横手かまくら祭り2017!日程やアクセス、駐車場は?


秋田県の横手市と言えば、B-1グランプリで優勝した「横手やきそば」が知られていますが、北国ならではの「かまくら」をテーマにした横手かまくら祭りも有名ですね。

横手かまくら祭りは2月の初旬から行われる「横手の雪まつり」の一環として行われ、市内各地に100もの大きなかまくらと無数のミニかまくらが現れ、大きなかまくらの中では甘酒やお餅のご相伴にあずかれるという、450年もの歴史があるお祭りです。

今回は横手かまくら祭り2017の日程やアクセス方法、駐車場などの情報をお届けします。

 

スポンサーリンク

 

横手かまくら祭り2017 開催情報

 

横手かまくら祭り2017

開催期間:2017年2月15日(水)~2月16日(木)

開催時間:18:00~21:00

開催場所

  • 横手市役所本庁前道路公園
  • 二葉町かまくら通り
  • 羽黒町武家屋敷通り
  • よこてイースト
  • 横手公園
  • 横手南小学校(ミニかまくら)
  • 蛇の崎川原(ミニかまくら)

問合せ先:一般社団法人 横手市観光協会

電話:0182-33-7111

 

↓横手市役所本庁前道路公園(かまくらの数が一番多い。)

 

↓横手公園(ライトアップした横手城も見られます。)

 

↓よこてイースト(入り口がハート型のかまくらがお洒落。)

 

横手かまくら祭りへのアクセス

◆電車を利用する場合

横手市へのアクセスは、車だと冬の道路状況が心配なので電車の利用が安心で便利です。

東京駅(上野駅も)から

「秋田新幹線こまち」で大曲駅へ(所要時間約3時間半)

 ↓

JR奥羽本線(湯沢、新庄方面)に乗り換え横手駅へ(所要時間約20分)

 ↓

横手駅から横手市役所本庁前道路公園まで徒歩約10分

 

盛岡駅から

「秋田新幹線こまち」で大曲駅へ(所要時間約1時間)

 ↓

JR奥羽本線(湯沢、新庄方面)に乗り換え横手駅へ(所要時間約20分)

 ↓

横手駅から横手市役所本庁前道路公園まで徒歩約10分

 

秋田駅から

JR奥羽本線(湯沢、新庄方面)で横手駅へ(所要時間約80分)

 ↓

横手駅から横手市役所本庁前道路公園まで徒歩約10分

 

仙台駅から

JR東北新幹線やまびこで北上駅へ(所要時間約55分)

 ↓

JR北上線(横手駅行き)で横手駅へ(所要時間約1時間15分)

 

 

◆車を利用する場合

東京から

浦和ICより東北自動車道に入り北上JCTへ(所要時間約4時間40分)

 ↓

秋田自動車道に入り横手ICで降りる(所要時間約45分)

 

盛岡から

盛岡ICより東北自動車道に入り北上JCTへ(所要時間約30分)

 ↓

秋田自動車道に入り横手ICで降りる(所要時間約45分)

 

秋田から

秋田中央ICより秋田自動車道に入り横手ICへ(所要時間約50分)

 

仙台から

仙台南ICより東北自動車道に入り北上JCTへ(所要時間約90分)

 ↓

秋田自動車道に入り横手ICで降りる(所要時間約45分)

 

横手かまくら祭りの駐車場は?

車で行った場合には横手体育館が無料臨時駐車場になり、そこからふれあいセンターかまくら館まで無料のシャトルバスがおよそ20分間隔で運行されます。

 

 

横手体育館駐車場の収容可能台数は258台しかなく、横手かまくら祭りは段々と人気が高まってきていますので、空いているスペースを探すのは難しいかもしれません。

それ以外の駐車場の情報はコチラを参考にしてください。

 

無料のバスも巡回してます

横手市では市内各地でかまくらイベントがありますが、場所によって違った雰囲気や風景を楽しんでもらおうと、だいたい15分間隔で開催場所を結ぶ無料の巡回バスが運行されます。

バスは、水道庁舎横から横手南小学校→横手公園→二葉町と巡回し、また水道庁舎横に戻り、所要時間は約35分です。

いろんな会場を無料で回ることができるので便利ですよ。

 

Sponsored Link

 

横手かまくら祭りの見どころ

 

かまくらでのおもてなし

かまくら祭りに行ったらこれを体験しないと意味がありません。

二葉町ではかまくらの中で地元の子供達が甘酒や焼き餅を振る舞ってくれるので、中に入っていただきましょう。

でも、大変な人気なので、かまくらの外で寒い中を長いこと待たなければいけないかもしれないことを覚悟しておいてくださいね。

かまくらの中には神様がお祀りしてあるので、お賽銭をあげることも忘れずに。

 

かまくら

 

ミニかまくら

みどころいっぱいの横手かまくら祭りですが、なかでも外せないのはミニかまくらが灯す無数の幻想的な明かりです。

カップルのデートコースとしては1年に1回の最高のシチュエーションですね。

 

ミニかまくら

(引用:http://find-travel.jp/article/35414)

 

このミニかまくらを作るイベントが市役所駅前公園で行われます。

こちらもカップルで楽しめば素敵なデートの思い出になることでしょう。

 

ぼんでん(梵天)も見よう

横手かまくら祭りが行われるときにはぼんでん祭りも行われていて、2月16日はぼんでんコンクールが横手市役所本庁前のおまつり広場で開催されます。

ぼんでんとは「ぼんてん」とも言い、神様への奉納物としての大きい御幣(ごへい)のことで、大きな御幣を杉の丸太に取り付けて火消しの纏のようにしたもののことです。

 

 

綺麗ですね~。

コンクールは16日、旭岡山神社に奉納されるのは17日で、地元では「ぼんでんが終わると春が来る」と言われるほど浸透しているお祭りです。

時間に都合がつけば覗いてみてはいかがでしょうか?

 

最後に

2月の中旬と言えば1年のうちでも一番寒いころで、秋田県の2月の平均気温は0.5℃だそうです。

真冬日も多いので、服装は完全防寒で行きましょう。

足元もインナーボアのついたウインターブーツがベストで、インナーボアがないと足先が感覚がなくなるほど冷えてしまいますよ。

できればすべり止めがついていれば最高です。

暖かい格好で暖かいおもてなしを楽しみましょう。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ