腸内フローラって何?ダイエットや肥満に関係はあるの?


現代では食べ物や運動習慣、サプリメントなど「健康」に関する新しい情報が次々と発表され、聞きなれない言葉が私達のもとに流れてきます。

最近、腸の薬やヨーグルトのCMでよく耳にするようになった腸内フローラという言葉もそのひとつですが、いったい何のことかご存知ですか?

女性に人気があるヨーグルトはだいたい美容と健康のために食べられていますから、腸内フローラもそっち系のことに関係しているくらいのことは想像がつきます。

フローラ(flora)という英語の意味を調べてみると、植物相とありました。

腸内の植物相?腸の中に植物がいるの?何だか分からないですね。

今回は腸内フローラのことについていろいろ調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

腸内フローラとは?

 

腸内フローラは腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)とも言われています。

叢(そう)とは、「たくさんのものが一箇所に集まること、またはその様子」という意味で、腸内フローラ(腸内細菌叢)は腸内の細菌がびっしりと集まっている状態のことです。

昔は細菌は植物の一種と考えられていたので、フローラという言葉が使われたんでしょうね。

ゲームのキャラクターの名前ではないですよ。

 

大人のヒトの腸内には100種類以上、100兆匹以上もの細菌が住んでいると言われていて、重量にすると1~1.5キロもあるそうです。

細菌が種類ごとに集まってびっしりと腸壁にへばりついている様子が芝桜のような花を想像させ、それで腸内フローラと呼ぶようになったわけです。

 

芝桜

 

細菌と聞くと何か悪者のような感じがしますが、ビフィズス菌などのように人間の役に立っている細菌もいるんです、と言うより人間の役に立つ細菌のほうが多いんです。

腸内細菌をおおまかに分けると、人の役に立っている善玉菌(有用菌)、人の身体に悪影響を及ぼす悪玉菌(有害菌)、人の健康には影響がないのではと思われている日和見菌(ひよりみきん)の三種類があり、その割合は健康な人の場合

  • 善玉菌   20%
  • 悪玉菌   10%
  • 日和見菌  70% 

と、圧倒的に日和見菌が多いのですが、善玉菌と悪玉菌では善玉菌のほうが優勢を保っている状態です。

 

Sponsored Link

 

善玉菌(有用菌)

善玉菌とは?

善玉菌は人が生命活動を維持するのに必要な物質を作り、人体に有益な働きをする菌のことで、ビフィズス菌や乳酸桿菌(乳酸菌)、腸球菌などの乳酸菌群のことを言い、そのなかでも一番数が多いのがビフィズス菌でその割合は善玉菌全体の99%もあります。

 

善玉菌

 

善玉菌の働き

善玉菌には次のような働きがあります。

  • 悪玉菌の繁殖を抑え、腸内菌のバランスを保つ
  • 腸の蠕動運動を助け、便通を良くする
  • 病原菌の腸内への侵入を阻止する
  • 免疫機能を向上させる
  • コレステロール値を下げる

 

悪玉菌(有害菌)

悪玉菌とは?

悪玉菌は善玉菌とは反対に硫化水素やメタンなどの有害物質を作り出して人体に損傷を与える菌のことで、ブドウ球菌や緑膿菌など腐敗菌群のことを言います。

 

悪玉菌

 

悪玉菌の働き

悪玉菌には次のような働きがあります。

  • タンパク質を腐敗させて有害物質を作る
  • 便秘や下痢、肌荒れを引き起こす
  • 老化を早める
  • 生活習慣病の原因を作る
  • 免疫機能を低下させる

 

日和見菌

日和見菌とは?

日和見という言葉の意味は、形勢をうかがって有利なほうに付くということで、通常は益にも害にもならないのですが、腸内細菌のバランスが崩れて善玉菌が増えると善玉菌、悪玉菌が増えると悪玉菌のような働きをする腸内細菌が日和見菌です。

日和見菌の代表的なものには大腸菌がありますが、大腸菌は増えすぎると腸内のタンパク質の腐敗を早めて下痢や便秘の原因となり、免疫力を低下させたりします。

 

腸内フローラとダイエットや肥満との関係

 

同じような食事をしていても、すぐに太ってしまう人や太りにくい人っていますね。

「水を飲んでも太っちゃう」なんて方もいますが、これは冗談としても太りやすい人と太りにくい人は確実に存在します。

太ったり痩せたりするのは食べる量と運動量の相関関係で決まるわけですが、太りやすい人は便秘になりやすく、太りにくい人は便秘にもなりにくいという調査結果があり、その原因は腸内細菌のバランス、言い換えれば腸内フローラの状態ではないかと言われているんです。

つまり、健康な状態の腸内フローラに比べて悪玉菌が増えると便秘がちになり、太りやすくなるということです。

 

太りにくい体質になるには?

 

太りにくい体質になるには便秘の原因となる悪玉菌を減らし、善玉菌を増やせばいいということになりますね。

そのためにはどうしたらいいのでしょう?

 

◆食事

細菌も生き物である以上は食べ物が必要で、悪玉菌の食べ物となるのがタンパク質であり、善玉菌の食べ物となるのが食物繊維です。

食物繊維には悪玉菌が作った有害物質を排出してくれる働きもあり、美容のためにも重要な食べ物です。

ですから、便秘がちな人は肉類などのタンパク質は少量にして、食物繊維を多く含むイモ類や海藻類を多く食べるようにすることで太りやすい体質が改善されていきます。

 

食物繊維

 

また、善玉菌を外から補充することも効果的で、善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌を含んだヨーグルトが人気なのはそのためです。

ただ乳酸菌やビフィズス菌にもたくさんの種類があって、すべてのものが自分に合うとは限りませんので、いろんなヨーグルトを試しながら自分に合うものを見つけることが大切です。

なお、抗肥満作用が大きいビフィズス菌はB-3ビフィズス菌だそうです。

 

ヨーグルト

 

◆ストレスの発散

ストレスを受けることでも腸内細菌のバランスは崩れます。

気分が沈みがちになったら、しっかり睡眠を取ってスポーツや自分が好きなことに打ち込み、ストレス発散に努めましょう。

 

ストレス発散

 

ぬるめのお風呂にゆっくり入るのもいいですよ。

 

まとめ

 

  • 腸内フローラとは腸内の細菌がびっしり集まっている状態のこと
  • 健康なときの腸内細菌の割合は 善玉菌20%・悪玉菌10%・日和見菌70%
  • 悪玉菌が増えると便秘になりやすくなり、それが肥満につながる
  • 善玉菌を増やすには、食物繊維やヨーグルトを摂り、ストレス解消に務める

 

悪玉菌ってすっかり悪者扱いされちゃってますが、タンパク質を分解してくれるのは悪玉菌ですし、赤痢菌やコレラ菌などの病原菌が体内に入ってくると攻撃してくれるのも悪玉菌です。

それに善玉菌は悪玉菌がいてこそ活動が活性化されるのです。

悪玉菌はいらないとばかりに、タンパク質を全く取らないという偏った食生活にならないよう、バランスの良い食事を心がけましょう。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ