百里基地航空祭2016!渋滞や駐車場、ブルーインパルスは?


航空ファンにとって日本各地の航空自衛隊で開催される航空祭は見逃せないイベントの一つですね。

なかでも空自唯一の偵察航空隊を配備し、F-4ファントムを装備する茨城県小美玉市(おみたまし)の航空自衛隊百里基地で開催される百里基地航空祭は、毎年すごい人気を誇っています。

20年ほど前から、自衛隊の大型行事である陸上自衛隊の「中央観覧式」、海上自衛隊の「観艦式」、それに航空自衛隊の「航空閲覧式」が3年に一度持ち回りで開催されるようになり、百里基地が航空閲覧式を担当しているためにその年は航空祭は行われません。

次回の航空閲覧式は2017年の予定で、さらに去年は飛来しなかったですが、2016年はブルーインパルスの飛行展示が決定してるため、今年はさらなる混雑が予想されます。

今回は百里基地航空祭2016の開催情報や渋滞を避ける方法や駐車場情報などをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

百里基地航空祭2016の開催情報

 

百里基地航空祭2016

  • 開催日:2016年11月27日(日)
  • 開催時間(予定):9:00~15:00(開門は8:00予定)
  • 開催場所:航空自衛隊・百里基地
  • 住所:茨城県小美玉市百里170
  • 問合せ先電話番号:0299-52-1331

 

 

 

百里基地航空祭へのアクセス

百里基地のある周辺には商業施設も少なく、最寄り駅のJR東日本・石岡駅から10kmも離れていて「陸の孤島」と呼ばれるほどアクセスの悪いところです。

平成22年に茨木空港ができてから多少は良くなったものの、それでも航空祭当日の道路は相当な混雑が予想されるので、アクセスには公共交通機関の利用がおすすめです。

◆公共交通機関を利用する場合

JR常磐線・石岡駅で下車(上野からは1時間20分程度、快速は停まりません)、シャトルバスで百里基地へ。

シャトルバス詳細

始発:往路(石岡駅発)6:00/復路(百里基地発)12:00

所要時間:約45分

運行間隔:約10分毎

料金(片道):大人800円/小人400円

◆車を利用する場合

百里基地は茨城空港に隣接しています。

◎東関東自動車道・茨木空港北ICより約9km(通常時でインターより約15分)。

 

東関東自動車道 茨城北IC

(引用:http://www.mod.go.jp/asdf/hyakuri/access.html)

 

◎常磐自動車道・千代田石岡ICより約22km(通常時でインターより約40分)。

 

常磐自動車道 千代田石岡IC

(引用:http://www.mod.go.jp/asdf/hyakuri/access.html)

 

百里基地航空祭 駐車場

百里基地航空祭で用意される無料の駐車場は

  • 北駐車場
  • 西駐車場
  • 南駐車場  の三つになります。

 

百里基地 駐車場

 

西駐車場からは会場まで距離があるのでシャトルバスが運行されます。(料金:大人150円/小人80円)

ただし沢山の人が利用するので待ち時間が長くなることもあり、歩いたほう(30分ほど)が早いこともあります。

 

駐車場には夜が明けるまえから車が並び始めますので、相当早く行かないと満車になってしまう可能性があります。

おすすめはシャトルバスを利用する西駐車場です。

誰でも考えることは同じで、面倒くさいことは避けたいために西駐車場は敬遠されがちですが、駐車台数も多いので比較的停めやすいです。

 

百里基地と茨城空港は隣接しているので、「茨城空港の駐車場に停めちゃえ」と考える方もいますが、この日ばかりはチェックが入り、空港関係者か旅客機利用者でないと入れません。

また、周辺道路の路上駐車も自衛官によって厳しくチェックされていますので、上記の駐車場に停められなかった車は引き返して石岡駅付近の有料駐車場に車を止め、シャトルバスで来るくらいしか方法はありません。

 

また帰りも見物客がいっせいに駐車場から車を出しますので、渋滞は必至です。

車で行った時はイライラしないでのんびり帰りましょう。

 

Sponsored Link

 

渋滞を避けるには?

百里基地は非常にアクセスが悪いところにあり、航空祭には多くの人が車で見物に行くために周辺道路の渋滞は避けられません。

当日に車で行く場合には、少しでも早く行くしか渋滞を避ける方法はありません。

 

一方、百里基地航空祭では招待客と抽選で選ばれた周辺住民しか基地内に入れない特別公開(前日予行)というものが行われ、その内容は本番とほぼ同じだということなので、基地外からの観覧になりますが、この特別公開の日なら渋滞も多少は避けることができるでしょう。

参考までに昨年のプログラムをご紹介しておきます。

 

8:30 T-4航過飛行

9:00 F-15機動飛行

9:15~10:00 F-4,F-15,RF-4,U-125,UH-60 航過事項

10:00~10:45 U-125,UH-60 捜索救難展示

10:45~11:00 F-4デモスクランブル、模擬緊急発進

11:00~11:15 F-4空対地射爆撃

11:15~11:45 RF-4戦術偵察

12:30~13:00 チアダンス(水戸商業高校による演技)

13:30~13:55 F-4機動飛行

14:00~14:30 F-15機動飛行

 

今年の百里基地航空祭のお目当てはブルーインパルスの展示飛行ではないですか?

ブルーインパルス展示飛行はいつも一番最後に行われ、前回(2013年)には13時15分からスタートしました。

基地外からなので地上展示は見ることができませんが展示飛行は見られますので、知ってる人はこの特別公開を基地外から見て、さらに翌日の本番を観覧するために駐車場へと向かいます。

駐車場が早くから混雑するはずですね。

 

まとめ

百里基地は非常にアクセスが悪いところにある航空基地で、隣接する茨城空港も利用状況は芳しくありません。

そんな百里基地航空祭が毎年10万人近くの来場者を集めるのは、やはりここでしか見られない展示飛行があるからです。

今年は3年ぶりにブルーインパルスも飛来するので、昨年よりもさらに人気は高まって周辺道路の渋滞も激しくなるでしょう。

渋滞を避けるなら、当日の夜中に着くようにできるだけ早く行くか、特別公開を見るなどの工夫をして航空祭を楽しみましょう。

また、11月の下旬ともなるとかなり寒くなってきます。

防寒対策をしっかり準備して出かけましょう。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ