秩父夜祭2016の開催情報!駐車場や花火の打上げ場所は何処?


日本には本当にたくさんの神社がありますね。

私の住んでいるところにも、車で5分以内のところに4つもの神社があります。

そしてその神社では毎年お祭り(例祭)が行われるので、日本中では大きなものから小さいものまで合わせるとものすごいお祭りの数になります。

そのなかでも日本三大美祭の一つに数えられているのが、秩父神社の例祭である秩父夜祭(ちちぶよまつり)です。

国の重要有形民俗文化財に指定されている豪華絢爛な山車(笠鉾・屋台)が曳き回される様はまさに圧巻で、お祭りの夜には冬には少ない花火大会も開催されます。

今回は350年もの歴史を持つ秩父夜祭の2016年の開催情報、駐車場や花火に関する情報をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

秩父夜祭2016 開催情報

 

秩父夜祭2016

  • 開催場所:秩父神社(埼玉県秩父市馬場町1-3)及びその周辺道路
  • 開催日:2016年12月2日(宵宮)(金)~3日(大祭)(土)
  • 開催時間

    12月2日:12:00~20:00ころまで

    12月3日:9:00~24:00ころまで
  • 花火打上時間

    12月2日:19:00~20:00ころまで

    12月3日:19:30~22:00ころまで
  • 問合せ先

    秩父まつり対策本部(電話:0494-25-5209)

    秩父夜祭観光祭実行委員会(電話:0494-21-2277)
  • 昨年の人出:約20万人

 

 

開催時間は上記の通りですが、2日は4台の屋台(上町屋台・中町屋台・本町屋台・宮地屋台)のみが曳かれ、3日は4台の屋台と2台の逆鉾(中近逆鉾・下郷逆鉾)すべてが曳かれます。

(屋台と逆鉾は国の重要有形民俗文化財に指定されていますが、屋台行事と神楽も国指定重要無形民俗文化財になっています。)

日本芸術花火大会や競技花火など、見どころのある花火は3日に打ち上げられます。

 

Sponsored Link

 

秩父夜祭の駐車場

秩父夜祭では駐車場も用意されますが、ちょっと複雑なので注意が必要です。

2日は無料の駐車場が2ヶ所のみで、3日は有料(普通車・500円)の駐車場が7カ所になります。

 

2日の駐車場(無料)

◆宮地グラウンド 500台(10:00~21:00)

 

◆南小学校グラウンド 250台(13:00~21:00)

 

3日の駐車場(有料)

◆宮地グランド 500台(9:00~24:00)

◆南小学校グラウンド 250台(7:00~24:00)

◆道の駅ちちぶ裏 700台(7:00~24:00)

 

◆秩父第二中学校グラウンド 450台(9:00~24:00)

 

◆花の木小学校グラウンド 300台(9:00~24:00)

 

◆西小学校グラウンド 300台(7:00~24:00)

 

◆秩父ミューズパークスポーツの森 500台(9:00~24:00)

 

秩父夜祭へのアクセス

秩父神社まで

◆電車を利用する場合

 

池袋方面より

 西武鉄道 西武秩父・飯能行きに乗車、西武秩父駅(終点)で下車、途方約15分

熊谷方面より

 秩父鉄道 山峰口・影森行きに乗車、秩父駅で下車、徒歩約5分

 

(※12月3日は西武鉄道、秩父鉄道ともに臨時列車が運行されます。)

 

◆車を利用する場合

 

関越自動車道を花園ICで下り、国道140号線を西へ約35km。

 

祭りの当日は交通規制が敷かれるために渋滞が発生し、特に大祭りの3日は高速道路も一般道もかなりの混雑になります。

臨時列車も運行されますので、主催者側も出来る限り電車の利用を推奨しています。

 

花火の打ち上げ場所は?

秩父夜祭で行われる花火は芝桜で有名な羊山公園(ひつじやまこうえん)で打ち上げられます。

 

 

もちろん花火大会当日は羊山公園は立ち入り禁止になります。

立ち入り禁止時間

 12月2日:16:00~21:00

 12月3日:16:00~22:30

 

羊山公園に一番近い駐車場は南小学校ですが、早い時間に満車になってしまいますので、車で行く場合には午前中に着くようにするのがいいでしょう。

2日は3日よりも見物客も少ないので比較的空いています。

 

 

提灯の灯で飾られた屋台と花火、こんな構図は他ではちょっとお目にかかれませんね。

 

花火は何処で見たらいい?

花火は少しでもいい場所で見たいですよね。

でも有料観覧席は高いし、だいたい花火はタダで見るものじゃないですか?

そこで花火を見るための穴場の場所をご紹介します。

 

◆ウニクス秩父

花火が打ち上げられる羊山公園は小高い丘になっているものの、周りは住宅地であり少し高いところでないと建物が邪魔してよく見えません。

ショッピングセンター・ウニクス秩父はお隣のスーパーマーケット・ヤオコーと共用の屋上駐車場が129台分あります。(地上は434台分)

周りも比較的開けていて、綺麗なトイレも使えますので女性にはうれしい鑑賞場所で、営業時間も3日の花火終了予定と同じ22時までです。

 

 

◆道の駅ちちぶ

道の駅ちちぶはウニクス秩父のすぐ北側にあり、3日の有料駐車場にも指定されている場所です。

車で行ったときには、昼間はここに車を停めて逆鉾や屋台の曳き廻し、屋台歌舞伎、露天などを見て回り、夜かここに戻って花火をみる、というのもアリですね。

ただし、早く行かないと満車になってしまいますよ。

 

◆国道140号線沿い

国道140号線は3日の花火が打ち上げられる間、南小前から上野町の交差点まで通行止めになりますので、絶好の鑑賞ポイントとなります。

ただ、打ち上げ場所である羊山公園の真横はどうしても混雑気味になってしまうので、国道299号線と交差する上野町交差点に近づくほどゆったりと見ることができます。

 

まとめ

秩父夜祭は毎年12月2日と3日の開催で、今年は3日の大祭が土曜日と重なるために昨年よりも混雑が予想されます。

なので、アクセスはできるだけ公共交通機関を利用したほうがストレスなく往復できますが、この時期の秩父市は大変に寒くて最低気温が氷点下なんてこともあります。

秩父夜祭を見に行って風邪を引いたなんてことにならないよう、防寒対策をしっかりと取って屋台の競演と花火を楽しみましょう。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ