おならが止まらなかったり臭いのは病気?改善するには?


どういうわけか知らないけど、おならが急に多くなって止まらないってことありませんか?

「何か変なもの食べたかなぁ」と思ったりするものの、次の日には戻ってしまうのですぐに忘れてしまいます。

でも、私のおならはかなり臭い。

友人数人と車に乗っていて私がおならをすると、「毒ガスだぁ」とか「サリンだぁ」とか言われて、真冬でも窓を全開にされます。

私は男性なので「お歳暮です」とか言ってふざけてますが、女性ならそうもいかないでしょうね。

それにおならが発生するのは腸だと思っているので、おならが臭いのは何か病気なのかなと思ってしまいます。

今回は、おならが多かったり臭かったりするのはどうしてなのか?それを改善するにはどうしたらいいのかを調べてみましたのでご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

おならって何?

嫌われもののおならですが、そもそもおならって一体何なんでしょう?

おならって食べ物のカスが大腸で分解されるときに出るガスだと思ってましたが、それはほんの一部で、大部分は食事をするときに一緒に口から入った空気だそうです。

  • 約70% 口から入った空気
  • 約20% 血液中のガスが腸壁を通って腸に入ってきたもの
  • 約10% 食べ物のカスが分解されるときに発生するガス

この三つがおならの正体で、食事と一緒に飲み込んだ空気が一番多いなんて驚きでしたね。

また、人は1日に10回くらいはおならをするそうで、その総量は500から2000mlくらいだそうです。

どんな美人でも1日に何回もおならをしていると知って、ちょっぴり安心しましたか?

 

おならが多くなる原因は?

おならの正体の多くが食事のときに一緒に口から入った空気だということは、おならが多いのは飲み込んだ空気が多いということです。

ではどんなときに空気を多く飲み込んでしまうかというと、それは早食いをしたときで、ガツガツ食べているところを想像すると空気も一緒に飲み込んでしまっているのは分かりますね。

そういえば私も少し早食いの気があります。

 

早食い

 

また、空気を飲み込んでしまうという呑気症(どんきしょう)という病気もあり、これはストレスなどで緊張したときに歯に力が入って唾液とともに空気を飲み込んでしまうという状態のことで、空気嚥下症(くうきえんげしょう)とも呼ばれます。

呑気症はストレスと深い関係があり、ほとんどの患者さんが人間関係や仕事上の悩みを抱えているそうです。

 

次に分解されるときにガスが発生しやすい食べ物もおならの回数を増やし、食物繊維の多い食べ物、例えば豆類やイモ類は分解されるときにガスを発生させやすく、おならが多くなる原因になります。

ただ、このおならは腸内の善玉菌が正常に働いている証拠なので気にする必要はないそうです。

とは言え、健康的な食品の豆類がおならを多くしていたとは痛し痒しというところです。

 

豆

 

まとめると、おならの回数が多くなるのは

  • 早食い
  • 呑気症
  • 食物繊維の多い食べ物

この三つが主な原因になります。

 

他の病気の可能性も

おならが多く出る病気としては上の呑気症のほかにも過敏性腸症候群があります。

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群は腸の働きや分泌機能に異常が起き、下痢や便秘、腹痛などの症状が引き起こされ、おならが頻繁にでてしまうこともあります。

原因ははっきりしていませんが、20~40歳代に多いことからストレスが関係しているのではないかと言われています。

また、感染性腸炎を併発することもあるため、免疫機能が関わっていると考えられています。

 

おならが臭くなるのは?

これはもう、食べたものが原因だということは想像がつきますね。

動物性タンパク質が分解されると、腐敗型のガスが発生しおならの臭いがキツくなり、肉食中心の食生活を送っているとおならが臭くなります。

おならの臭いにおいは硫黄臭なんですけど、硫黄成分が多いにんにくやニラや玉ねぎを多く食べると一時的におならが臭くなることがあります。

 

焼き肉

 

腸内環境が悪くなって大腸菌やブドウ球菌などの悪玉菌が増えすぎると、食べたものを腐敗させてこちらの場合も腐敗型のガスが発生しておならが臭くなります。

 

悪玉菌

 

また、大腸がんや潰瘍性胃腸炎などの病気もおならが臭くなる原因です。

大腸がんでは壊死した細胞が腐敗して悪臭を放ち、潰瘍性大腸炎では便そのものが腐敗して、おならだけではなくて便も臭くなります。

 

こちらもまとめると

  • 動物性タンパク質の摂り過ぎ
  • 腸内環境の悪化
  • 大腸がんや潰瘍性大腸炎などの病気

この三つがおならが臭くなる主な原因と考えられています。

 

Sponsored Link

 

おならの多さと臭いを何とかするには?

おならの多さと臭いを何とかするには、その原因を潰せばいいわけですから、次のようなことに注意することで改善が期待できます。

おならの多さの改善

◆ゆっくり食べる

ゆっくり食べることで飲み込んでしまう空気を減らすことができます。

さらに、ゆっくり食べることでよく噛むようになり、それが胃腸の負担を軽減し、消化されない食べ物のカスが分解されて発生するガスを減らす効果もあります。

 

食事

 

◆ストレスを上手く発散する

知らないうちに空気を飲み込んでしまう呑気症という病気は、ストレスと深くつながっているので、ストレス発散に心がけます。

ストレス発散には運動が一番いいんですが、運動することで胃腸の働きも活発になり、おならに関する悩みも解消に向かうので運動は一石二鳥ですね。

運動の前後にはストレッチをすると思いますが、下の写真のようなポーズでゆっくりと大きく呼吸すると、胃腸の蠕動運動が刺激されていいですよ。

 

ストレッチ

 

◆バランスの良い食生活を心がける

食物繊維が豊富な野菜は身体にいいという認識しかありませんでしたが、そればかり食べていたのではやはりダメなんです。

栄養バランスの取れた食事がおならの悩みも解消してくれるということですね。

 

バランスの良い食事

 

おならの臭いを解消するには?

◆栄養バランスに配慮した食生活を

こちらも上と同じですね。

好きだからといってお肉ばかり食べていたのではおならの臭いは強くなりますし、脂肪過多でメタボになってしまう可能性があります。

お肉も野菜もちゃんと食べられるような食生活を考えましょう。

 

◆腸内環境を整える

身体の中なら健康になりましょうということです。

腸内環境を整えるには、次のようなことに注意しましょう。

  • ストレスを溜めない

    ストレスを受けると自律神経が乱れて胃腸の蠕動運動にも影響が出ます
  • 有害な添加物の摂取を控える

    防腐剤や着色料は善玉菌によくありません
  • 揚げ物など油分を使った料理を控える

    油は空気に触れると酸化し、酸化した油は悪玉菌を増やします
  • 発酵食品を多く摂る

    発酵食品は善玉菌のエサとなります
  • しっかり眠る

    眠ることで胃腸を休ませ、胃腸の細胞も再生されます。

 

 

◆気になるなら医療機関へ

病気が原因でおならが臭くなることもあります。

食事にも気をつけているし、肉体的にも精神的にも健康だと思っているのに、おならがいつもより臭いと感じるなら、念の為に消化器系の医療機関での受診をおすすめします。

 

まとめ

家族や友人の前でおならをしてもそれほど何とも思いませんが(女性はそうでもないか)、知らない人の前でおならをしてしまうと恥ずかしいですね。

ですがおならを我慢することは、有毒なガスを溜め込んでいるのですから身体にとっては良くありません。

ですからおならの回数を減らしたり、臭いを減らしたりすることが重要になってきます。

食べ物や食べ方に注意したりして、健康的なおなら生活?を送るように心がけましょう。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ