子供が熱中症になるとこんな症状が!対策や予防は?


子供って真夏の炎天下のもとでも本当に元気に遊んでますね。

気温が35℃を越すようなときでも子供が「暑い、暑い」と言っているのを聞いたことがありません。

子供は大人よりも熱に強く、多少の熱があったり体調が悪くても平気で遊びます。

なので、元気に外で遊んでいても安心はできません。

特に気温や湿度が高いときに気をつけなければいけないのが熱中症ですが、元気に遊ぶ子供を見て熱中症のサインを見落としがちになってしまいます。

熱中症は症状が進むと臓器不全や意識障害、最悪の場合には死に至ることもあります。

子供の熱中症のサイン(症状)にはどんなものがあるんでしょう?

また、対策や予防はどうすればいいのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

子供の熱中症の症状は?

熱中症とは、高温や高湿の環境下で発汗で水分や塩分が多量に失われたり、逆に汗が蒸発せずに熱が体内にこもってしまい、体温調節などの代謝機能が上手く働かなくなる状態です。

思春期前の子供は体温調節の機能と汗腺が未発達なので、大人よりも熱中症にかかる危険が高いと言えます。

暑いときに子供の様子を見ていて気をつけるべき様子は次のようなものです。

 

子供の熱中症のサイン(症状)

  • 暑いのに汗をかかない
  • いつもより元気が無い
  • フラフラしている
  • 顔色が赤い
  • 青ざめている
  • けいれんを起こす
  • 嘔吐
  • 熱がある

 

このなかで一番気をつけなければいけないのが、熱があることです。

ほかの症状は注意して見ていれば分かりますが、子供は少しくらい熱があっても元気なので見落としがちになってしまうからです。

40℃を越すような高温になると、臓器の損傷が心配になります。

子供は日陰に入ったり遊びを中断して休むなど、自ら暑さから身を守ることはまずできないので、親が気をつけて見てあげることが必要です。

 

熱中症の対策

熱中症対策の基本はまず冷やすことです。

熱中症は急激に症状が悪化することがあるので、子供の様子を見ていて「おかしい」と感じたらまず冷やすことを考えます。

 

子供が熱中症になったら

  • 木陰やクーラーの効いた部屋など涼しい場所に移す
  • 衣服を緩めたり脱がす
  • 冷たいタオルを当てたり扇風機などで冷やす
  • 太い血管がある首や鼠径(そけい)部を冷やす
  • 水分と塩分の補給をする(スポーツドリンクで可)
  • 熱があれば医療機関を受診する(熱中症の高熱に解熱剤は効かない)

 

熱中症

(出典:http://www.otsuka.co.jp/health_illness/heatdisorder/care_02/#section_01)

 

この対策は大人であっても同じですね。

ただ子供の場合は自ら体調の悪さを訴えることはほどんどないので、周囲の大人、特に親が対応してあげなければいけないんです。

(参考サイト⇒熱中症の応急処置!イラストで分かりやすく

また、これらの対策を施しても体調が回復しないのであればお医者さんに診てもらいましょう。

 

Sponsored Link

 

子供の熱中症を予防するには?

子供は大人より熱中症になりやすいんですが、子供自身では気づきにくいという厄介な面があります。

子供を熱中症から予防するために親が注意するには、次の三つのポイントが大切になってきます。

  • 徐々に慣らす
  • 身につけるものに気を配る
  • 水分・塩分補給
  • 食べ物

順番に見ていきましょう。

 

徐々に慣らす

暑さに慣れていないときにいきなり炎天下で動きまわるのは、汗腺の働きがまだ十分に機能しないために熱中症になりやすくなります。

そのために暑くなる前から少しきつめの運動を習慣化して暑さに慣れるようにすると、汗腺の働きが順応化して汗と塩分の過剰な流失を防ぐことができて熱中症予防になります。

最近では5月でも30℃を超える最高気温が続くこともあるので、春先が過ぎた頃から気をつけるようにするといいですね。

 

子供

 

クーラーに頼りすぎても暑さへの慣れが鈍ってしまいますので、クーラーに頼り過ぎない生活も大切です。

 

身につけるものに気を配る

屋外で遊ぶときには直射日光を防ぐために帽子は必須アイテムですが、暑くなってきても長袖のシャツを着るのもアリです。

半袖だと皮膚が外気に触れている体表面が多いという意味では涼しいのですが、逆に直射日光を受けるところが多くなるということです。

真夏の屋外で作業している方がみなさん長袖の作業着を着ているのは、半袖のほうが体力の消耗が早いからです。

紫外線防止という見地からも、吸湿性のある素材でできたサラッとした着心地の長袖シャツで太陽光から守ってあげましょう。

お子さんが「カッコ悪い」と言うのなら、値段は少し張りますが高機能シャツというものもあります。

スポーツメーカーから発売されている身体にフィットした吸湿速乾機能に優れたシャツで、ジュニアサイズも揃ってます。

私もテニスやジョギングのときには長袖の高機能シャツを着ていますが、確かに半袖のシャツだけより疲れにくいですし、半袖のときより暑いと感じたことはありませんよ。

 

高機能シャツ

 

水分・塩分補給

これはもう言うまでもありませんが子供は早く外に遊びに行きたいばかりで、黙っていたら何も持たずに家を飛び出してしまいます。

子供が家を出る前にスポーツドリンクを持たせてあげましょう。

スポーツドリンクも過剰に飲むとペットボトル症候群や虫歯の原因にもなるので、可能なら2倍程度に薄めたものを飲ませるようにしましょう。

 

ポカリスエット

 

食べ物

体力が落ちている時や、疲れている時ほど熱中症になりやすくなります。

熱中症によい栄養素も存在するので、積極的に摂取して熱中症予防につなげましょう。

カリウム

汗をかくとカリウムも体外に出て行ってしまい、カリウムが不足すると脱水症状を引き起こします。

そうなると熱中症になりやすくなり、また熱中症からの回復も遅れまので、暑いときにはカリウムを多く摂るようにしましょう。

カリウムを多く含む食品には

  • 海藻類
  • パセリ
  • 味噌
  • 納豆
  • アボガド などがあります。

 

カリウムを多く含む食品

 

クエン酸

人の身体にはエネルギーを作り出すクエン酸回路というものが機能していて、クエン酸回路を動かしているのがクエン酸です。

クエン酸が不足すると疲労物質が分解されずに体内に溜まって疲れやすくなり、熱中症にもなりやすくなります。

クエン酸はレモンやグレープフルーツなどの柑橘類に多く含まれ、また粉末でも販売されているので、クエン酸をスポーツドリンクに溶かしておけば、疲労回復と熱中症予防に効果的です。

 

レモン

 

ビタミンB群

暑い時は冷たいジュースやアイスクリーム、そうめんなど知らないうちに糖分をたくさん摂ってしまっています。

糖分を分解するにはビタミンが必要で、汗でどんどん体外に流れ、体内でも消費するとなるとビタミン不足になります。

糖分の代謝に欠かせないのはビタミンB1で、ビタミンB1が不足すると疲労物質が分解されずに食欲不振や倦怠感を引き起こし、熱中症になりやすくなります。

ただビタミンBは複合体で働くので、ビタミンB群として摂取するのが熱中症予防には効果的です。

ビタミンB群はビタミンB1、B2、B6、B12,ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンがあり、それぞれ多く含む食品には次のようなものがあります。

  • ビタミンB1:豚ヒレ肉・豚もも肉
  • ビタミンB2:豚レバー・サバ
  • ビタミンB6:マグロ・鶏むね肉(皮を除く)
  • ビタミンB12:アサリ・牛レバー・牡蠣
  • ナイアシン:カツオ・鶏むね肉(皮を除く)
  • パントテン酸:大豆・さつまいも・牛乳
  • 葉酸:アスパラガス・大豆・牛レバー

 

ビタミンB群を多く含む食品

 

これらの食品をバランスよく摂って、子供を熱中症に強い身体にしてあげましょう。

 

まとめ

子供は暑い時でも元気に遊んでいてほしいものですが、でもその元気さゆえに熱中症に気づかないこともあります。

子供を熱中症から守るのは親の務めです。

普段から熱中症予防に気を配り、子供の様子が何かおかしいなと感じたらすぐに対策を取るようにしてあげてください。

今の子供たちは快適な環境のせいで昔に比べてひ弱になっています。

大変ですけどしっかりと見守っていきましょう。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ