びわ湖開き2016の日程と一日船長予想


日本で一番大きな湖といえば琵琶湖ですね。
岸辺に立つとそれはもう海のように大きく見え
これだけの水がどこから来たんだろうと思ってしまいます。

ちなみに、二番目に大きな湖はどこか知ってますか?
それは茨城県の霞ヶ浦です。
でも、琵琶湖があまりに大きいので影に霞んでしまってますね。
それで霞ヶ浦って言うんでしょうか?

その琵琶湖で3月にびわ湖開きが開催されます。

「今日から海水浴ができますよ」というのが海開きですが
泳ぐわけでもない琵琶湖のびわ湖開きは
安全輸送や環境保全を呼びかけ、祈願する行事で
春の訪れとともに、琵琶湖の観光シーズンの始まりを飾るイベントです。

今回はびわ湖開きの日程などの情報をご紹介するとともに
一日船長は誰になるのかを予想してみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

びわ湖開き2016(第61回)

 

日程

びわ湖開きは毎年3月の第2土曜に開催されるので
2016年は3月12日ですね。

 

行事

大型観光船「ミシガン」ほかモーターボートなど
30隻ほどの船がパレードします。
その船には公募で選ばれた人も乗ることができます。

(私も乗ってみたいという公募についてのお問い合わせは
 びわ湖大津観光協会 電話 077-528-2772 まで)

開会式では市長の挨拶のあと、一日船長の任命式があり
一日船長が出港合図のベルを鳴らしてパレードの始まりです。

ミシガン船上で神官による湖上安全の祈願のあと
一日船長が黄金の鍵を琵琶湖に投げ入れます。

一日船長は実際に操舵することもあるんですよ。

そしてミシガンからは毎年、水草を食べるとされている
びわ湖にしか生息しない「ワタカ」という魚の稚魚を
一日船長とびわ湖開きの関係者が放流します。

 

 

 

アクセス

びわ湖開きは大津港がスタートで開催されます。

 

 
 
◎大津港まで
 
 電車を利用の場合
 
  • 京阪電鉄 「浜大津駅」下車 徒歩約3分
  • JR西日本 東海道本線 「大津駅」下車 バス約5分

 

 車を利用の場合

  • 名神高速道路 「大津IC」から約15分

  駐車場

   大津港付近にはいくつもの駐車場があります。

   コチラから確認できます。
  

 

 

Sponsored Link

 

 

びわ湖開き 一日船長の予想

 

これまで、びわ湖開きの一日船長にはNHK大阪放送局が制作した
朝の連続ドラマのヒロインが任命されてきました。
でも、最近は少し様変わりしているようです。

直近10年間の一日船長を調べてみると

 一日船長出演履歴主演かどうか
第51回村川絵梨連続テレビ小説「風のハルカ」
第52回邑野みあ
山崎奈々
連続テレビ小説「芋たこなんきん」
第53回佐藤めぐみ連続テレビ小説「ちりとてちん」
第54回三倉奈々
三倉佳奈
連続テレビ小説「だんだん」
第55回倉科カナ連続テレビ小説「ウェルかめ」
第56回瀧本美織連続テレビ小説「てっぱん」
第57回川崎亜沙美連続テレビ小説「カーネーション」
第58回高橋メアリージュン連続テレビ小説「純と愛」
第59回松岡茉優木曜時代劇「銀二貫」
第60回柳ゆり菜 連続テレビ小説「マッサン」

 

第58回のときの連続テレビ小説は「ごちそうさん」でしたが
その出演者は選ばれず、木曜時代劇の出演者でした。
そして、ここ四年間は主演女優は一日船長になっていません。

第58回は例外としても、連続テレビ小説の出演者からというスタイルと
今後も主演女優ではない出演者が一日船長に任命されるのではないかと思います。

そんなことを考えると、今の連続テレビ小説である「あさが来た」の
ダブルヒロインである波瑠さんと宮崎あおいさんは
一日船長にならない可能性が高いと思われます。

それでは誰なのかとほかの女優さんを見てみると
まさか女中のうめを演じている友近さんでもないでしょう。
風吹ジュンさんや萬田久子さんも年齢的にちょっとですね。

ほかに女優さんはと候補を探すと・・・いました!
びわ湖開きのときには29歳になっていて若干高めの年齢ながら
三味線の師匠を演じている宝塚出身の野々すみ花さんです。

彼女は大阪南警察署の一日署長を務めたこともあり
こういったイベントには慣れているんじゃないかと思います。

そんなわけで、私のびわ湖開き2016年の一日船長予想は
野々すみ花さんで決定です。

外れても責任は持てませんが・・・・。

 

追記

今年の一日船長は千代の女学校時代に同室だった田村宣役の吉岡里帆さんでした。

度のないメガネをかけた彼女の演技はちょっとコミカルで好感が持てます。

彼女も有村架純さんのようにブレイクしそうですね。

今後の活躍に期待です♪

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ