風邪のときは酒を飲めば治るは嘘!卵酒もダメなの?


昔から「風邪を引いたら卵酒を飲んで寝れば治る」って言いますね。
私も小さいころ風邪のときに一度だけ卵酒を飲んだことがあります。
ものすごく不味かったことだけ覚えていて
風邪が良くなったかどうかは記憶がありません。

お医者さんに行く暇もないほど忙しい現代人にとって
酒を飲んで風邪が治るならありがたいことです。
酒好きの人にとってはなおさらです。

「酒は百薬の長」って言いますから
風邪にもいいのかと思っちゃいますね。
でも、実は風邪などで体調が悪いときに酒は飲んではいけないそうです。

適度な飲酒は寝付きも良くなるので
健康のためにもいいのかと思ってましたが、ちょっと意外ですね。
今回は風邪のときの飲酒について調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

風邪のときに酒を飲んではいけない理由

「風邪を引いたら酒で菌を消毒するんだ」と言って
毎日の晩酌を止めない人もいますが
「酒は百薬の長」が当てはまるのは健康な人だけのようです。

酒を飲むことで身体に出る悪影響は

  • 免疫活動が抑制される
  • 水分不足になる
  • 睡眠の質が落ちる

これだけあると言われていて、さらに風邪で投薬を受けていると

  • 薬で悪影響が出る  ことも指摘されています。

順番に見ていきましょう。

 

免疫活動が抑制される

 

雑菌

 

酒、つまりエチルアルコールは医薬品の一種で、その薬効効果は

  • 運動活動を抑制する
  • 精神活動を抑制する
  • 免疫活動を抑制する

と、すべての生体活動を抑制するという効果です。

 

酒を飲むと風邪の症状が軽くなったような気がしますが
これはアルコールの作用で神経が麻痺してそう感じているだけです。
神経の活動も抑制されているわけです。

どんな病気でも治すのは個人の免疫力です。
酒を飲むことで免疫力が低下してしまうので
風邪のときだけに限らず、体調の悪い時に酒を飲めば
治りが遅くなってしまいます。

 

水分不足になる

 

水を飲む

 

風邪を引いてお医者さんに行くと
「水分をしっかり補給するように」と言われます。

これには

  • 体調が悪いときには渇きを感じるセンサーが鈍るから
  • 風邪のときは発熱による発汗で水分が減るから

というふたつの理由があります。

 

お酒を飲めば水分補給になるんじゃないか?と思いがちですが
アルコールには利尿作用があり、体内の水分を排出する働きがあります。
同じ理由で風邪のときにコーヒーを飲むのもいけませんね。

また、アルコールを分解するときには腎臓の働きが活発になり
尿の量が増えて水分不足になります。

 

睡眠の質が落ちる

 

睡眠不足

 

 

「風邪を引いたら栄養のあるものを食べてぐっすり寝る」
これは常識ですね。
寝ることで免疫力が上がるからです。

お酒を飲めばすぐに眠くなるのでぐっすり眠ったと思ってませんか?
でも、お酒を飲んで眠ってしまったときはたいてい目が覚めますね。
これは眠りが浅くなっているからなんです。

少量のお酒は脳の興奮を鎮め、寝付きは良くなるかもしれませんが
そのときはレム睡眠が抑えられています。
しかし、少しするとその反動でレム睡眠が増加し
目が覚めたり、浅い眠りが続いてしまうわけです。

レム睡眠とノンレム睡眠についてはこちらを参照ください。
↓ ↓ ↓
睡眠時間は何時間がベスト?知っておくべき睡眠時間の知識

いくら長時間眠っても、浅い眠りなら免疫力の向上は期待できそうにありません。
風邪を引いたら酒は我慢してぬるめのお湯のお風呂に浸かり
早く寝てしまうことが一番です。

 

薬で悪影響が出る

 

薬

 

アルコールは医薬品なので、薬と併用すれば何らかの影響が出ます。
いい影響ならお医者さんも「お酒と一緒に飲んでください」と言うはずですが
そんなことは絶対にありませんね。

薬も肝臓で代謝されるので、お酒を飲んでいるとその作用で
薬の効き目が増強されたり、低減したり、副作用が起きることもあります。

風邪のときに処方される鎮痛剤や消炎剤は
効き過ぎると重篤な結果にもつながりかねません。
風邪のときだけでなく、薬とお酒の併用は禁物です。

 

 

Sponsored Link

 

 

卵酒はどうなの?

 

民間療法の卵酒って随分昔から飲まれてますよね。
「男はつらいよ」の寅さんも風邪のときには飲んでました。

卵は完全食品といわれるほど栄養豊富です。
9種類の必須アミノ酸のうち8種類を含み
なかでも、シスチンというアミノ酸は免疫力を高める働きがあります。

卵白に含まれる塩化リゾチームには殺菌作用もあり
風邪のときには最適な食べ物だと言えます。
でも、風邪のときに酒がいけないのなら、卵酒って間違った習慣なんでしょうか?

卵酒

 

安心してください。そんなことはありません。
卵酒を作るときには鍋で日本酒を沸かし、そのなかに卵を入れますね。
お酒のアルコールは78℃で飛んでしまうので
飲むときにはある意味で酒ではなくなっているわけです。

だから子供にも飲ませられるんですね。

卵酒に似た飲み物は外国にもあり
卵黄とブランデーを使ったブランデー・エッグノッグや
アドボカートなど、「卵にお酒」は世界共通のようです。


最後に

「風邪を引いたら栄養のあるものを食べてぐっすり寝る」
風邪を早く治すのにこれ以上の方法はありませんね。

すぐ眠れるからと就寝前に酒を飲むのは風邪を長引かせたり
悪化させたりする元になります。

まして、風邪の薬を飲んでいるのに酒を飲むのは
致命的なことにもなりかねません。

「酒は百薬の長」が通用するのは健康な人だけです。
体調が悪かったら酒は我慢してゆっくりと休養することが大切です。
これは風邪のときだけのことではありませんよ。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ