花粉症の鼻づまりを解消する方法!超簡単な裏ワザ3つ


一年で一番寒い時期が過ぎ
「もうすぐ春だぁ~」とウキウキしているころ
一部の人にとってはイヤ~なものが飛んできますね。

花粉症の人には病原体としか思えないスギやヒノキの花粉です。

「花粉症なんてヤワな身体の人がなるもの」と思っていましたが
20年くらい前に自分も発症してビックリ!
発症した年が症状が一番酷く、1日に1箱くらいティッシュを使っていました。

日本人の10~20%の人が花粉症だということですが
周りの人達を見ると、もっと多いような気がしますね。


私の花粉症の症状は年々収まってきていますが
鼻づまりだけは今でもときどき起きます。

花粉症の症状は、くしゃみ・鼻水・鼻づまりですね。
そのなかで一番ツライのは鼻づまりではないでしょうか?

「ハックショーン」とくしゃみをすればある意味気持ちいいですし
鼻水もたくさんかんだときは、「おお~っ」てな感じになります。

でも、鼻づまりはそういうわけにはいきません。
口呼吸になって口の中が乾燥してしまうし
夜なかなか寝付けなくなってしまいます。

今回はそんなイヤ~な鼻づまりを解消するための方法で
私に効果があったものをご紹介します。
花粉症だけじゃなく、風邪のときにもいいかもしれませんよ。

 

 

スポンサーリンク

 

 

鼻を温める


お風呂に入っているときって
鼻づまりが治っていると思いませんか?

「ひょっとして、鼻を温めて水蒸気を吸い込めば治るかも」
と思った私は、熱く湿らせたタオル
マスクのように鼻のところにあてがいました。

すると、期待通りに鼻の通りがだんだんと良くなっていきました。

しばらくするとまた元に戻ってしまいますが
「両方の鼻の穴で空気を吸えることがこんなに素晴らしいのか」
と感激するほどの効果でしたよ。

 

・タオルを適当にたたんで熱めのお湯をかける

・タオルを絞って口と鼻をおおう

たったこれだけです。

熱いタオルを顔につけると、「ふう~っ」と溜息がでるほど
気持ちいいですし、一石二鳥の効果です。

どれくらいの熱さがいいのかというと、私の好みなんですが
床屋さんでヒゲを剃ってもらうときに
顔にのせてもらう蒸しタオルくらいです。
(女性には分からないかもしれませんね。すみません。)

 

 

髭剃り

 

腕立て伏せをする

 

私は寝る前の腹筋と腕立て伏せを日課にしているんですが
腕立て伏せをしたあとは、血が顔の方に集まってきたみたいに
顔がホッカホカした感じになります。

そして、気が付くと鼻づまりが消えているんです。

 

腕立て伏せ

 

素人判断ですがこれは多分、鼻を温める方法と同じように
腕立て伏せで血液が顔に集まってきて
顔の体温が上がったからではないかと思います。

寝る前の筋トレは交感神経が刺激されて眠れなくなる
と言いますが、鼻がつまっていたほうが寝付けませんし
私は寝付きはいいほうなので、これくらいではスッと眠れてしまいます。

腕立て伏せ以外の運動でもいいかもしれませんね。
腹筋だけでは鼻づまりは解消されませんでしたから
腕や胸筋に負担がかかるエクササイズが効くんではと思います。

・懸垂(けんすい)
・逆立ち
なんかがいいんじゃないんでしょうか。

 

 

Sponsored Link

 

 

何かを脇にはさむ

 

こちらはテレビで放送された情報ですが、試してみて効果があった方法です。

鼻がつまったときに、つまっていない鼻側を下にして横になると
鼻の通りが良くなりますね。

これは、脇の下には自律神経の圧力センサーがあり
脇を圧迫すると反対側の交感神経が刺激されて血管が収縮し
鼻の粘膜の腫れが収まるからだそうです。

脇の下を圧迫することができればいいのですから
つまっている鼻と反対側の脇に
握りこぶしを入れて腕で挟めばオーケーです。

 

握りこぶし


握りこぶしを作る手が空いていいないときには
ペットボトルかテニスボールでも大丈夫です。

ペットボトルとテニスボール

 

 

まとめ

 

花粉症の鼻づまりを解消する簡単な方法

・蒸しタオルで鼻を温める

・腕立て伏せをする

・握りこぶしやペットボトルなどで脇をはさむ

 

いかがだったでしょうか?

私は鼻づまりになったときは
筋トレと一石二鳥の効果のある腕立て伏せをしてます。
鼻づまりはすぐに治りますが、胸筋はなかなか・・・・((T_T)。

このほかにも鼻うがいなどを試してみたんですが
ちょっと面倒くさくて続きませんでした。

ここにご紹介した方法はどれも簡単にできるものです。
みなさんも鼻づまりで悩むようなことがあったら試してみてはどうでしょう?

効果は長い時間続きませんが
とりあえず鼻づまりを何とかしたいときにはいいですよ。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ