大学の入学式の服装はやっぱりスーツ?浮かないためのコーデ


4月は入学の季節。

厳しい受験勉強を乗り切り、第一志望の大学に合格した人も
そうでなかった人も、「大学生活をエンジョイするぞ~」と
期待に胸をふくらませ新生活を心待ちにしていることでしょう。

でも、「入学式には何を着ていけばいいんだろう?」
悩んではいませんか?

私の場合はどうだったんだろうと思いだしてみると
スーツはまだ早いとジャケットとパンツで出席したのを覚えています。
他の人もほとんどそんな感じでした。

もうずいぶん昔の話ですが、時代は変化しています。
周りと違う格好をして浮いてしまって変なイメージを持たれてもイヤですし
入学式にはどんな服装で行けばいいんでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

 

 

入学式には男女ともスーツが無難

 

大学の案内には「入学式の服装は自由」というところが多いんですけど
最近の大学の入学式では多くの人がスーツで出席しています。
これは男女とも同じです。

ちょっとお固いイメージが有る国公立大では
9割以上の人がスーツを着ている感じです。

それに比べて自由な雰囲気を感じる私立大や
美術大学や芸術大学などはスーツの割合は減りますが
それでも半分以上の人がスーツ着用で入学式に出席しています。

女性の場合はパンツよりスカートが圧倒的に多いです。

色は紺かグレーの落ち着いた色です。
黒もいいんですが、男性の場合はあまり入学式では見かけません。

あと3年もすれば、家業を継ぐとか起業をするのでなければ就活が始まります。
3年間で体型がそんなに変わるとも思えないので
どうせならそのときのリクルートスーツとしても使えるような
目立たないスーツを買うことがおすすめです。

そんな意味もあって入学式には
リクルートスーツ姿の新入生が多いのだと思います。

 

スーツ

 

 

少しでもおしゃれをしたい

そうは言っても「没個性のリクルートスーツじゃつまらない」
「入学式でもおしゃれをしたい」と思っている人も多いことでしょう。

そういったときには、若者向けのおしゃれなスーツもありますので
そのなかから落ち着いた雰囲気のものを選ぶようにします。
ストライプのものも目立たなければオーケーです。

女性の場合は、ワンピースにジャケットの組み合わせもアリです。
原色を避けたワンピースに暖色系のジャケットのアンサンブルスーツ
入学式に出席している女性も多くいます。

それに、女性はコサージュやネックレスなど
アクセサリーも使えるのでセンスの見せ所ですね。

 

 

シャツ

 

シャツは男性ならワイシャツ、女性ならブラウスということになります。

ワイシャツの場合は襟の形状にレギュラーカラーボタンダウンがありますが
入学式ではどちらでも問題ないでしょう。

ブラウスはきちっとした襟のスキッパカラー
折り返しのないスタンドカラーなどがあります。
襟がないカットソーも入学式では多く見かけます。

フリルがついたブラウスもおしゃれです。

色は白が無難なんですが
個性を演出するにはカラーシャツやカラーブラウスでも
入学式には構わないでしょう。

ただ、スーツが地味目の色合いですので
シャツやブラウスを濃い色のものにしてしまうと
バランスが取れなくなってしまうので気をつけましょう。

 

Sponsored Link

 

 

 

スーツにシャツとくれば次は靴ですね。
スーツを着るときに履く靴は当然革靴で
靴紐がついたものがフォーマルだとされています。

スーツに合う靴はそんなに多くなく
男性ではつま先がのっぺりして横線がないプレーントゥ
つま先に横線が入ったストレートチップ
つま先にUの字の切り替えがあるUチップなどがあります。

 

革靴

 

入学式のときは靴紐のあるなしはそんなに気にする必要もなく
スリップオンでも問題ないと思います。
甲のところに飾りがついたタッセルローファーも個性的です。

女性の場合は断然パンプスが多いです。
就活にも使うのならシンプルなものがいいですね。

 

パンプス

少しヒールのあるローファーもおしゃれです。

 

入学式と言っても、家からの距離も含めると
その日に歩く距離はかなり長くなると思います。
靴のサイズが合っていないと靴ずれを起こしてしまいます。
あまり高いヒールの靴も疲れてしまいます。

革靴は履いていると革が伸びて少し大きくなるので
入学式の直前に購入するのではなく
少し履き慣らしてから入学式を迎えるといいでしょう。

 

 

いかがだったでしょうか?

ファッションはトータルなコーディネートで考えます。
スーツとシャツと靴のうち、ひとつでもおかしなものがあると
「ちょっと変なセンスの人」に見られてしまいます。

でも、入学式なら落ち着いた雰囲気に合わせればいいので
コーディネートは比較的楽にできます。

入学式でもおしゃれを楽しみたいなら
そのなかでちょっと個性を出してみればいいんです。
楽しい記憶として残るような入学式にしましょう。

最後に、入学式で配られるものは意外にたくさんあります。
大きめのバッグを持参するといいでしょう。
くれぐれもスーツに合わない布製のバッグは持って行かないように。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ