深大寺だるま市2016!日程や見どころは?


毎年春を告げる梅の花が咲くころ
華々しく開催されるのが深大寺だるま市です。

正式には「元三大師大祭 だるま市」という名称の厄除け祈願の大祭に
全国から300以上のだるま店が集まり、10万人もの人で賑わいます。

選挙事務所には必ず置いてあるだるま。
今年は参院選があり、立候補予定者もきっと訪れることでしょう。

選挙速報で深大寺で開眼しただるまが飾ってあるかどうか
チェックするのも面白いかもしれませんね。

今回は深大寺だるま市の開催情報などについてご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

深大寺だるま市2016 開催情報

 

住所:東京都調布市深大寺元町5-15-1

電話:042-486-5511

開催日:2016年3月3日・4日

開催時間:9:00~19:00

だるま開眼時間:9:00~17:00頃

開眼場所:大師堂仮設開眼所

 

護摩祈願時間

  • 10:00
  • 11:00
  • 12:00
  • 13:00
  • 14:00
  • 15:15
  • 16:00

(一般の方は14:00以降は大師堂に入れません)

護摩祈願場所:大師堂

 

 

だるまに開眼できるのは17時までです。
だるま市は19時までやってますが
17時以降にだるまを購入しても開眼できませんので注意が必要です。

また、深大寺のだるま開眼は僧侶が行い
左目を墨で塗りつぶすのではなく、「阿」という文字を書き入れます。

だるまの願掛けの有効期間は1年間です。
ですから、願いがかなったら1年後のだるま市で
今度は右眼に「吽」という文字を書き入れてもらい、お寺に納めます。

「阿」という文字は物事の始まりを表し
「吽」という文字は物事の終わりを表していて
これで最初から最後まで一件落着したということになります。

 

 

深大寺だるま市の見どころ

 

深大寺だるま市の最大の見どころは「お練り」と呼ばれる行列です。
神楽に合わせて木遣り唄を唄いながら、そろいのはっぴを着た
雅楽衆、木遣衆、真っ赤な法衣に身を包んだ高僧たちがしずしずと行列します。

 

 
 

3日・4日とも午後2時ころから始まり、このときが一番混雑します。

お練り行列が終わると「元三大師御影供(がんざんだいしみえく)」が行なわれます。
大師像に感謝と報恩の意を捧げる法要です。

天台宗に古くから伝わる聲明(しょうみょう・仏教音楽のひとつ)が
厳かに響き渡ります。

 

 

Sponsored Link

 

 

深大寺だるま市へのアクセス

 

深大寺へは車で行くこともできますが
法事か車両祈願の場合しか駐車場を利用できません。

だるま市のときは深大寺通りは一方通行で
三鷹通りからは進入できず、武蔵境通りからしか入れません。

それに深大寺からも、だるま市には公共交通機関を利用するよう勧告があります。
だるま市当日は道路の混雑が激しいですし
だるま市には電車とバスを使って行ったほうがストレスなく行けます。

どうしても車で行くという場合には
神代植物公園の駐車場の利用が便利ですが
深大寺とは直線距離で1キロほど離れています。

 

電車

・JR中央線

 三鷹駅(南口)あるいは吉祥寺駅(南口)で下車 そこからバス利用

 

・京王本線

 調布駅(北口)あるいはつつじヶ丘駅(北口)で下車 そこからバス利用

 

バス

・JR三鷹駅

 3番乗り場 「深大寺行き」乗車 終点「深大寺」で下車(乗車25分・徒歩3分)

 5番乗り場「調布駅北口行き」乗車 「深大寺入り口」で下車(乗車25分・徒歩8分)

 

・JR吉祥寺駅

 6番乗り場 「深大寺行き」乗車 「深大寺」で下車(乗車30分・徒歩3分)

 4番乗り場 「調布駅北口行き」乗車 「深大寺入り口」で下車(乗車30分・徒歩8分)

 

・京王本線調布駅北口

 14番乗り場 「深大寺行き」乗車 終点「深大寺」で下車(乗車15分・徒歩1分)

 14番乗り場 「吉祥寺駅行き」乗車 「深大寺小学校前」で下車(乗車10分・徒歩5分)

 13番乗り場 「吉祥寺駅行き」または「三鷹駅行き」乗車  「深大寺入り口」で下車(乗車10分・徒歩8分)

 

・京王本線つつじヶ丘駅北口

 「深大寺行き」乗車 終点「深大寺」で下車(乗車315分・徒歩1分)

 

 

まとめ

 

深大寺だるま市2016

 開催日:2016年3月3日・4日

 開催時間:9:00~19:00

 だるま開眼:9:00~17:00

 

見どころ

  • お練り行列
  • 元三大師御影供

深大寺だるま市へ行くにはには公共交通機関の利用がおすすめ

 

だるまは、9年間も座禅をして手足が腐ってなくなってしまったという
「達磨大師」とモチーフにした縁起の良い置物です。

始めてだるまを購入するときはあまり大きくないものを購入するようにします。
なぜならだるまは毎年買い換えますが
昨年より大きいだるまのほうがご利益があるとされているからです。

だるまも結構な値段がしますからね。
30センチくらいの高さのものでも5千円くらいします。
最初は小さいものから段々と大きくしていくほうが楽みが増えます。

それと、露店で売られているだるまは値切り方次第で安くしてくれます。
そこらへんのやり取りも楽しいですね。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ