大垣市といえば岐阜県の西端に位置し、岐阜市に次ぐ15万人余りの人口を擁する岐阜県第2位の都市です。

平成の大合併で飛び地合併ができてしまった都市としても知られています。

そんな大垣市で5月に行われるのが大垣まつりで、初夏の訪れを告げるこの時期に行われる大垣まつりは年々来場者も増え、その数は30万人に近づいています。

今回はそんな大垣まつり2018の日程や見どころなどをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

大垣まつり2018の基本情報

 

  • 開催期間:2018年5月12日(土)・13日(日)
  • 開催時間:8:45~21:00(両日とも)
  • 開催場所:八幡神社周辺、東外側通り、駅通りほか市内各所
  • 問合せ先:大垣観光協会
  • 電話:0584-77-1535
  • 雨天中止

 

 

スケジュール

 

大垣まつりは大垣八幡神社の例祭なので、八幡神社で軕(やま・・・山車のこと)による奉芸からスタートします。

奉芸とは文字通り、神様に芸を奉納することですね。

5月12日を試楽、13日を本楽と言い、両日とも午前8時45分から奉芸が始まり、軕はその後市内を巡行します。

 

◆5月12日・試楽
 

8:45~9:30 奉芸・・13基の軕による奉芸

  • 場所:八幡神社前

9:30~12:00 掛芸披露・・13基の軕によるからくり芸の披露

  • 場所:大垣市役所玄関前広場

 

 

12:00~18:30 出軕自由巡行・・軕が市内を巡行します

  • 場所:旧市内一円

19:00~21:00 夜宮 ・・取り付けた提灯に火を入れて曳き廻します

  • 場所:八幡神社前~龍の口橋

 

◆5月13日 本楽

8:45~10:50 奉芸

10:50~17:10 出軕巡行(東廻り)

16:20~17:10 大垣まつり行列

  • 場所:新大橋交差点~八幡神社前

19:00~20:10 夜宮

20:45~21:00 お頭渡しの儀

  • 場所:八幡神社拝殿

 

お頭渡しの儀を最後に大垣まつりは終了します。

 

Sponsored Link

 

大垣まつりの見どころ

大垣まつりの一番の見どころは13基ある軕です。

濃尾地震や第二次世界大戦で多くの軕が被害を受けましたが、修復や新たに購入したりして現在では330年前の13基に戻っています。

その軕が八幡神社前での奉芸に始まり、大垣市役所前での掛芸披露、市内巡行~夜宮と続き、見物客に披露されます。

大垣まつりの軕による行事は、平成27年に「大垣祭の軕行事」として国の重要無形文化財に指定されました。

そして、平成28年12月に京都祇園祭や高山祭の屋台行事などとともに、「山・鉾・屋台行事」としてユネスコの無形文化遺産に登録されました。

 

 

昼間のの姿も豪華絢爛で素晴らしいですが、夜宮の提灯を灯した軕もちょっと幻想的でいいですね。

夜宮は14日も15日も19時から八幡神社を出発して行われます。

 

屋台

見どころと言うにはちょっとピントが外れているかもしれませんが、お祭りでは屋台めぐりも大きな魅力のひとつです。

大垣まつりに出店する露店屋台は何と600店もあります。

 

 

A:八幡神社ゾーン

ここでの目玉は「巨大お化け屋敷」。

ほかにも昔なつかしいスマートボールや射的なんかもあります。

 

B:水門川 北ゾーン

駅通りから八幡神社へ向かうメインストリートなので、一番混雑する場所です。

一番人通りが多い場所なので、屋台の定番である焼きそば、お好み焼き、焼きイカなど食べ物のお店が沢山あります。

 

C:水門川 南ゾーン

こちらもゲームの屋台がたくさんあり、金魚すくいやダーツなどが楽しめます。

 

D:駅通りゾーン

大垣駅の駅前通りですが屋台の数はそんなに多くありません。

八幡神社から離れているせいでしょうね。

(参考サイト:http://www.nisimino.com/nisimino/tokusyu/ogakimaturi/index2.shtml)

 

大垣まつりには定番の屋台もあれば、新しいものを売っている屋台もあります。

でも、男はつらいよの寅さんのように「見上げたもんだよ屋根屋のふんどし」と口上だけで物を売る売人がいなくなったのはちょっと寂しいですね。

 

駐車場

大垣まつりでは臨時駐車場が用意されます。

  • 場所:大垣市公設地方卸売市場/大垣市古宮町161
  • 収容台数:840台
  • 日時:2018年5月12・13日 8:00~22:00
  • 料金:普通車・500円  バス・2,000円

駐車場までのアクセス

  1. 名神高速・大垣ICを下り、水郷街道258(国道258)号線を北進
  2. 築捨町5の交差点を右折
  3. 古宮町の交差点を左折
  4. 公設市場西の交差点を右折
  5. 次の交差点を左折
  6. ほどなく大垣市公設地方卸売市場に着く

所要時間は約10分です。

 

 

臨時駐車場から下記のコースで会場までのシャトルバスも運行されます。

  • 卸売市場(駐車場)

      ↓

    八幡神社西

      ↓

    大垣城ホール前

      ↓

    卸売市場(駐車場)

  • 始発:8:00
  • 終発:21:00
  • 運行間隔:20分ごと

 

 

 

交通規制

大垣まつりでは軕の巡行が市内で行われるので交通規制が敷かれ、当日だけでなく、前日の午後から通行禁止となるところもあります。

大垣まつり2018の軕巡行図や交通規制の詳細はコチラ

軕の奉芸がある八幡神社はJR大垣駅から徒歩で5分くらいなので、公共交通機関を利用するほうが便利です。

どうしても自家用車で行くという場合には大垣駅周辺にはいくつも有料駐車場があります。

でも、どこもすぐに満車になってしまうでしょうから、大垣駅の隣の穂積駅か垂井駅周辺の駐車場を利用して電車で大垣駅に向かう、パークアンドライドがいいと思います。

大垣市内で駐車場を探してウロウロするより、確実に早く大垣まつりを見物できますよ。

 

最後に

大垣市は昔から水の都と言われ、地下水が多いことで有名です。

また、松尾芭蕉が奥の細道を終焉させた地としても知られています。

日本列島のほぼ中央に位置しているため、大垣市民の多くは大垣市が日本のど真ん中の都市だと感じています。

そんな山のなかの都市で行われる大垣まつり。

わずか15万人ほどの人口の街で行われるお祭りとは思いないほど大垣まつりは華やかなお祭りです。

大垣まつりは360年もの歴史があるそうですから、そのころにはもっとたくさんの人がいたんでしょうか?

岐阜県と言うとちょっとマイナーなイメージですが、360年の歴史を味わいに行ってみませんか?

きっといろんな発見があると思いますよ。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。