「へのかっぱ」と「かっぱのへ」 意味や語源は同じなの?


私はキャンプやバーベキューが好きで

先日も友人たちとアウトドアでバーベキューしたんですけど

火起こしって、慣れない人にはなかなか難しいようですね。

 

友人に「火起こしできる?」と聞かれ、

私は慣れているんで「そんなのへのかっぱさ」と答えましたが

何故かその言葉が妙に頭に残りました。

 

「へのかっぱ」って言葉はいったい何?

「かっぱのへ」も聞くけど違いはあるの?

 

こういう感じって一度気になると

頭から離れなくなってしまってイヤなものですよね。

 

そこでこの「へのかっぱ」と「かっぱのへ」について

意味や語源についていろいろ調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

もとは「かっぱのへ」

 

「へのかっぱ」という言葉は、慣用句として

たまに聞いたり、使ったりしますね。

それに対して「かっぱのへ」という言葉はそれほど聞きません。

 

「へ」は屁のことで、いわゆる「おなら」のことだとは分かります。

「かっぱのへ」はかっぱが放ったおならということで

かっぱが実在するかどうかは別として意味は通ります。

 

でも、「へのかっぱ」は意味として何かおかしいですね。

 

それもそのはずで、「へのかっぱ」という慣用句が出来たのは

江戸時代のようで、江戸っ子の粋な言葉遊びとして

「かっぱのへ」の前後を入れ替え、「へのかっぱ」という言葉が生まれたということです。

 

 

Sponsored Link

 

 

「かっぱのへ」の意味と語源

 

「かっぱのへ」というのはズバリ、たやすい・簡単・取るに足らないという意味です。

そして、その語源は二つほどの説があります。

 

「かっぱのへ」の語源

 

①「木っ端の火」の転化説

 

木っ端(こっぱ)というのは木の切れはしで、クズのような小さな木のことです。

木っ端に火をつけても大きな炎をあげることなく

すぐに消えてしまいます。

 

そのことから「頼りないこと」「取るに足らないこと」を

「木っ端の火」と言うようになり

それが転化していつの間にか「かっぱのへ」になったというもの。

 

 

②「河童(かっぱ)のおなら」説

 

どこぞのお寺に河童のミイラがあるって話題になりましたが

どうもあれは造り物のようだったですね。

 

 

かっぱ

 

 

河童はあくまでも想像上の生き物です。

想像上の生き物のおならなんて頼りないもの。

 

河童は水の中に住んでいて

水の中でおならをしても勢いがなくて、頼りないものがもっと頼りないものになる。

そこで、取るに足らないことを「かっぱのへ」と言うようになったというもの。

 

 

二つの説を比べてみると

おならなんて人のおならでも取るに足らないもの。

どうして河童にこだわらなければいけなかったのかと考えると

「木っ端の火」説のほうが納得できます。

 

「木っ端の火」→「かっぱのへ」→「へのかっぱ」というふうに

転化していったのではないのかと思われます。

 

江戸の昔に生まれた言葉なので

「かっぱのへ」の語源についてははっきりしていないのだけど

どっちにしても、「大したことないもの」という意味で使われています。

 

もし河童が実在していたら

憤慨しているかもしれませんね。

 

 

まとめ

 

まとめるほどのこともないんですが

・「へのかっぱ」は「かっぱのへ」を言葉遊びで前後を入れ替えたもの

・「へのかっぱ」は簡単なこと・取るに足らないものという意味で使われる

・その語源は、すぐに消えてしまうはかない「木っ端の火」から来ているという説が有力

 

 

「へのかっぱ」と同じような使い方をする慣用句に

「朝飯前」という言葉があります。

こちらのほうがちょっと手間がかかる感じです。

 

 

普段、何気なく使っている言葉でも

意味や語源を調べてみると、なかなか面白いことがあるんですね。

 

ほかにも

「ちゃんちゃらおかしい」

「大目に見る」

「うつつを抜かす」 などなど、いっぱいあります。

 

気になったら調べてみたいと思います。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ