ボロ市2016-2017の日程や時間は?代官餅は早めに!


特に欲しいものがなくても、眺めているだけで楽しいのがフリーマーケットですね。

いろんなものが「えっ、こんなに安いの?」という値段で売られているので、ついつい財布の紐もゆるみがちになってしまいます。

そんなフリーマーケットのなかでも、日本最大級のスケールを誇るのが世田谷ボロ市です。

日本各地で大きな規模のフリーマーケットが開催されていますが、ほとんどのフリマ会場は入場が有料になっていて、ちょっと気軽には足を運べないですね。

でも路上で開催される世田谷ボロ市は入場無料で、700ものお店が軒を連ね、来場者数は70万人にも上り、東京都の無形民族文化財にも指定されてるんですよ。

430年もの歴史を誇るボロ市を覗いてみたくなりませんか?

今回は世田谷ボロ市の2016-2017の開催日時やアクセス方法、代官餅のことなどをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

世田谷ボロ市2016-2017開催情報

世田谷ボロ市は年末と年初の2回、それぞれ2日間ずつ計4日間開催されます。

 

世田谷ボロ市2016-2017

  • 会場:世田谷区世田谷1丁目 通称「ボロ市通り」周辺
  • 開催日:2016年12月15日(木)・16日(金)及び2017年1月15日(日)・16日(月)
  • 開催時間:各日とも9:00~20:00
  • 問合せ先:世田谷総合支所地域振興課
  • 電話:03-5432-2831

 

 

 

 

世田谷ボロ市へのアクセス

ボロ市が開催される日は周辺一帯に交通規制が敷かれ、駐車場もないので公共交通機関の利用して出かけましょう。

 

◆電車

東急世田谷線・世田谷駅または上町駅から徒歩すぐ

(※ボロ市開催中は電車の本数が増えます。)

両駅ともボロ市通りまではかなり混雑しますので、混雑を避けたいなら世田谷駅の一つ隣りの松陰神社前駅で下車して歩くのもいいでしょう。(会場までは500mくらいです。)

 

◆バス

東急バス/小田急バス(渋谷駅始発・成城学園方面行き)・世田谷駅前停留所または上町(世田谷区)停留所から徒歩すぐ

 

Sponsored Link

 

代官餅をゲットするならお早めに!

世田谷ボロ市は衣類だけではなく、おもちゃやアクセサリー、植木、骨董品、古本などあらゆるものが売られていますが、人気なのがボロ市が開催中の4日間しか買うことのできないB級グルメの代官餅です。

代官様が好んで食べていたのが名前の由来か?と思ってしまいましたが、そうではなくて世田谷ボロ市が開催される中心地に代官屋敷があったからこの名がついたそうです。

代官餅が世田谷ボロ市に登場したのは1975年だそうで、こちらの歴史はそう古くはないですね。

つきたてのお餅にあんこ、きなこ、からみと呼ばれる大根おろしや鰹節などをつけた3種類の味のお餅がそれぞれ1パック650円で代官屋敷の前で売られています。(ちょっと前は600円だったのに・・・・。)

 

代官餅

(出典:http://www.jalan.net/news/article/58178/)

なんてことはないあんころ餅やきなこ餅なんですけど、限定生産・限定販売というところに人気があるんでしょうね。

もちろん美味しいところも人気ですよ。

お昼どきなんかに行くと長蛇の列で1時間待ちなんてことも普通にあり、午後4時とかの遅い時間に行くと売り切れになってしまうこともあるので、代官餅が目当てなら早めにゲットしましょう。

売ってるところは代官屋敷の前ですよ。

 

近年、世田谷ボロ市のことがいろんなメディアで紹介されるようになるにつれて来場者数が増え、お昼ごろには移動するにも大変なほどの人出で、代官餅以外でも売り切れになってしまって早く閉めてしまうお店も多くなっています。

その反面、まだ露店がオープンして間もない時間は比較的空いていて、売られているものをゆっくり見定めることができる余裕もあります。

目当ての品物があるなら、代官餅に限らず早い時間に行くほうがいいですね。

ワイワイガヤガヤしたお祭りらしさを味わいたければ、そのままあたりをブラブラしていればイヤでも混雑してきますからね。

夜は夜で露店に明かりが灯り、どこか懐かしく温かい風情が楽しめますよ。

 

終わりに

世田谷ボロ市の起源は、1578年に小田原城主の北条氏政が開いた楽市だと言われていて、今から430年以上も前から形を変えて累々と続けられてきていて、歴史という意味では世田谷ボロ市は日本最古のフリーマーケットではないんでしょうか?

北条氏政は豊臣秀吉に切腹を命じられ、1590年7月11日に自害して死んでしまいます。

大河ドラマの真田丸では、高嶋政伸さんが鬼気迫る表情で氏政を演じていましたね。

こんなに大きくなった世田谷ボロ市を、北条氏政は天国からどんな思いで見ているのかな?と、そんなことを考えながら世田谷ボロ市をブラブラするのも楽しいかもしれませんね。

世田谷ボロ市は一年のどん詰まりにはまだ早い12月半ばと、正月気分が消えた頃の1月半ばに開催され、出かけるのにちょうどいい頃合いです。

でもこの時期は相当冷えますから、しっかりと防寒対策をしてから出かけましょう。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ