松島基地航空祭2017!ブルーインパルスは?今年も入場券が必要?


航空自衛隊による航空祭は、コアな航空ファンからお子様連れのファミリーまで幅広い層の人が楽しめるイベントが目白押しのとても人気があるショーです。

そして航空祭の目玉と言えば、何と言ってもブルーインパルスの展示飛行。

そのブルーインパルスが所属するのが航空自衛隊松島基地「第11飛行隊」ですが、松島基地では2011年の東日本大震災で被災して以降、2015年まで航空祭は開催されていませんでした。

多くのファンからの要望と、松島基地の復興への協力に対する感謝の気持ちを込めて2016年には松島基地復興感謝イベントが開催されることになり、ブルーインパルスの展示飛行も行われました。

但し、通常の航空祭のように誰でも見物できるというわけにはいかず、見学は応募による抽選でした。

松島基地の復興も順調に進み、今年は抽選による入場ではなくて誰でも入場できる一般公開となり、入場券は不要の通常の松島基地航空祭となりました。

今回は松島基地航空祭2017の開催情報、アクセス方法などをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

松島基地航空祭2017 開催情報

 

松島基地航空祭2017

  • 開催日:2017年8月27日(日)
  • 開催時間:8:00~16:00(入場は14:00まで)
  • 開催場所:航空自衛隊松島基地及びその周辺空域
  • 住所:宮城県東松山市矢本字板取85
  • 入場は無料
  • 問合せ先:松島基地第4航空団司令部管理部広報班
  • 電話:0225-82-2111(内線211)
  • 問合せ受付時間:9:00~15:00

 

 

 

Sponsored Link

 

 

航空自衛隊松島基地へのアクセス

一般公開となった松島基地航空祭は大変な人出が予想されます。(震災前は5万人以上の人が集まったそうです。)

駐車場の収容台数には限りがあり、渋滞も予想されるのでなるべくなら公共交通機関の利用をおすすめします。

 

電車を利用する場合

最寄り駅:JR仙石線(せんせきせん)の矢本駅(松島基地までは徒歩約25分)

  • 東京駅から:東北新幹線(約1時間50分)⇒仙台駅⇒仙石線(快速約45分)⇒矢本駅
  • 盛岡駅から:東北・秋田新幹線(約50分)⇒仙台駅⇒仙石線(快速約45分)⇒矢本駅
  • 仙台空港から:仙台空港アクセス鉄道(約30分)⇒仙台駅⇒仙石線(快速約45分)⇒矢本駅

 

車を利用する場合

  • 仙台方面より:R45⇒東松島市⇒松島基地
  • 東京方面より:東北自動車道・仙台南IC⇒仙台南部道路⇒三陸自動車道⇒矢本IC⇒松島基地
  • 青森方面より:東北自動車道・富谷JC⇒北部道路⇒三陸自動車道⇒矢本IC⇒松島基地
  • 仙台空港より:仙台空港IC⇒仙台東部道路⇒三陸自動車道⇒矢本IC⇒松島基地

 

車で行く場合には路上駐車などをしないよう、しっかり駐車場は確保しましょう。

 

駐車場は?

松島基地航空祭では臨時の駐車場が用意されますが、まだ詳細は発表されていませんので分かり次第ここでご紹介します。

松島基地航空祭の臨時駐車場についての詳細が判明しました。

松島基地周辺の復興工事が完了していないこと、東松山市内の交通渋滞緩和などのため駐車場の利用が制限され、公募による抽選で利用者が決定されます。

  • 応募期間:2017年7月20日(木)~8月7日(月)当日消印有効
  • 応募方法:往復はがきのみ(電話やインタネットでの応募は受け付けていません)

 

注意事項

  • 車の登録ナンバー必要
  • はがき一枚につき一台の応募
  • 当落にかかわらず返信用はがきで通知
  • 当落に関する問い合わせは受け付けません
  • 応募時に登録した車以外は駐車禁止

駐車場は会場にシャトルバスで入場する東松山市外駐車場と、徒歩で入場する東松山市内駐車場があり、シャトルバスは午前7時から随時運行されます。

往復はがきの記入例など、応募に関する詳細はコチラを参考にして下さい。

 

ブルーインパルスが2回飛ぶ

今回の松島基地航空祭ではブルーインパルスの飛行展示はつぎのスケジュールで2回行われます。

  • 9:35~10:15
  • 13:45~15:00

ブルーインパルスの本拠地らしい配慮されたプログラムですね。

 

ブルーインパルスが2日間連続で飛ぶ

松島基地航空祭2017は8月27日の開催ですが、松島基地がある東松島市では毎年夏まつりが開催され、2017年は前日の8月26日(土)の開催です。

そしてその東松山夏まつりでブルーインパルスが展示飛行をすることが決定しています。

(参考:東松山夏まつり2017にブルーインパルスが!日程は?花火は

東松島市の誇りであるブルーインパルスは2016年にも登場し、13時30分から約30分間の展示飛行を見せてくれました。

今年も同じような時間帯になると予想されます。

(「ブルーインパルスは東松山の誇り」と東松山夏まつりの開場はブルーインパルスにちなんで青色で彩られ、青色の衣装を着て行けば粗品ももらえますよ。)

 

 

ブルーインパルスの展示飛行はは雨天の場合には中止になりますが、夏に2日連続で雨が降るとはちょっと考えづらいですね。

ブルーインパルスを見たいのなら、週末ですし両日とも予定を空けておいてはどうでしょう?

 

終わりに

2010年を最後に東日本大震災により開催が中止されていた松島基地航空祭でしたが、2014年に当時の小野寺防衛大臣が2016年の再開見込みを公表してファンを喜ばせました。

再開の条件であったF-2の松島基地帰還も完了したにもかかわらず、避難誘導などの面で問題があるのでしょうか、2016年は入場制限をかけて以前よりも縮小した規模での実施になりました。

そして入場制限で開催した松島基地復興感謝イベントが成功裏のうちに終了し、2017年からは通常の航空祭に戻るようです。

松島基地の皆さんの復興の努力に感謝しながら、松島基地航空祭を楽しみましょう。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ