うがいが一番いいそうですよ。

 

まとめ

 

◎ 口腔内細菌の種類は500~700種類、数は約1000億匹

◎ 口腔内細菌にも善玉菌と悪玉菌がいて、そのバランスは健康なときは9:1

◎ 口腔内の悪玉菌は虫歯菌と歯周病菌の2種類

◎ 歯周病菌のジンジバリス菌がいくつかの重大な病気の部位から発見された

◎ 歯周菌病を増やさない対策

  • 唾液を増やす
  • 歯磨きをする
  • 歯間ブラシや糸ようじを使う
  • お茶うがいをする

 

口の中に重病に関係している歯周病菌がいるなんて驚きでしたね。

でも善玉菌が多い健康な状態なら悪玉菌は悪さができません。

歯磨きや寝る前のお茶うがいで口腔内の善玉菌を増やしましょう。

また、ストレスも善玉菌を減らす要因になっているそうなので、ストレスを上手く解消することも大切ですね。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link


2 Responses to “口腔内細菌の種類と数はどれくらい?重病との関連性も!”

  1. Alexandra より:

    It’s great to find an expert who can exaplin things so well

    • saixmxnx772 より:

      Sorry, I don’t understand English. Will you write in Japanese?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ