諏訪湖花火大会2016の日程!有料チケットはいつから販売?


毎年夏になると全国各地で花火大会が開催されますが、打上数で日本一の規模を誇っているが諏訪湖祭湖上花火大会(諏訪湖花火大会)です。

東洋のスイスとも言われる諏訪市は諏訪湖を中心とした盆地になっていて、周りを山に囲まれた地形ゆえに諏訪湖の湖面から打ち上げられる花火は、その色彩の美しさのみならず花火が破裂したときの音が響き渡り、抜群の音響効果で余韻を楽しめます。

花火を打ち上げる諏訪湖の中の初島はそのためだけに造られた人工島であり、関係者の諏訪湖花火大会にかける意気込みもなみなみならぬものがありますね。

諏訪湖祭湖上花火大会の2016年の日程はどうなっているのでしょうか?

また、混雑必至の諏訪湖祭湖上花火大会をゆっくりと鑑賞できる有料チケットの販売の詳細はどうなっているのかなど、諏訪湖祭湖上花火大会の詳細をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

諏訪湖花火大会2016 開催情報

 

諏訪湖花火大会2016

  • 開催日:2016年8月15日(月)
  • 開始時間:19:00~
  • 打上げ場所:諏訪市湖畔前諏訪湖上
  • 打上数:約4万発
  • 来場者数:約50万人(2015年)
  • 雨天決行(荒天の場合は中断あるいは中止もあります。)
  • 問合せ先:諏訪湖祭実行委員会(諏訪市観光課内)
  • 電話:0266-52-4141

 

 

 

 

諏訪湖花火大会 有料チケット詳細

諏訪湖花火大会にはマス席、ブロック席、自由席などいろんな種類の有料席が用意されています。

開門は午後2時の予定です。

 

諏訪湖花火大会 有料席

◆大型マス席(業者専用)
 収容人数:約50人
 価格:270,000円
 販売数:25マス
 受付開始:5月12日(木)8:00~
◆特別マス席(コンパネ張り)
 収容人数:約20人
 価格:123,000円
 販売数:53マス(内諏訪市民枠26マス
 受付:5月6日(金)~5月31日(火)往復はがき必着で抽選
◆一般マス席
 収容人数:約20人
 価格:102,000円
 販売数:108マス(内諏訪市民枠54マス)
 受付:5月6日(金)~5月31日(火)往復はがき必着で抽選
◆ブロック指定席
 収容人数:1ブロック20~100人
 価格:1人(3才以上)4,100円
 販売数:約2,400席(内諏訪市民枠1,200席)
 受付:5月6日(金)~5月31日(火)往復はがき必着で抽選
◆前売り有料自由席
 販売数:約3,000枚
 販売場所:諏訪市文化センター・第一集会室
 発売開始:7月29日(金)8:30~
 観覧場所:石彫(せきちょう)公園と湖畔公園
 価格:大人・3,000円(中学生以上) 子供・1,500円(3才から小学生)
◆ローソンチケット委託有料自由席
 販売数:約6,900枚
 発売開始:8月1日(月)10:00~
 観覧場所:石彫(せきちょう)公園と湖畔公園
 価格:大人・3,500円(中学生以上) 子供・2,000円(3才から小学生)
◆当日販売旧東バル跡地有料自由席
 販売数:約5,500枚
    価格:3才以上一人1,000円(大人・子供同一料金)
 販売場所:現地(旧東バル跡地)
 発売開始:8月15日(月)8:00~

問合せ先:諏訪湖祭実行委員会 Tel.0266-52-4141 

 

(花火大会が中止にならない限りチケットの払い戻しはありません。途中で中止された場合も同様です。)

 

Sponsored Link

 

諏訪湖花火大会へのアクセス

諏訪湖花火大会は打上数、規模ともに日本有数の規模を誇り、日本各地からたくさんの人が訪れます。

そのために花火大会当日は駅から会場に向かう道は早くから人の波で溢れかえり、周辺の道路も大渋滞に陥り交通機関は麻痺状態に陥ります。

なので、諏訪湖花火大会へは公共交通機関の利用がおすすめです。

 

◆電車でのアクセス

 ●新宿から

  JR中央東線で約2時間、上諏訪駅で下車 徒歩約8分

 ●名古屋から

  JR中央西線で約2時間、塩尻駅で下車

  中央東線に乗り換え上諏訪駅で下車 徒歩約8分

  (当日は臨時列車も増発されます。)

 

◆車でのアクセス

 東京・名古屋から

 中央自動車道を諏訪ICで降り(約2時間)、国道20号線を北に約15分(平常時)。

 

◆駐車場

車でみえる方のために有料・無料の駐車場が用意されます。

 1.ヨットハーバー 1,000台収容 有料 軽・普通車は3,000円

 2.県合同庁舎 170台収容 無料

 3.城南小学校校庭・市役所 400台収容 無料

 4.諏訪中学校校庭 200台収容 無料

 5.上諏訪中学校校庭 200台収容 無料

 6.高島小学校校庭 150台収容 無料

 7.城北小学校校庭 100台収容 無料

 8.琵琶湖スタジアム 750台収容 有料 軽・普通車は1,000円

 9.豊田終末処理場 700台収容 無料

 10.第一精密工業団地内 530台収容 無料  など

開場は1が4:00、2~7が7:00、8~10が8:00となっていますが、状況によっては開場時間が早くなるばあいもあります。

収容台数が極めて少ないため、出来る限り公共交通機関を利用しましょう。

 

場所取りについて

花火大会当日は沢山の人が朝早くから少しでもいい席をと場所取りに奔走し、目印になるものを置いて場所取りをしています。

ですが河川区域(湖畔・ジョギンロード周辺)を場所取りすることは不法占拠になるため禁止です。

よくあるのがビニールシートやマットなどを敷いての場所取りですが、これももちろん不法行為です。

マナーを守った場所取りをしましょう。

 

諏訪湖花火大会の見どころ

諏訪湖花火大会は2部のプログラムに分かれていることが特徴で、構成の違う花火を見ることができます。

なかでも見ものは第2部の水上スターマインKiss of Fireと長さ2キロにも渡るナイアガラです。

スターマインとはたくさんの種類の花火を連続して打ち上げ、夜空にひとつのテーマを描き出す花火大会の華とも言えるものですが、諏訪湖花火大会ではこれが水上も使って行われるんです。

水上スターマインがある花火大会は他にもありますが、諏訪湖のものが日本一と言われています。

 

ナイアガラの美しさに見とれていると、諏訪湖花火大会もいよいよフィナーレに突入します。

 

夏の諏訪湖は毎日が花火日和

諏訪湖では8月の花火大会の他に、9月には全国新作花火競技大会が行われます。

さらにそれだけでなく夏の間、7月24日(水)から8月31日(水)まで毎日サマーナイトファイヤーフェスティバルと銘打って花火が打ち上げられます(8月15日は除きます)。

時間は15分間と短いものですが、打上げられる花火は毎日800発とかなりの数です。

諏訪湖花火大会に行けない、有料席を確保できなかったという方はこちらを検討してみてはどうですか?

 

終わりに

中央自動車道の諏訪湖SAは温泉入浴もできるサービスエリアとして人気があります。

そして諏訪湖SAからは諏訪湖が一望でき、諏訪湖の花火大会も見ることができてしまいます。

考えることは誰も同じで、ここから花火を見ようとする人がたくさんいます。

しかし花火観覧の目的で諏訪湖SAを利用することは禁止されていて、あまりのマナーの悪さに過去には封鎖されたり入場規制がかかったこともありました。

サービスエリアを利用する人の迷惑にもなり、渋滞や事故の発生原因にもなるので諏訪湖SAを花火観覧目的で利用するのはやめましょう。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ