胃下垂の原因と改善方法!太らないって本当?


あなたは食事をしたあとにお腹が張った感じや、ムカムカした感じがしたり、下腹がぽっこりと出るなんてことはありませんか?

もしそうなら、それは胃下垂かもしれませんよ。

胃下垂とは文字通り、「胃」が「下」に「垂」れている状態です。

正常な状態ではないので何かしら不具合が起きてきますが、自覚症状はそれほど重篤なものでないためになかなか気づかないことも多いようです。

私も胃潰瘍の検査でバリウムを飲んでレントゲンを撮ったときに、胃が骨盤のところまで下がっていたのでそのとき初めて知りました。

 

胃下垂はどんなことが原因で起き、どんな自覚症状が現れるんでしょう?

そして胃下垂になると太らないと言いますが、本当なのでしょうか?

今回はそんなところを調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

胃下垂の原因

どうして胃下垂になるのかについてはまだ完全には分かっていなくて、次のようにいろいろな原因があると考えられています。

  • 暴飲暴食
  • ストレス
  • 姿勢の悪さ
  • 筋力不足

順番に見ていきましょう。

 

◆暴飲暴食

 

暴飲暴食

 

許容量を超えて食べ過ぎたり飲み過ぎたりを繰り返していると、消化できないものがいつまでも胃に留まり、その重みで胃が下がって胃下垂になってしまいます。

 

◆ストレス

 

ストレス

 

強いストレスを受け続けると副交感神経の働きに不調を来たし、胃酸が十分に出なかったり胃の蠕動運動が弱まったりして消化不良になります。

そうなると、胃の中に食べ物が消化されずに長いこと残り、その重さで胃が引き延ばされてしまって胃下垂になります。

最近はこのタイプの胃下垂が多いそうです。

ただ、ストレスは目に見えるものでもなく、自分がストレスを受けていることも気づかないこともあるので、一番厄介な問題だとも言えます。

 

◆姿勢の悪さ

 

悪い姿勢

 

猫背などの悪い姿勢を続けていると、身体の曲がりやねじれで毛細血管が圧迫されて血行不良になり、内臓を支える筋肉や筋膜に栄養が行き届かずに弱まり、胃の重さを支えられなくなって胃が下がります。

また、猫背になると前かがみの姿勢になり、臓器が圧迫されて下に押し出されて胃下垂につながります。

 

◆筋力不足

 

腹筋

 

胃は内臓の筋肉や筋膜で支えられています。

特に重要な役割をしている腹筋が弱まると胃とその内容物の重量を支えることができなくなり、胃下垂になります。

開腹手術をしたあとや、何度も出産をした女性は腹筋が弱くなっているので胃下垂になりやすいと言われています。

 

胃下垂の自覚症状

胃下垂になると現れる自覚症状は症状は軽いものの、人それぞれで実にたくさんあります。

 

胃下垂の自覚症状

  • 食後に胃もたれがする
  • 食欲不振
  • 少し食べたでけで満腹になる
  • 腹部膨満感がある
  • ゲップが出る
  • 食後に下腹部がポッコリ膨らむ
  • 大便の出が悪い
  • 吐き気   etc

 

これらの自覚症状は重篤なものでないために見過ごしてしまうこともあったり、自覚症状がほとんど見られない人もいます。

私も胃下垂だとは思ってもいませんでした。

でも、これらの自覚症状が複数ある場合には胃下垂を疑ったほうがいいかもしれませんね。

 

Sponsored Link

 

胃下垂を自分で改善するには?

胃下垂は病気ではありません。胃が下に延びているという状態のことです。

我慢出来ないほどの自覚症状があれば問題ですが、そうでない場合には放っておいてもさほど問題はないでしょう。

でも胃の機能が十分に働かずに栄養が吸収できていないので、身体にいいことはありませんね。

それに一番何とかしたいのは下腹ポッコリではないですか。

また胃下垂が常態になってしまうと、胃は弱った消化機能を高めようと胃酸を過剰に分泌して胃炎や胃潰瘍になってしまうこともあります。

私の場合もどうも胃下垂から胃潰瘍になってしまったようです。

 

胃下垂を改善するには原因と思えることを取り除いてやればいいのです。

  • 腹八分目を心がける
  • ストレスと上手に発散する
  • 良い姿勢を心がける
  • 腹筋を鍛える

こうしたことに普段から気をつけていれば胃下垂は改善されていきます。

あともうひとつ、胃の負担を少なくするために「食べ物はよく噛んで食べる」ことも忘れないで下さい。

胃下垂になっているということは、胃の機能が弱まっているということなので、胃を助けるためにもよく噛んで食べることが胃下垂の改善につながります。

 

胃下垂は太らないって本当?

 

細身

 

ダイエッターの方のなかには「胃下垂の人は太らないから羨ましい。私も胃下垂になりたい。」などという人もいますが、胃下垂の人は太らないというのは正しいのでしょうか?

私の経験から言うと半分は正しく、半分は違うというところだと思います。

確かに胃下垂になると胃の働きが弱まり、食べても栄養が十分に吸収できなくなるために太りにくくはなります。

でもこれは「太らない」というのではなく、「太れない」ということなんです。

私が胃下垂だと言われた時は、身長178センチで体重は57キロでした。

もうちょっと太りたいと思ってタンパク質のものをたくさん食べようとしても、すぐにお腹が一杯になってしまって体重増加は望めませんでした。

 

それに胃下垂だから太らない、というより胃下垂になる人は元々痩せている人が多いのです。

だから、痩せているから胃下垂になるというのが正しいんでは?と思います。

 

まとめ

 

胃下垂になる原因

  • 暴飲暴食
  • ストレス
  • 姿勢の悪さ
  • 筋力不足(特に腹筋)

胃下垂の自覚症状(感じない人もいる)

  • 食後の胃もたれ
  • 食欲不振
  • すぐに満腹になる
  • ゲップ
  • 食後に下腹部が膨らむ etc

胃下垂の改善方法

  • 腹八分目
  • ストレスの発散
  • 良い姿勢
  • 腹筋の強化
  • よく噛んで食べる

胃下垂は太らない?

  • 太らないのではなく太れない

 

いかがでしたか?

胃下垂って大したことないって思われがちなんですけど、胃潰瘍になってしまうとツライですよ。

お腹が空いてくると何とも言えない不快な痛みに襲われます。

不思議なことに、胃はずっと下に下がっているのに痛みを感じるのは元々胃があったみぞおち辺りなんです。

胃下垂の多くは生まれつきのものであるらしいんですけど、もし胃下垂の症状に悩まされているなら私のようにほかの病気を併発するまえに治してしまいましょう。

初期段階なら今回ご紹介した方法でかなりの効果が期待できますよ。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ