博多どんたく2016 楽しみつくして個人でも参加するには? 


日本では大小さまざまなお祭りがいつもどこかで開催されていますね。
その中で動員数が一番多いのはどのお祭りか知ってますか?
2013年度の調査で第一位は福岡の博多祇園山笠の300万人で
同じ福岡の博多どんたくが230万人で第四位になってます。

でも、博多祇園山笠の開催期間は15日間で、博多どんたくの開催期間はわずか2日間です。
ほかに博多どんたくより動員数が多いのは青森ねぶた祭りとさっぽろ雪まつりですが
開催期間はそれぞれ7日間と8日間です。

これを見ると一日あたりの動員数が一番多いのは博多どんたくということになります。
福岡市あげてのホスピタリティーが成功しているわけです。

見どころがギュッと2日間に凝縮されている博多どんたく。
大きなお祭りではパレードに参加するなどしないと
個人では参加できないんですが、博多どんたくは違います。

今回はそんな博多どんたくについてご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

博多どんたく2016年の日程

博多どんたくは毎年5月3日(憲法記念日)と5月4日(みどりの日)に開催されます。
(日程は変わりません。)
2016年は5月3日が火曜日、5月4日は水曜日です。

さらに前日の5月2日(月)には福岡国際センターで前夜祭
16:30から4時間にもわたって催され、豪華なゲストが登場します。

福岡国際センター
住所:福岡県福岡市博多区築港本町2-2

 
入場は無料ですが整理券が必要になります。
整理券は10日ほど前から配布が開始されますがすぐになくなってしまいます。
しかも、4カ所の配布場所はすべて福岡市内なので
県外の人は入手が難しいかもしれません。
 
 

博多どんたくの見どころ

パレード

博多どんたくのメインは「どんたく隊」によるパレードです。
国内外から2日間で延べ700を超えるどんたく隊が
民族衣装やチアリーディング、吹奏楽を披露しながらパレードします。

パレードの会場は明治通りを通行止めにした「どんたく広場」で行われます。
スタート地点:福岡市博多区綱場町2
ゴール地点:福岡市中央区天神1-8-1

 
 
 

花自動車

トラックに数多くのLEDの電飾を施した6台の花自動車
2日から4日まで市内を走り回ります。
テーマはお伽話や流行のアニメなどで、5日には展示もされます。

もともとは西鉄が福岡市内の電車に電飾を施した花電車だったのですが
路線の廃止により自動車に変わったものです。
花電車は戦前から走っていたんですよ。

昼間に見ると昔流行した「トラック野郎」を彷彿とさせるのですが
夜に見るとまったく違った雰囲気で綺麗です。

 

 

お金かかってますね~。

昨年のデータですが、コースと時刻表はコチラで確認できます。

 

博多どんたくに参加するには

市民参加型のお祭りでも事前にグループで申し込みしなければなりませんね。
博多どんたくも「どんたく隊」を結成して事前に説明会に参加し
参加申込書を提出すれば参加できます。
(問合せ先:福岡市民の祭り振興会事務局 電話:092-441-1170)

でも、県外の人にとっては人数を集めたり、衣装を揃えたりと
ちょっとハードルが高そうです。

博多どんたくでは個人が飛び入りでも参加できるイベントが有り
最終日の18時頃からどんたく広場のあちこちで始まる総踊りがそれです。

お祭りを見物していて自分も参加したいと思ったら
二本のしゃもじを打ち鳴らして参加することができます。
しゃもじはあちこちで配られているので持参しなくても大丈夫です。

本当にたくさんの人が参加しているので恥ずかしいこともないですよ。
見て楽しんで、参加して楽しめる博多どんたくの醍醐味を満喫しましょう。

 

Sponsored Link

 

博多どんたくへのアクセス

博多どんたく当日は街中がお祭り一色になり
交通規制の実施されるので、車の利用は避けたほうが賢明です。

公共交通機関の最寄り駅は福岡市営地下鉄空港線の天神駅です。

 

天神駅は

  • 福岡空港より地下鉄に乗って5つ目の駅
  • JR博多駅で地下鉄に乗り換えて3つ目の駅  になります。

飛行機で行っても、電車で行ってもアクセスは非常に便利です。
途中の中洲川端駅で下車してもパレードが見られますよ。

どうしても車でという場合には
博多駅周辺の駐車場はおそらくすぐに一杯になってしまうので
JR鹿児島本線でひとつ隣の竹下駅か吉塚駅近くの駐車場に止め
電車で博多駅に向かったほうがいいと思います。

とは言え、誰も考えることは同じです。
これでも駐車場が確保できるとは限りません。

 

最後に

博多どんたくは開催日がゴールデンウィーク中ともあってものすごく混雑します。
二日間とも同じような混み具合です。

でも、混雑していても町全体が熱気を帯びて活力を感じられる
博多どんたくは見る価値、参加する価値は十分にあります。

ゴールデンウィーク中に九州の南のほうに行かれる予定があるなら
博多の町にも立ち寄ってみてはどうでしょう?
きっと元気をもらえますよ。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ