梅雨時の頭痛の原因と対策!お医者さんのお話


ギラギラと太陽が照りつける夏は一年で一番好きな季節です。

開放的な気分になって汗をたくさんかいて、紫外線にさえ気をつければ「健康的!」って感じですよね。

でも、大好きな夏が来る前に気分を憂鬱にさせるものがやってきます。

それが梅雨です。

梅雨時になるとなぜか頭痛がして薬に頼らなくてはいけなかったんですけど、私の祖母もそんなことを言ってたので、遺伝かなぁと諦めてました。

我慢できないほどの頭痛ではなかったんですが、お医者さんに行ったときに原因を聞いたら意外なことが分かりました。

今回は梅雨時に頭痛になる原因と、それを解消するにはどうしたらいいのかをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

梅雨時に頭痛になる原因

梅雨時に頭痛が起きるのは、私のような凡人は「湿度が高くなるからかなぁ」くらいしか思いつかないのですが、実は次のようにもっといろんな要因があったんです。

梅雨時に頭痛になる原因

  • 気圧が下がる
  • 酸素が薄くなる
  • 湿度が上がる
  • 急激な温度差

 

順番に見てみましょう。

 

気圧が下がる

梅雨時の頭痛の原因として一番大きいものと考えられているものです。

梅雨時になると梅雨前線が日本列島を横切るように停滞しますね。

天気図で言うと、赤い半円と青い三角形の模様が交互についたアレです。

雨が降るのは梅雨前線上に低気圧が発生するからで、この気圧の低さが頭痛に関係します。

 

気圧が下がるとどうして頭痛が起きるのか?

気圧が低い高い山に登ったり、飛行機に乗ったりすると、ポテトチップの袋がパンパンに膨らみますね。

あれと同じことが身体でも起きていて、血管が膨張するのです。

そして、膨張した血管が脳の神経を圧迫して頭痛を感じるというわけです。

 

お医者さんから聞いた話で一番びっくりしたのがこれです。

だって台風のときなんかはもっと急激に気圧が下がるんだけど、頭痛はしないからそれって本当なの?と思いましたが、梅雨時の低気圧で頭痛がするのは、「気圧の低い状態が継続するから」なんだそうです。

 

私の頭痛の原因もこの「低気圧頭痛」だろうということでした。

 

酸素が薄くなる

気圧が低くなると空気中の酸素濃度が低くなります。

そうなると酸素を少しでも多く体内に送ろうと脳から指令が出て、身体はそのメカニズムによって血管を拡張させます。

その結果、上と同じように脳の神経が圧迫されて頭痛が起きます。

通常の1気圧(=1013ヘクトパスカル)の大気だと酸素濃度は21%なんですが、気圧が10ヘクトパスカル下がると酸素濃度は1%ほど下がります。

そして、空気中の酸素濃度が18%を下回る状態が続くと頭痛を感じる人が多くなると言われています。

酸素が薄い人混みの中や、空気の悪いところに長くいると頭が痛くなるという人がいるのもこのためですね。

 

湿度が上がる

梅雨時は湿度が高く、ジメジメといやな期間が続きます。

湿度が高いと代謝が悪くなって体外に出るはずの水分が身体にこもり、それが頭部でむくみとなって神経を圧迫して頭痛を引き起こします。

梅雨時にほとんど汗をかくことをしない人や、むくみグセがある人は要注意ですね。

 

温度差

梅雨時の6月や7月はクーラーが活躍する季節です。

今ではほとんどの仕事場にはクーラーが完備され、夏でもみなさん快適に仕事をしています。

でも、暑い屋外から涼しい屋内に入ったときや逆の場合のときには身体は急激な温度の変化にさらされることになります。

そうなると血管の急激な収縮と拡張の繰り返しにより、周囲の神経を刺激して頭痛が起きてしまいます。

だからこれは梅雨時に限ったことではなく、暑いときを通じて言えることです。

夏にかき氷を急いで食べたときに頭が痛くなるのと似てますね。

 

Sponsored Link

 

梅雨時の頭痛を解消するには?

頭痛を解消するにはその原因と取り除けばいいんですけど、気圧や湿度の変化は何ともできないですからそれ以外の方法を原因別に考える必要があります。

 

気圧の低下と低い酸素濃度が原因なら

冷やす

 

おしぼり

 

気圧が低くなったためや酸素濃度が低くなったために頭痛が起きるのは、血管が拡張するからなので冷やして血管を収縮さればいいと教わりました。

私の頭痛もこのタイプだったようで、首すじのあたりに冷たいおしぼりを当てて冷やすようにしたら頭痛はかなり良くなりました。

 

高い湿度が原因なら

汗をかく

 

汗をかく

 

高い湿度によって身体がむくんで頭痛が起きるときには、体内の水分を排出することが必要になるので、軽い運動や入浴で汗をかくようにします。

湿度が高いときに汗をかくのはベトベトしていやなものですが、シャワーを浴びてシーブリーズなんかのローションをつければあとは快適ですよ。

夏は何もしなくても汗をかきやすいのですが、汗をかいても頭痛が解消しないのなら別の方法を取ったほうがいいと思います。

 

急激な温度差が原因なら

温度差の影響を小さくする

環境省が推奨する冷房の設定温度は28℃とのことですが、このちょっと高すぎる設定温度にしてもクーラーの効いた部屋から屋外に出たときはかなり暑いと感じますね。

このときは血管がぐっと拡張しているわけで、逆のときには血管が収縮しています。

こういったことを避けるには、温度差をなるべく感じないようにしなくてはいけません。

涼しい部屋に入るときには服を一枚羽織る、部屋から出るときにはそれを脱ぐ、ということを心がけるようにします。

 

服を着る

 

暑いところから涼しい部屋に入ると気持ちがいいんですけど、それは身体に負担をかけているのだということを理解しなくてはいけませんね。

 

 

終わりに

梅雨時に頭痛になるのは人それぞれで、その原因もいろんなものがからみ合って頭痛が起きることもあります。

梅雨時に頭痛がする一番多い原因は気圧の低下によるものだそうなので、頭が痛くなったら最初に冷やすことを試してみてはどうでしょう?

 

また、ストレスを抱えたままだと頭痛になりやすいということです。

梅雨時はストレスが溜まりやすいので、上手にストレスを発散すれば頭痛解消にいいかもしれませんね。

ただし、スポーツは血管が拡張するので要注意ですよ。

 

あなたの頭痛が早く良くなりますように・・・。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ