メンヘラの意味は?男女別の特徴と治すためのヒント!


最近ネットや雑誌の記事のなかでメンヘラという言葉を目にするようになりました。

私のような中年以降の年齢の者には分かりにくい言葉ですね。

”メン”という言葉からすると「メンタル」、つまり精神的な何かに関するもののようで、語感からするとあまりいい意味の言葉ではないような気がするんですけど、一体どんな意味なんでしょうか?

また想像通りあまりいい意味の言葉でないとすると、どんな特徴があってそれを良くするにはどうすればいいのでしょうか?

今回はメンヘラについて、そんなところを調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

メンヘラの意味

メンヘラという言葉はネットの掲示板「2チャンネル」の「メンタルヘルス板」から生まれたネットスラング(俗語)です。

メンタルヘルス板は心の健康、つまり精神的な問題についての情報を交換する場で略して「メンヘル」、そしてここで意見を交わす人たちを「~する人」という意味の英語の接尾語の”er”をつけてメンヘラーと呼ぶようになり、それが略されてメンヘラとなったわけです。

最初は単にメンタルヘルス板で意見を交わす人のことを言っていたんですけど、徐々に「精神的に異常がみえる人」という意味に変化していきました。

メンヘラは今ではメンタルヘルス板に集まる人というより、「精神的に病んでいる人」という意味で使われています。

 

 

メンヘラ

 

ただメンヘラという言葉には少なからず侮蔑的な意味もあり、純粋な意味で精神的に病んでいる人として使われる言葉ではありません。

 

メンヘラの特徴

メンヘラは精神病とは少し違い、どちらかと言うとその人が属する社会や周囲の人と意識や行動が著しく異なり、周りの人から見れば”付き合うには厄介な性格な人”という精神的個性を持った人です。

メンヘラの人の特徴は実に千差万別で、メンヘラの人の数だけあると言え、男性と女性でも違います。

ここではそのうちで主なものを挙げてみます。

メンヘラ女性の特徴

◆過去のトラウマを話したがる

「私はこんなに可哀想なのよ」ということを常に言いたがっています。

常に自分が注目されていないと気がすまないと思っていて、周りの人の気を引くために自分に起きた悲劇的な出来事を話したがります。

多少の可哀想な体験は同情を引くこともありますが、そんな女性と親密になると度重なるそのような発言に疲れてしまいます。

◆SNSでのネガティブな発言が多い 返信がしつこい 

これも「私に注目して!」という気持ちの現れです。

普段は普通の女性なのに、どんなことを言ってるのだろうとSNSでの発言を見ると、「どうせ私なんて」とか「私はひとりぼっち」など、マイナスな発言ばかり。

そんな発言に返信しようものなら、一旦終わったようなやり取りでも、こちらが返信を止めるまで返信を繰り返してきて、そのしつこさに閉口してしまいます。

◆自傷行為をしてしまうことも

メンヘラ女性の中にはリストカットや根性焼きを何度もして、その跡を他人に見せたがります。

これも本当に死にたいわけではなく、自分に注目を集めたいために行っているのです。

◆異常に嫉妬深い

メンヘラの女性は愛する人からの愛情をすべて自分に向けられために、異常に嫉妬深くなります。

彼氏の携帯電話を盗み見するのは当たり前で、彼氏が愛犬が可愛いことを話しても、「私と犬とどっちが大切なの?」と機嫌を悪くしてしまいます。

◆気分の浮き沈みが激しい

女性は生理の時には気分が落ち込むものですが、メンヘラの女性は生理に関係なく自分が楽しいことが起きた時は異常にハイになり、逆のときには急激に落ち込みます。

ハイなときには一緒にいても楽しくて付き合いやすいのですが、逆のときには何を言っても無駄で「付き合いにくい女性」という印象をあたえてしまいます。

◆ヒステリックになりやすい

メンヘラ女性は頭に血が上りやすく、「何でそんなことで?」と思うようなことでもすぐにキレます。

感受性が豊かということではなく、自分の思うようにならないことが起きると、自分中心なためにすぐに怒りを表に出してしまうのです。

 

Sponsored Link

 

メンヘラ男性の特徴

◆自己愛が強い

自分を愛すること、自己肯定は精神衛生上大切なことですが、メンヘラ男性はその気持が違った方向に強いのが特徴です。

「自分が最高!」という気持ちが強いので、「他の人は私より下」と他人を見下しているところがあり、そのために円滑な人間関係を築くのが難しく、親密な友人は少ない傾向にあります。

◆孤独が好き

友好的な人間関係を築くのが苦手なので必然的に孤独がちになり、誘われると本当は嬉しいのにどうせ打ち解けることはできないからと断り、「俺は孤独が好きなんだ」とアピールしてきます。

友達ができないことをこのアピールでプライドを保とうとしているのかもしれません。

◆嫉妬深い

嫉妬深いのは女性も男性も同じですが、男性の場合は「自分は好かれない」というコンプレックスを持っていて、彼女ができるとその関係を何としても続けたいと思い、それが嫉妬深さとして現れてしまいます。

メンヘラ女性と違ってあれこれ騒ぎ立てることはなく、逆に無関心を装います。

◆駆け引きが好き

メンヘラ男性は恋愛関係においても「自分が上」と見ているので、彼女との間に何か問題が起きた時には、相手を困らせるという行動に出て、自分の優位性を再確認しようとします。

そして物事が自分の思っている方向と違う結果になりそうになると、今度は相手の同情を引くような発言や行動をし始めます。

◆けっこう繊細

メンヘラ男性は「自分が一番」という自信をもっているために、その自信が崩れるような出来事が起きると、簡単に心が折れてしまいます。

友人を作りたがらないのも、友人に何か言われて自尊心が傷つくのを恐れる証拠と言えるでしょう。

 

メンヘラを治すには?

メンヘラの人は「自分が一番」「世界は自分のためにある」という意識が強いので、自分がメンヘラであることを自覚することは難しいのですが、上に挙げたようなことに思い当たれば自分を見なおしてみる必要があると言えるでしょう。

メンヘラを治すにはどうすればいいのでしょうか?

その方法をいくつかご紹介します。

 

規則正しい生活を心がける

 

早寝早起き

 

人間には心身ともに健康に過ごすことができる生活のリズムというものがあります。

早寝早起き、健康的な食生活、十分な睡眠などがそれに当たり、こういったものを無視して乱れた生活を送っていれば、脳神経の働きも乱れてきてメンヘラになってしまう可能性が高くなります。

メンヘラの人はいつも不満を持っていて、自分が幸せだと感じていればメンヘラになることもなくなり、幸せホルモンと呼ばれているセロトニンは、朝日を浴びることで体内時計がリセットされてより多く分泌されるようになります。

規則正しい生活でセロトニンをドバドバ分泌させましょう。

 

誰かに本音を語る

 

語る

 

人は一人では生きていけません。

メンヘラの人は周りから「付き合いにくい人」というレッテルを貼られています。

人は誰でも本音を語ってくれる人には心の壁を取り払って話を聞いてくれるもので、信頼できる誰かに「自分はこうなんだ」とすべてをさらけ出すように話してみましょう。

きっと親身になって相談に乗ってくれると思いますよ。

 

人は皆つながっていると思う

 

 

つながり

 

メンヘラの人は自分が一番で、自分と他人は全く隔絶していると思っているところがあります。

地球上に生きている人はみなたった一つの生命から出発していて、灼熱の地球が冷えて単細胞生物が生まれ、そこから何億年もかけて人類が生まれました。

そう考えると、地球上の生物はたった一つの生命を祖先として持ち、人は誰もがつながっていると言えます。

こんなことに目を向ければ、自分と他人は全く違うという思いは消えるのではないでしょうか?

 

言葉に気をつけ、笑顔を忘れない

 

笑顔

 

言霊(ことだま)ってご存知ですよね。

言葉に内在する霊力のことなんですけど、私は言葉自体にはそんな力はないと思っていて、その言葉を発するときの人の感情が似たようなものを引き寄せるのだと考えています。

自分の病気のことを延々と話すときには、「つらい」「いやだ」などのマイナスの感情がいっぱいで、そうするとまたそんなことを感じるようなことが起きてしまうのだと思っています。

ですから、マイナスの感情を引き起こすような言葉を口にしないことが大切で、そのことがメンヘラと呼ばれないことにもつながると思います。

 

「笑う門には福来る」とは実に的を得た言葉だとは思いませんか?

笑顔の時にマイナスの感情を持つことはなく、ハッピーな気持ちでいられるからで、そのことがまたハッピーに思えることを引き寄せます。

いつもニコニコ笑っている人をメンヘラだと認識することはありませんね。

口角を上げるには少し筋力がいりますが、いつも笑顔を忘れないようにしましょう。

 

医者に行く

 

お医者さん

 

メンヘラの人は感情の起伏が激しく、新型うつ病であるということもあります。

(参考→新型うつ病は甘え?原因とチェック方法

なので心配なときには医療機関での受診をおすすめします。

お医者さんはその道の専門家で、精神科の診断は難しいのですが、名の通ったお医者さんや医療機関なら経験も豊富できっと手助けになってくれます。

通うのは心療内科か精神科がいいでしょう。

精神科に通うのはちょっと、という場合には心療内科がいいですね。

私の経験では、割りと普通な人がたくさんいたので驚きましたよ。

 

まとめ

愛情いっぱいで育った人は愛情豊かな人になると言います。

メンヘラになってしまう原因は、そのような愛情を受けて育てられることがなかったことも原因だと言われています。

さらに過去に受けた悲惨な経験もメンヘラになる原因の一つです。

でも「過去は過去」「今からでも自分は変えられる」という気持ちを持って、メンヘラから脱却するという意気込みを持つことが大切です。

 

またそうでない人は、メンヘラというのは差別的な言葉で、使っては行けない言葉だと認識することが重要です。

そうでないと、メンヘラだと言われた人はますます自虐的になってしまう可能性がありますからね。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ