下関海峡まつり2016年の見どころや交通規制は?


2016年のゴールデンウィークは5月2日と6日に休暇を取れば
10連休というロングバケーションになります。

その長い休暇の中、たまには日本の歴史に思いを馳せてみるのも一興ですね。
歴史上有名な戦いと言えば、桶狭間の戦いや関ヶ原の戦いなどがありますが
それよりはるか昔、源氏と平家が戦った壇ノ浦の戦いもそのひとつです。

「驕れる者久しからず、ただ春の夜の夢のごとし」と平家物語に詠まれ
栄華を誇った平家が滅亡して歴史の舞台から姿を消した戦いです。

その壇ノ浦の戦いで滅びた平家一門を偲んで
盛大に、そして豪華絢爛に催されるのが下関海峡まつりです。

下関海峡まつりは毎年30万人以上の観光客が集まる
市民も参加することができるお祭りです。

今回は下関海峡まつりの日程や見どころなどについてご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

下関海峡まつりの基本情報

 

下関海峡まつり

日程:2016年5月2日(月)~4日(水・祝)

開催時間

  • 5月2日 10:00~15:30
  • 5月3日  9:30~17:00
  • 5月4日 10:30~16:45

場所:山口県下関市市街地周辺(唐戸市場から赤間神宮付近)及び関門海峡海上

問合せ先:下関市観光交流部観光政策課

電話:083-231-1350

 

下関海峡まつりは甲冑姿の武士や、華やかな衣装をまとった官女が
登場するイベントが多いため、雨が降ると中止になるものがたくさんあり
中止は当日の朝に決定されます。

 

 

下関海峡まつりの見どころ

下関海峡まつりは3日間に渡っていろんなイベントが目白押しですが
5月2日は神事だけですし、4日は巌流島に渡らなければいけないし
一番の見どころは5月3日の先帝祭と源平武者行列、源平船合戦の三つでしょう。

 

1.先帝祭

先帝祭とは先の帝(みかど)を偲ぶお祭りのことで
わずか8歳で祖母と壇ノ浦に身を投げた安徳帝(天皇)を偲ぶ
赤間神宮で行われる祭事です。

豪華絢爛な衣装を着た5人の太夫が上臈道中(じょうろうどうちゅう)で
町中をパレードし、上臈参拝(じょうろうさんぱい)
安徳帝の御霊を弔います。

上臈道中は5月3日の9:30から伊崎町をスタートし
上臈参拝は同日の13:00から赤間神宮でとり行われます。

 

 

生き残った平家の女官たちは遊女に身を落としながらも
毎年の安徳帝の命日には身を清め、御影堂(お墓)に参拝していました。
そのならわしが営々と現代にまで引き継がれています。

太夫(おいらん)が主人公なのもそういった歴史があるからで
上臈参拝は地域伝統芸能大賞を受賞したこともあります。

 

 

2.源平武者行列

甲冑に身を包んだ武士と,、艶やかな衣装で身を包んだ官女たちが
源氏側と平氏側に分かれて市内を行進します。

 

 

何とも威風堂々としていますね。
この行列に参加している武者や女官たちは
一般公募で募集した市民なんですよ。

でも武者や女官になるには参加費が必要なんです。
源義経は30,000円、平宗盛と平清宗の親子は35,000円もします。
「タダじゃないのか」と思ってしまいますが
あれだけの衣装やカツラですから当然かもしれませんね。

行列の途中で沿道の見物客から羨望の眼差しとともに
カメラのシャッターを切られるのは、さぞいい気分でしょう。

源平武者行列は5月3日の9:35にグリーンモールをスタートします。

 

 

3.源平船合戦

源氏と平家が雌雄を決した壇ノ浦の戦いを再現しています。
鎧を着た武士たちが船の数は何と80隻以上。
この船に乗船する武士も公募された人たちです。

 

 
 
源平船合戦は5月3日の11:30から開門海峡一体で行なわれます。
所要時間は約1時間ほどです。
 
 
 

下関海峡まつりの交通規制

下関海峡まつりの源平武者行列と上臈道中は
一般道路で行なわれるので5月3日の9:00から交通規制がかかります。

パレード通過後は交通規制は解除されますが
混雑が激しいのでアクセスは公共交通機関の利用がおすすめです。

下関駅からメイン会場(姉妹都市広場)まではバスで約9分の距離で
5月3日には臨時バスも運行されます。

 

どうしても車でという場合は、下関ICが一番近いインターです。
下関ICからメイン会場までは約10分ほどですが
5月3日は渋滞で1時間半かかったといった話もありました。

付近の駐車場の情報はコチラ
(昨年の情報です。)

マイカーでの観光客が多いため、駐車場はすぐに満車になってしまいます。
車で行く場合にはなるべく早く到着するようにしましょう。

 

Sponsored Link

 

グルメも楽しみ

源平ふく鍋

下関の名物といえばふぐですね。
地元では「ふく」を呼んでますが、このふぐを使った味噌汁が
「源平ふく鍋」と称して5月3日の10:30からメイン会場横で振る舞われます。

1杯300円で2000杯限定です。
あっという間に売り切れてしまうので、早く並びたい所ですが
先帝祭も武者行列もいい場所で見たいし・・・・悩むところですね。

下関グルメ屋台村

ふぐなどの地元の食材を使った屋台が10店舗以上出店する
下関グルメ屋台村が5月3日10:00からメイン会場で開店します。
「ふくの唐揚げ」や「くじらの竜田揚げ」など地元ならではのグルメが楽しめます。

こちらも売り切れ御免なので、お目当てのものがあれば
早めにメイン会場の姉妹都市ひろばを目指しましょう。

 

 

最後に

歴史にはまったく疎い私ですが、壇ノ浦の戦いは
桶狭間の戦いや関ヶ原の戦いなどと比べると、何故か物悲しく感じます。

それは、滅亡を悟った平家一族が女も子供も壇ノ浦に身を投げたためか
あるいは怪談「耳なし芳一」が平家の亡霊を題材にしたものだからでしょう。

わずか8歳で身を投じなければならなかった
安徳天皇のことを思っても、切ない気持ちになってきます。

下関海峡まつりは、そんな安徳天皇の御霊を慰めるための
先帝祭を中心としたお祭りです。
ゴールデンウィークでワイワイと騒ぐのもいいですが、政権争いに敗れ
波間に消えていった命のことに思いを馳せるてみるのもいいかもしれませんね。

 

下関海峡まつりには、源平合戦に関係のない
宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘で有名な巌流島に渡って楽しむ
巌流島フェスティバルもありますよ。

5月4日に開催され、剣道大会や大綱引き、コンサートなどが催されます。
ただし、巌流島への渡航費(2,000円 小人は半額)が必要です。
乗船場は下関側が唐戸桟橋、北九州側が門司港桟橋になります。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ