新型うつ病は甘え?原因とチェック方法


最近、新型うつ病という言葉をよく見かけるようになりましたが、実は私はうつ病と診断されたことがあります。

何もやる気が起きなくなって食欲が落ち、夜はベッドに入ってもいろんなことを次々に思い出してなかなか寝付けず、睡眠時間が3~4時間なんて日が続きました。

それで神経科の病院で診察を受けたところ、うつ病と診断され取り敢えず眠れるようにならないといけないと薬を処方されましたが、食欲が落ちるという副作用がひどく、テーブルに並んだ料理を見るだけで吐き気がするほどでした。

その後、薬の種類を何回か変えてもらいましたが状況は変わらず、体重が1ヶ月で5キロも減りました。

「これではいけない」と投薬された薬を服用するのを止め、ストレスを何とかしたほうが早いと思ってスピリチュアル系の本を読み漁り、憂鬱な状態から何とか脱することができました。

 

今考えると私のうつ病は新しい上司からのパワハラが原因と考えられたんですが、良くなってからは体重も順調に戻っていきました。

そんなこともあって、新型うつ病という言葉が気になってしまっていろいろ確かめてみることにしました。

 

私は専門家ではないので、参考程度に読んでいただけたらと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

新型うつ病ってどんな病気?

新型うつ病って新型という名がついてるくらいですからこれまでのうつ病と何かが違うんですよね。

でも新型うつ病という病名はなく、これはメディアがつけた呼称であり医療の分野では新型うつ病もうつ病に分類され、その違いには大まかに言うと次のような特徴があります。

 

新型うつ病

 

ここで注目すべきは、新型うつ病は若い人が発症しやすいという点と、気分が落ち込むのは会社にいるときだけという点です。

新型うつ病についての分かりやすいビデオがありましたのでご紹介します。

 

 

 

新型うつ病は甘えか?

 

新型うつ病でも会社にうつ病の診断書を提出して休職すれば、ある程度の給料は国から支給されて会社を休むことができます。

新型うつ病は気分が落ち込んでどんよりするのは会社にいるときだけで、それ以外の日常生活は健康な人と同じです。

だからうつ病で休職している人を、同僚がレジャー施設や飲み屋さんで見かけたら、「あなたのせいで私たちの仕事が増えているのに給料をもらって休んで遊んでるなんて甘えてる」と思うのも無理はありません。

実際に大した症状でなくても休職している人もいることでしょう。

ですがつらい症状が起きているのは事実で、朝起きたときに身体がズシンと重く、寝床から起きられないほどのこともあります。

出勤したあとのことを考えると気分が憂鬱になり、そのために会社に出勤することが苦痛になってしまうのです。

新型うつ病も投薬や休養を取ることで改善します。

新型うつ病の人は責任を自分以外の人やものに押し付けるので、責めたりするのは逆効果になってしまうでしょう。

会社の人は「新型うつ病は甘えているのではない」という気持ちで思いやりをもって接してあげることが大切なのではないでしょうか。

本当は甘えているだけの人もいるのかもしれませんが、そんな人でも暖かい気持ちで接してもらえれば「会社の人に申し訳ない」と思うようになってくれるでしょう。

 

Sponsored Link

 

新型うつ病の原因

 

新型うつ病はストレスに弱いことが最大の原因だとされています。

親子関係(特に母親との関係)が親密すぎて何でもやったもらっていた、コミュニケーション能力が乏しい、などの場合には上司に些細な事で注意されただけで過剰に反応してしまい、ストレスから重いトラウマになってしまいやすくなります。

それゆえに、イヤなことを言われた上司の顔を見たり想像しただけで拒否反応を起こし、気分が滅入ってしまいます。

 

また新型うつ病の人は自己中心的だとも言われます。

昔の会社には仲間のミスはみんなでカバーするといった連帯意識があり、上司や同僚との関係もうまく保たれていました。

ところが今の会社は業績重視志向が強まり、誰かのミスが相対的な自分の評価アップにつながり「他人のミスなどかまっちゃいられない」という風潮が強くなっています。

そうなると、誰もが自己中心的になってしまうのは当然のことで、しかしこういったことは現代の社会では避けられないのではないでしょうか?

このことからも「新型うつ病は甘えではない」と言えるのではないかと感じます。

 

現代社会

 

 

新型うつ病のチェック

 

新型うつ病の特徴としてはつぎのようなものがあります。

  1. 感情の起伏が激しい。
  2. 過食気味。
  3. いくら寝ても眠い。
  4. 疲労感が強く気分が落ち込んでいることが2週間以上続いているが、楽しいことがあると一時的に元気になる。
  5. 他人の意見に敏感で、他人の目を気にする。

(参考にしたサイト:http://allabout.co.jp/gm/gc/302101/)

 

うつ病の典型的な症状は不眠と食欲不振ですが、新型うつ病はそれとまったく逆の症状が起きます。

上記のような症状に当てはまると感じたら、新型うつ病なのかもしれません。

これ以上に症状を悪化させないためにも、早めに心療内科や神経科などの専門医の診察を受けることをおすすめします。

 

 

まとめ

 

 

新型うつ病の特徴

  • 若い人が発症しやすい
  • 落ち込んでいるときは会社にいるときだけ
  • 会社以外での日常生活では元気
  • 不眠に陥ることはない

新型うつ病を「甘えている」と認識するのは間違い

新型うつ病の最大の原因はストレス耐性がないこと

新型うつ病かな?と感じたらすぐに専門医の受診を

 

社会が進化するにつれ、新しい病気が次々に現れてくるような気がします。

古き良き時代とはよく言いますが、進歩するのもほどほどがいい・・・・と思ってしまいます。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ